誕生日のごちそう
2007 / 11 / 30 ( Fri )
息子に何がいい?と尋ねたところ、
「ほっぺたがおちそうなごちそう♪」だって。
…う~ん…

「何でもいい」と言われるのも味気ないけど、
そこまで期待されるのもね~
スポンサーサイト
19 : 16 : 56 | 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
母との距離
2007 / 11 / 30 ( Fri )
元気になってきた母。
電話の声、メールの内容ですぐわかります。

とても嬉しいこと。
けれど、元気になったら、
あれこれと言ってきて、ちと困ります。

「私の時はこうだったのに、なんでこうしないの?」と、
「この話を参考にして」という経験者からのアドバイスならいいんですが、
断定的でおしつけがましい。
姑さんだったら多分許せない。
今に始まったことではないのですが…

母は老いること、出来なくなること、
変化を受け入れることが出来ないのか、
自分の気持ちを大事にすることが出来ずにいる。

そのくせ他人のこと身内のこと、
昔のこと今のこと、
比較しては目の前の者を認めない。

人の幸せを願っているのか、
ねたんでいるのかわからなくなるときがある。

そんな母と話していると私は時々面倒になる。
心の中で悲しくなったり怒ったりもする。

「これは娘として伝えたほうがいい」
と感じれば言うときもあるし、
「元気が一番!母も年をとっているのだから」
と聞き役に徹するときもある。

でも、そんなにいつでも冷静でいられるわけではない。
時には感情をあらわにしてしまうときもあるし、
冷たい態度をとってしまうときもある。

老いるというのは、生きている限り当たり前のこと。
色々な経験を積んで人間として心豊かに、
知恵と想像力で色々な物事を受け止め、
穏やかになっていくものなのかと思っていた。

でも、その人の心がマイナス感情で満たされていて、
穏やかでなければ、
実際そうでないのだと痛感する。

私には想像も出来ない貧しさを生き抜いてきた母。
辛い経験を恥のように隠そうとしてきた母。
それに違和感を感じてきた私。
だって母は一生懸命頑張ってきたのに。

なぜそうしてはいけないのか?
なぜそうしなければならないのか?
なぜ人より前に出てはいけないのか?
なぜ人より遅れてはいけないのか?
子どもにとってその理由がわからなければ、
人と違う自分を受け入れることが出来ず、
言いようのない不安を抱えることもある。

「人並みのシアワセ」
というあやふやな世間体ばかりを気にして、
自分の気持ちを置き去りにして生きていると、
自分にとって何がシアワセなのかわからなくなるのに…

私は母に似ていると思っている。
だから母を見ていると、
「自分もこんな風に人に感じさせていないか?」と考え込んだり、
自分の将来に不安を感じることがある。

「私は母とは違う」
と思おうとする自分が、
娘なのに冷たいと感じ辛くなることもある。

「娘だから大目に見て付き合っていこう」
そんな風に思っていたけど、
身内だからこそ感情的にならないよう、
ほどほどの距離を保って、
出来れば心穏やかに付き合っていけたらと思う。

これからも老いていくであろう母に、
私は感謝をもって接していけるだろうか?
「大丈夫。大丈夫。私の大事なお母さんだもん」
自分で自分に繰り返す。

19 : 10 : 05 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気がかり
2007 / 11 / 30 ( Fri )
先週の梅田教室。
寒かったのですが、ビルが集中コントロールゆえに、
暖房が12月からしか入らないと聞きまして。
生徒さんに寒い思いをさせてしまいました。

レッスン終了後に電気ヒーターの存在を知り、
「申し訳ないことをした」
と、一週間ずっと、心にひっかかっておりました。

そして、一番寒そうにしておられた生徒さんが、
昨日はお休みで…

「もしかして風邪をひいたのでは?
また寒いと思って来るのが嫌になっちゃった?」

そう思うと気になって、どうしようもない。
ただ都合が悪くて休みなのかもしれない。
それならそうでいいんだけどね。

でもやっぱり気になるので、
留守電に一言メッセージを入れさせてもらいました。

来週は、元気に来て下さるといいな~
18 : 34 : 26 | ヨガ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月前半、空きクラスのお知らせ
2007 / 11 / 28 ( Wed )
あっという間に今年も残すところあと一ヶ月。
だからって、また来年は来るのに、
なんでこうも焦るんでしょうね?毎年…

インフルエンザ流行の兆し。
栄養と睡眠と、出来れば適度な運動を。

秋からの食欲と睡眠欲?で3キロ増!の私と
年末の飲み食いイベントに向けて、
ぎゅ~っと体も気持ちも引き締めていきませんか?

3(月)A【1】B【1】C【1】
7(金)A【3】
10(月)B【1】
12(水)A【1】B【1】      11月30日18:30現在
    ※【】内は空き人数      
     A9:15~10:15
     B10:30~11:30
     C11:45~12:45
     D16:00~17:00

お問い合わせ、 ご予約は、
下記メール宛にお願いします。
lifefeel★★★@yahoo.co.jp
お手数ですが、
★マークに数字2を入力して、送信して下さい。



17 : 32 : 01 | ヨガ教室からのお知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
自宅が火事!
2007 / 11 / 27 ( Tue )
という、夢を見ました。
びっくりした?ごめんね。

燃える自宅を外から眺めてました。
結構、冷静に。
家の中に誰もいなかったからでしょう。
多分…なんせ夢ですから。

旦那に言ったら、
「不吉やな~」なんて言うもんで、
本屋でいくつか【夢占い】なる本を読んでみた。

火事の夢は不吉というよりむしろ幸運っぽい。
「内なる情熱が実現する暗示」とか、
そんな感じのことが書いてあったように思います。
他にも色んな夢のことが色々と書いてましたが、
たいがい悪い夢はいい意味あいのものが多いようです。

あまり意味のない夢としては、
「トイレに行きたくてトイレの夢を見る」
という、潜在意識と関係ない、
実際に起こってることに影響される夢だそうな。

気になる夢を見たときは、
夢占いの本、手にとって見てください。
でも、占いですからね。



17 : 10 : 46 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
炊き立てのごはん
2007 / 11 / 27 ( Tue )
保温してると味が落ちるし電気代もかかります。

で、ごはん専用に決めているタッパーに移し変えようと、
炊飯器のふたをあけて一つ入れる。

朝の忙しい時間のこと。
他の用事でキッチンを離れ、
数十分、忘れ去られた開けっ放しの炊飯器。
ぱりぱりごはんの出来上がり~
あ~あ…チャーハンでも作るかね~
16 : 52 : 26 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
連絡帳
2007 / 11 / 27 ( Tue )
子供達が毎日学校で書いてくる連絡帳に目を通します。

すると、息子の連絡帳に12月7日(金)まで、
すでに月日が書かれている。
なんで?と思ってはっと気づいた!

12月9日(日)は息子12歳の誕生日。
その日を楽しみにカウントダウンしてるなと。

当たりでした♪
しかしながら、連絡帳は一日一行しか書けないスペース。
たくさん書くことがあったらどうするんかな?
何事もなくその日を迎えられるよう、願う母です。
16 : 46 : 58 | 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クリスマスが近づくと…
2007 / 11 / 27 ( Tue )
家の中がちょっと賑やかになります♪
クリスマス玄関

                           ひつじちゃんは新顔
今年はふわふわしたものに惹かれますクリスマス羊
                                         バラのサマースノーちゃんは
                                        クリスマス白バラ
                                     今年三度目の花を咲かせてくれました
クリスマスが近づくとそわそわするのは子供達。
年末が近づくにつれてそわそわする大人達。
みんなあわてんぼうにならないように、
温かい飲み物でも飲んで、一息つきましょうか~
15 : 28 : 25 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
落ち葉
2007 / 11 / 27 ( Tue )
美しい紅葉の後に葉は落ちます。
当たり前ですが…

朝集めても昼にはまた落ちています。

この葉を集めるのが前は嫌いでした。
「ゴミ袋いっぱいになるんです」
と、不満気に口にした時、
アルモニカの方が、
「土に返してあげるといいよ」
と、教えてくれたのは去年の秋。

家の周りはアスファルト。
落ち葉の行き場はなく、
ほおっておくとあちこちに飛んで近所迷惑。

本来なら落ち葉は土に返り、
命の源となりやがてはまた新たな命となる。
土をアスファルトでおおったのは人間。
我が家の駐車場をコンクリートで固めたのは私の選択。
ならば人間の手で土に返すのは当たり前かと。

春の新芽、新緑。
暖かくなる日差しの中、緑の間から空を見上げました。
夏は青々とした葉で大きな影を作り、涼を与えてくれました。
セミも木や葉につかまっていっぱい羽化してました。
秋は黄色から赤、そして真紅へと、
色づくその葉色に色んな人との会話が広がりました。

それぞれの季節を感じさせてくれた木が、
静かに近づく冬に向けてもうすぐお休みをする。
その最後に空から舞う落ち葉。
感謝して広い集めて土に返していきたいです。
今年もありがとう。これからもよろしくお願いします。

でも、正直に言うと、
落ち葉でゆっくり焼いた、焼き芋食べたいな♪
14 : 20 : 12 | 花&緑&庭 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アルモニカさんのHP
2007 / 11 / 27 ( Tue )
手がけたお庭の秋の表情をUPされました。
我が家の庭も。
写真が大きく美しいので、
よかったら秋を感じに覗いてみてください。
このブログにもリンクしてますが、
以下がHPです♪
armonica
http://www.jttk.zaq.ne.jp/armonica/


庭もみじとけやきの紅葉2007,11

日に日に秋の色が濃くなり、
二階から眺める、
けやきとモミジの紅葉が、
気持ちを穏やかにしてくれます。
09 : 00 : 00 | 花&緑&庭 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
息子とRUN
2007 / 11 / 24 ( Sat )
「明日お母さんと一緒に走るから起こしてな」
と、突然言い出した息子。

「ついて来れるの~?」
と言うと
「34歳には負けられへん!」と。

義理の兄が先日38歳になり、
お祝いのFAXを送った所、
姉からの返事のメールに、
義兄が週末ハーフマラソンを走るとこのと。
「男38歳元気いっぱいです!」
ってコメントがおかしくて、
「お父さんも、もう少し運動してくれるといいんやけどね~」
と、口にしたのが影響したのか、
なぜか息子が走ると決めたのです。

ランニングは体も心も鍛えるし、
気分転換にもなるから良いことだと、
一緒に走ることに。

起こさなくても、
張り切って?起きてきた息子と、
まずは準備運動を兼ねて犬の散歩。

軽くストレッチをしてから走りはじめましたが、
息子の足音のペタペタとうるさい事!

かかとから着地する話しから始まり、
呼吸の仕方、視線の位置etc…
あまり口うるさく言いたくないけど、
あまりに走るセンスがないので、
声をかけつつ共に走る。

そうこうしているうちに、
武庫川の河川敷に。
そこで見た朝日が、
大きく真っ赤で、
今まで見た中で一番美しく、
息切れする息子に興奮気味に話す私。

「お母さんも最初の目標はここやったから、
無理せんと歩き」
と、息子を置いて走り去る。
振り返りもせずに。

これは半年間走ってきた、
私の中の約束。
「歩いてもいいから振り返らない」
そのうち折り返して、
同じ道を帰るから必ず会えるしね。

ひたすら前を向いて走りながら、
歌う人、犬の散歩をする人、
色んな人を見ながら、
皆、それぞれの事をしているけれど、
自分も含め、この地球上で生きる、
自然の一部なんだな~と思う。

同じ道を少し遅れて進む息子は、
何を感じ思うのだろうと想像した。

とぼとぼと歩く息子に再会したのはしばらくしてから。
しんどくて何も考えてなかったみたい。

でも来週も走る気らしい。
何か感じとって欲しいと思いつつ、
まずは走り始めた息子に拍手。
肩を並べて同じ道を走る、
思いがけずシアワセな時間でした。
22 : 07 : 51 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
トイレ
2007 / 11 / 21 ( Wed )
塚口教室スタート前にトイレに駆け込みまして。

和式と洋式が並んでおり、和式をセレクト。
セレクトって程のもんでもなく、
最短距離の正面にあったからね。

で、何を思ったか、
ドア側を向いてジーンズをおろそうとした私。

「逆!逆!向きが逆よ!」
と大ボケな自分に、
笑いながらツッコム私。

慌てたらいけませんね~
深呼吸。深呼吸。
13 : 56 : 31 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
宝塚といえば…
2007 / 11 / 18 ( Sun )
年内に婦人科検診を受けようと、
ネット検索しておりました。

宝塚ではお産をしておりませんので、
産婦人科にはかかったことがありません。
でも乳がん、子宮がんと、
女性特有のがんも他人事でない年齢。

これから定期的に検診を受けるのに、
やはり近くがいいな~と思い、
【婦人科検診 宝塚】
で、検索すると、
【宝塚歌劇】関連のページに行ってしまう。

これは今回に限ったことではなく、
「近くで何か」を探そうと【宝塚】を入力すると、
だいたいそうなることが多いんです。

結局、頭痛がしだして人に聞いたりして、
その後の数回の検索でヒットし、
検診の予約は無事入れましたが、
ネット検索って、なかなか欲しい情報にたどりつけず、
寄り道しては時間が過ぎてしまいます。

そうそう!
子宮ガン検診は婦人科でいいんですが、
乳がん検診は【婦人科】というよりは、
【乳腺外来】や【外科】が専門のようです。
17 : 30 : 03 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
フケが出る原因
2007 / 11 / 18 ( Sun )
我が家の男性陣に尋ねてみると、
「直射日光を浴びてるから」と息子。
「頭を使ってるから」と旦那。

「何を根拠に?」
と聞くと二人とも答えられない。

フケっていうのは、
頭皮の角質がはがれたもので、
正常に新陳代謝があれば出るものなんです。
不潔にしてるとかではなくてね。
特に乾燥する冬にかけて出やすくなります。

中には皮膚病的なものもあります。
私は脂漏性皮膚炎で、
冬になるとフケやかゆみが出やすくなります。
シャンプーは低刺激なもので、
毎日、優しく洗髪しております。

そして、刺激物やアルコール、
チョコレートやコーヒーも、
本当はよくないことを知っております。
が、これに関してはなかなか…

ところでこの記事を書こうと、
「フケ」で検索すると、
どのページを開いてみても、
至るところは「髪」の話。
薄毛や脱毛Q&Aってな感じに。

確かに髪を支えている頭皮のことだから、
そこに至るのは納得なのですが、
出来れば旦那が読めばいいのにな~
なんて、おせっかいかしら?

17 : 05 : 18 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
極の技
2007 / 11 / 18 ( Sun )
ジクソーパズルのシリーズ名です。

1000ピースなんですが、
完成サイズは300ピースの38×26cmサイズ。
つまり1ピースが通常の3分の1以下で
えらいちっこい。世界最小サイズだとか。

旦那がふいにこのシリーズの「姫路城」買ってきまして。
以前にちらりと、
ご先祖様が現存する前の姫路城を建てたとは聞いており、
前から作りたかったそうな。

通常サイズの1000ピースで作られても、
飾る場所に困るので、極の技シリーズでよかったです。

先週買ってきた時、始める前に、
「時間かかりそうやし、ちゃんと台に乗せて【可動式】にしてね」
と、コルクボードを出しておきました。

いつもリビングに未完成の姫路城があっては、
掃除しづらいし、落ち着きませんからね。

私が早々と寝た後に、
夜な夜な一人楽しく取り組んでおられたようで、
朝起きたら、周りの枠とそれらしい城の一部が出来ており、
その周りには色分けしたピースがございまして。

さて、どうしたもんかとタッパーを取り出し、
その色分けされたピースを各タッパーにいれ、
コルクボードに重ねて乗せ、
2階の書斎?という名の納戸に運びました。

で、めずらしく平日早くに帰ってきた日に、
二階にブツを取りに行った旦那。
なにやら激しい物音が…

階段でボードの角をぶつけて、
姫路城は見事バラバラ~
ちっこいピースをかがんで拾う
旦那の肩はがっくりと落ちている。

「あら~派手にやっちゃったね~」
と、大笑いしちゃう妻。
「やっと枠組が出来て、これからって時に…」
どんどん背中が丸くなる旦那。

「これが仕事でなくてよかったね~」
と言うと、
「そういう考え方もあるか」
と、旦那の背中が伸びました。

今朝も遅くまで取り組んでおられたのか、
リビングで転寝しておられまして。
「お布団で寝たら?」
と、朝5時に移動し布団に入った旦那。

よく寝てるので、起こさずにいたら、
お昼ごはんの時間になっても起きてこないので、
さすがに「殿、お昼ですよ」とお声をかけました。
仕事に支障をきたさない程度に楽しんで欲しいもんです。
16 : 13 : 08 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
来年の…
2007 / 11 / 17 ( Sat )
カレンダーと手帳を買いました。

2008手帳カレンダー

手帳は数年前から、
このリバティー社のプリント柄を選んでいます。

地味な色が好きですが、
小物は明るく楽しいものをと、
ピンクの花柄です♪

カレンダーはあまり絵柄のない、
インテリアに馴染むもので、
なおかつ4行書き込みが出来るもの、
家族それぞれの予定を書いてないと、
いや書いていても忘れるくらいですから…
17 : 02 : 20 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
英会話教室
2007 / 11 / 16 ( Fri )
駅前で外国人男性が二人、チラシを配っていました。
普段ならどんなチラシを差し出されても、
頭を下げて、もらわずに通り過ぎるんですが、
ふと「この人達はもしかして、
元駅前留学の講師だったのかな?
自分達でこの日本で、
仕事をみつけようと頑張っているのかな?」
なんて事が頭をよぎり、
一人目はスルーしたものの、
二人目の兄さんと目を合わせてしまい、
ついもらってしまいました。

そしたらね、
「Thank you♪」
って笑顔で言われちゃって、
チラシを読んでみたくなりました。
だからと言って、
英会話を習いに行く訳ではないのですが…

10代の頃、梅田でポケットティッシュを差し出され、
もらわずに通りすぎようとしたら、
いわゆる逆切れをされて
無理矢理ポケットに押し込まれるという
恐怖体験をしてからというもの、
街頭でチラシなどを配る人をみかけると、
なるべく避けて通ってきたんです。

今回のように「受け取ってくれてありがとう」
と、さらりと言われると気持ちいいもんですね♪
18 : 22 : 36 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
母は睡魔とは闘わない?
2007 / 11 / 14 ( Wed )
昨夜も娘の布団で9時就寝。
「お母さん、お布団で一緒に寝よう」
という、娘の甘い誘惑?に負けて。
息子が塾で頑張っていると言うのに…

旦那の帰宅に気づかないのはもう当たり前ですが、
息子の帰宅にも気づかないなんて~

今朝、旦那に
「昨日、どっちが先に帰ってたん?」と確認すると、
息子が先に帰って、カップラーメンをすすっていたらしい。
晩ごはんはね、お弁当持たせているんですけど、
一日何色食べるの!?ってくらい食べる時期なので、
通常の食事だけではまったく間に合わないんです。

息子にも、謝りました。
「昨日ごめんね。寝てしまいました」
すると、息子は言いました。
「あまりにも気持ち良さそうに寝てたから、
起こすのも悪いかな~と思って」

そんなに良い寝っぷりなんでしょうか?
旦那にもよく言われます。

いや、しかしながら、
息子のことが心配でないのか?母の私。
「お母さんが気持ちよく寝てるのはいつものことやから、
帰ってきたらとりあえず一声かけてみて。
でも、起きなかったらごめんね」
と、起きる気があるのかないのか?母の私。
でも、睡魔になかなか勝てなくて…
その代わり、おいしい朝ごはん、
作らせていただきますので、お許しを。
08 : 02 : 43 | ヨガ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
恋の季節
2007 / 11 / 13 ( Tue )
寒くなると人恋しくなったりするもんですが、
犬にとっても秋は恋の季節。

我が家のトライ君もどっぷりと恋愛中なのか、
騒がしくて困ります。
時々、遠吠えもしております。

なるべく体力使わせてストレス発散させようと、
毎朝、ボール遊びするんですが、
最近はボール遊びでも気がそぞろ…

人でも犬でも、
夢中になってるときは、
周りが言っても駄目なんでしょうね~
ぼちぼち、目を覚ましてほしいものです。
17 : 20 : 07 | ペット | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
インフルエンザ
2007 / 11 / 13 ( Tue )
昨日、子ども二人と私で、
予防接種を受けに行ってきました。

13歳までの子どもは2回接種のため、
そろそろ受けないと年内に間に合わないのでね。
しかし3人で9000円…イタイ出費です。

内科医の先生の話によると、
驚いたことに、
宝塚市内の小学校でインフルエンザのために、
すでに学級閉鎖が出ているそうです。

手洗いうがいに、
バランスのよい食事と睡眠。
出来れば、予防していきたいですね。
17 : 12 : 10 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11月後半、空きクラスのお知らせ
2007 / 11 / 12 ( Mon )
風が強いと思っていたら、
真っ黒な雲が空を覆って、急に雨が降りだす。
秋の空は本当に気まぐれですね。
気まぐれな気候にも付き合っていける、
柔軟な体を一緒に作っていきましょう!

16日(金)B【3】
19日(月)A【1】B【1】D【1】
26日(月)A【2】C【1】
30日(金)A【2】      11月12日22時現在
    ※【】内は空き人数      
     A9:15~10:15
     B10:30~11:30
     C11:45~12:45
     D16:00~17:00

お問い合わせ、 ご予約は、
下記メール宛にお願いします。
lifefeel★★★@yahoo.co.jp
お手数ですが、
★マークに数字2を入力して、送信して下さい。



22 : 46 : 21 | ヨガ教室からのお知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
携帯電話の待受けに…
2007 / 11 / 12 ( Mon )
20071112223218.jpg
電車に乗ってて暇つぶしに、
携帯電話の写真の編集をしまして。
待受け画面も秋らしく?

22 : 34 : 32 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
11月11日
2007 / 11 / 12 ( Mon )
昨日、11月11日は父の69歳の誕生日で、
娘とプレゼントを持って実家に行っておりました。
20071112221854.jpg
秋らしく庭の落ち葉とススキを使ってラッピング
20071112222200.jpg
でも、中身はおこわとブラウニー
後は、母と色違いで日課のウォーキング用に、
タオル地のマフラーにしてみました。

ちなみに義兄①は11月22日生まれ
義兄②は12月12日生まれ
覚えやすくて助かってます。

「おめでとう」と
FAXを送るくらいなんですがね~

22 : 30 : 20 | ヨガ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
秋の夜長?
2007 / 11 / 11 ( Sun )
どころでは、ありません。
9時就寝の日々が続いております。
「毎日ヨガして、週末走って、
早寝早起き。理想的な生活してんな~」
と旦那がボソっと言いました。

秋って、物思いにふけって、
夜に読書なんかするのよね?
秋のドラマの話題にもあいかわらず、
ついていけない私です。
06 : 15 : 08 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
にゃんにゃんホイホイその後
2007 / 11 / 09 ( Fri )
愛犬のえさを食べにくる困り者の猫さま。
にゃんにゃんホイホイ効果で確かにブロック塀は歩かなくなりました。
が、三方道路の我が家。
猫の入り口くらいいくらでもあります。
20071109185919.jpg
驚かせてはかわいそうと、
ちょっと遠めの写真でわかり辛いですが、
縁側でこんなに気持ち良さそうに、
寝ている猫さまを見てから、
なんだか邪険に扱うのもな~と、
あんまり気にしなくなりました。

昨夜、たまたま我が家の前で、
その猫さまが犬のえさを食べているのを目撃したご近所友さん。
愚犬がえさを食べ終わるのを見届けてくださったそうです。
なんとも、情けないお話。
しかしながら友も猫さまの堂々とした姿に驚いておられました。
20071109190635.jpg
真昼間に仰向けで爆睡する愛犬。
これじゃ~猫に負けても仕方ないか…
19 : 07 : 54 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
岩盤浴
2007 / 11 / 09 ( Fri )
今さらと思われるかもしれませんが、
初体験してまいりました。

宝塚駅前にあるナチュールスパ。
近くにあるからいつでも行けると思っていると、
なかなかどうして行かないもんで、
行きたいと思いつつ、のびのびになっていました。

岩盤浴はすんごい汗をかくと聞いていたので、
わざわざ、暑い夏に行くのもな~なんて思ってましたし。

今日はヨガの仕事がALL OFF!
と、週明けからわかっていたのに、
月始めでバタバタしており、
漠然と「どこかへ行きたいな~」と思っていたんです。

昨夜、「秋の京都に行ってみるか?」
「三田の新しい温泉まで足を伸ばすか?」
なんて思っていたのですが、気がつけばなんと8時に就寝!
こりゃ~疲れてるから近場にしとこうと今朝、考えなおしまして。
はたと、ナチュールスパの存在を思い出した次第です。

朝から母親に始まり、
あちこち友達に電話するも、
今日の今日に行ける人はおらず、
一人気ままに行ってみました。

こちらはスパゾーン利用は女性は1000円
裸浴の温泉(金宝泉&銀宝泉)に
水着浴のバーデゾーンがあります。

岩盤浴はプラス800円
ヒマラヤ産のローズ岩塩か
岩手県遠野産の角閃石(かくせんせき)のどちらかを選びます。

朝一の水着浴バーデゾーンは貸切状態。
屋上の広いジャグジーも独り占め。
紅葉し始めの山を見ながら、冷たい風に吹かれ、
ちょっぴりお姫様気分でした♪

岩盤浴はローズ岩塩をセレクト。
ほんのりピンクな岩塩の上に、
まずはうつ伏せ寝5分で内臓を温め、
続いて10分仰向け寝。
休憩5分を3セットで計60分。
滝のように汗が出ました。

途中、大量の水分補給をしながら、
岩塩を握ってみたり体に乗せてみたり、
ごろごろしながら楽しみました。

サウナと長湯が駄目な私ですが、
寝っころがってるし、
水分補給に休憩も出来るし、
息苦しくなることもなく、
気持ちよく汗をかけました。
浴室内でアロマと酸素があったのがよかったのかな?

最後は銀宝泉と金宝泉につかり、
すっかり脱力状態。
空腹なのに、ふらふら散歩して、
宝塚阪急にたどり着くも何を見てもおいしそうで、
何を食べたらいいかなかなか決まらず…

いつの間に出来たのか御座候で回転焼を白赤各2個
その向かいのおこわの米八でお弁当を購入。
帰宅後、DVD鑑賞しながらお弁当に回転焼2個食べちゃいました。
そして気がつけば昼寝。
せっかくスパで出したもんは、
すぐさま補給しちゃったかしら?

まあ、たまにはこんな日があってもいいかな♪
近いし、また行こう!
18 : 00 : 32 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ピーマン?
2007 / 11 / 09 ( Fri )
20071109174724.jpg

でっかいししとうなんです。
我が家のミニミニ菜園で秋なのにまだまだなります。
あんまり辛くないので、
ピーマンっぽく調理してますが、
子どもには不評です。
17 : 48 : 34 | 花&緑&庭 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
子猫ちゃんその後
2007 / 11 / 08 ( Thu )
10月1日にこのblogでも、お知らせさせてもらった
三匹のかわいい拾い猫ちゃん達。
無事、三軒のお宅にもらわれたそうです。

「世の中、捨てたもんじゃ~ないね~」
なんて拾い主のお母さんはおっしゃっていましたが、
母としての優しさと、
勇気ある行動が、
周りの人の心を動かしたと思います。

世の中を良く変えるなら、
まずは自分と自分の周りから。
それぞれがそう思い、
出来ることから始めれば、
その思いはきっと繋がるはず。

自分が生きている世の中、
これから生きていく子供達の為にも、
大切にしていきたいですね。
15 : 09 : 41 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
言葉で伝える
2007 / 11 / 08 ( Thu )
一昨日、息子の担任の先生が電話を下さいまして、
「今度は何事!?」とドギマギしながら、
色々とお話を伺いました。

「○○くんは最近忙しいですか?」
という、質問をいただき、
塾の宿題に追われている様子を伝えました。

一つ目のお話は友達とのけんか。
ささいな事から引っかき合うけんかに発展し、
周りにとめてもらったらしい。
一対一のけんかだし、
話し合いも済んだらしく、
まぁよしとしましょう。

二つ目は友達の大事なものを、
遊び半分で隠したようで、
しこたま先生にも叱られたらしい。
叱られて当然の行為で、
それは一年前に息子が逆の立場で受け
嫌な思いをしたはずの行為。
申し訳なく、情けなく、
親御さんにはお詫びの電話をしました。

三つ目は、宿題を含む忘れ物が多い話し。
まだ、そんな基本的なことが…
でも確かにここの所、
音読(国語の教科書を声に出して読む宿題)は朝に聞いていたし、
学校の準備も朝にしていました。
当然、忘れ物もするはずです。

先生の問いに対し「塾の宿題」を言い訳にした息子。
「学校が基本で塾は補助的なもの」と、諭されたらしい。
私もまったくの同感です。

先生が電話を下さったとき、
肝心の息子は塾でおりませんでした。
確かに塾の宿題は多いし、帰りも遅い。
「受験で息子を追い込んでいるのがいけないのか?」
かわいそうなことをしているのかと考え込みました。

でも忙しいさやストレスがあっても、
「駄目なもんは駄目」
やはりどんな時でも人として守るべき、
大事なことは伝えなければと思いました。

そして私自身はどうだろうと思うと、
最初の先生の質問に対して口をついて出た言葉。
「塾の宿題に追われて…」
つまり受験に私自身がとらわれ、あるいは甘えて、
大事なことを意識せずに、
子どもの変化に気づかず、
言葉で伝えることを、
忘れていたのではないかと反省しました。

どんな良いことも悪いことも、
最初はささいなことからはじまる。
無意識に通りすぎてしまわず、
それに気づき意識し伝える。
本当は感じとってほしいけれど、
親として子供達に言葉で伝える、
そんな積み重ねをしていきたいと思います。
08 : 01 : 46 | 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
運命の出会い!?
2007 / 11 / 06 ( Tue )
星野道夫さんという写文家の作品を、
同じ日に、別々の人にDVDと本を薦められました。
今までまったく知らなっかた人の作品をです。

なんだか、運命的なものを感じ、
観るのも読むのも、
ちょっと気負ってしまいました。

「何か気づかなければいけないのでは?」
と、いうような思いです。
でも、そんなことを思う必要はありませんでした。

すべてを受け入れるような、
まっすぐな写真と言葉は、
私の中にす~っと入ってきて、
「これでいい。これからも頑張ろう!」
と思わせてくれる、そんな作品でした。

多くを語ると、
どんどん感じたことがうそっぽくなりそうなので、
この辺でやめときます。
興味のある方は直接作品に触れてみてください。
16 : 34 : 25 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ