2013くすのき駅伝結果&打ち上げ♪
2013 / 09 / 30 ( Mon )
基地
基地
くすのき2013メンバー
スタート前にリラックスしすぎ(笑)
くすのき2013
1区 ゆるりん 
12:41
 3:59 4:08 4:20
 0:12(56m)←ちょい長い?
スタートから1200m北上し折り返し
南下しスタートを通過し300mさらに南下折り返し
300m北上したすきリレーというコース。
スタート1キロは折り返しがないせいか4分切れましたが、
後からガーミンでラップ見たら見事にビルドダウン(+o+)
キツかったですが調子悪いと思っていなかっただけに、
ラストぼや~っと走ってしまい、結果がイマイチで残念(>_<)
なっちゃんに負けたし~
 
Masahikoさん
2区 Masahikoさん① 
くすのきAiberさん
3区 Aibarさん①

井出さん
4区 井出さん
くすのき井出さん
子ども達を抜き去り大人げなくガッツポーズ(笑)
さすが気合いのぐわぁT☆

え~かわさん
5区 え~かわさん
こちらはTEAM75T☆
ブログ村Tシャツ大集合みたいな(笑)

膝の具合が心配でしたが、痛みなく…というか苦しさが先に立ったみたい(笑)
「膝痛って、意外とスピードに乗ると感じにくい」というのは、ぺこ師匠談。
たすきリレー待ち
6区 Mashaikoさん②
たすきリレー待ちはこんな感じ。ゼッケン番号を呼ばれたらコースに出ます
くすのきAiberさん2
7区 Aibarさん②
ラスト前の男子に競り負けたんですが~
くすのき記録証
2順目にもかかわらず10:58で激走してくれました!

男女混合の部 21位☆
チームとしては良い結果でよかったかと♪
なっちゃん
鴨走のガッツ女子、なっちゃんと
鴨走?
鴨走とのコラボ?
くすのきランチ
宅配パエリアとゆるりん手作り惣菜でカンパ~イ♪
モリモリ食べて、ランの話にまた花が咲いたのでした♪

一緒に走ってくれた皆さん、ありがとうございました♪
スポンサーサイト
21 : 33 : 33 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
健康と笑顔のためにやめたこと、続けていること♪
2013 / 09 / 29 ( Sun )
昔から低血圧。めったに上が100以上になりません。
20代の激太り&激ダイエットがたたり低体温。35度台が当たり前でした。
貧血で起立系の立ちくらみ。朝礼でバタバタ倒れる子でした。

と、生まれながらだけでなく、知識のない無理無謀なダイエットで、
自ら招いてしまった不健康体でした。

何より心が弱すぎました。
傷つきやすく、引きずりやすく、
自分で自分の首をしめて、どんどん弱っていきました。

そんな私が「健康で笑顔で過ごしたい!」と、強く思ったのは、
子どもの存在でした。

感情的に怒ったり泣いてばかりの子育てでは、
どんなに一生懸命だからと言っても、
一番、大事な所がちゃんと育たなくてアカンのんちゃうんかと。
何より自分が辛かった。楽しく子育てしたいと思ったんです。

良いことを始めるよりも、
まずは、悪い習慣を絶つ方が、
経済的にも精神的にもよいかと思いまして、
イロイロ、やめることにしました。

①何種類も飲んでいたサプリをやめました。
②病院に頼る心に効く?薬での治療をやめました。
③ダイエット食品に依存する無理なダイエットをやめました。
④みんなに良い顔をするのをやめる努力をしました。

①…低価格だからとどんどんエスカレートして、
結局、結構な金額になっていたかと思ったのと、
サプリだと自分だけしか管理出来ないので。
②…うつ病によるイロイロなお薬。
死ぬことしか考えられないような重度な時は必要だったかもしれませんが、
自分の力を信じてやめたいと思ったのと、
病院と薬に依存しても根本的によくならないと感じたので。
③…高いし、お腹くだったりするし、
主婦なので食事は作らないといけないし、
家族と違う食事が悲しかったので。
④…性格上ムツカシイんですが、
「ワガママでごめんなさいな」感じで、
上手に断る術をじょじょに身につけつつあります。
甘える時は「ありがとう」で甘えます(笑)

そして始めたことは、
①食事をなるべく手作りし、楽しく食べる。(17年)
②ヤクルトで胃腸を整える。(17年)
③朝夕の鼻うがいで風邪予防する。(15年)
④はちみつリンゴ酢で元気な体を目指す。(12年)
⑤ヨガで心と体をリラックスし柔軟性を養う(8年)
⑥ランニングで精神鍛練と趣味の時間を確保する(7年)
⑦グリーンスムージーで生の果物と野菜をたっぷりとる(6年)

①…なるべくなので外食もするし、お惣菜も買うし、インスタントや冷凍食品も活用します。
長いスパンでバランスがとれていて、量が多すぎなければよいかと。
旅先などではせっかくの美味しいものは我慢しないで、一人の時に調整します。
一番大事なのは、「美味しく楽しく♪」
②…託児所のあるヤクルトの配達をはじめたことがきっかけで、
胃腸の調子が良いと肌の調子が良いと気づき、
1日1本は必ず飲みます!レース先でもコンビニ調達。
③…息子がアレルギー性の鼻炎と小児科で言われたことがきっかけで、
薬は副作用もあるし、小さいころから飲み続けるのはあまりよくないと、
鼻詰まりしにくい良い状態を作るのに鼻うがいをお医者様にすすめられる。
最初は息子に泣かれて辛かったけど、
自分がして見せて「一緒に頑張ろう!」って言ってるうちに、
ひきやすかった喉風邪をひどくなる前に回避できる!と気づいた。
④…デパ地下で試飲したのがきっかけで、
「お酢を飲むなんて考えられない」と思っていたんですが、
はちみつ味が大好きで、美味しいと素直に思ったので。
薄めにわって水代わりに飲んでいます。
⑤…近所のお寺で心身を良くしたいと習い始めたのがきっかけで、
深く学びたいと養成講座を梅田に受けに行ったら、
すっかりその気になり講師を目指すことに。
今でも「自分が良いと体感したことを伝える」をモットーに。
⑥…ヨガを仕事にしたので新たな趣味に。
走るという苦しいことに耐えることで弱い心を鍛えたかった。
一人でいつでも気分転換できる事が欲しかった。
注意点はやり過ぎない事(笑)
⑦…仕事上、体重を落とさないといけない時があり、
朝ガッツリからグリーンスムージーとヤクルトとコーヒーの飲み物だけに。
体重が落ちるだけでなく、柔軟性がを感じ、これはいける!と。
今はパンや玉子も時によって食べます。

どれもずっと続けている訳ではなく、
めんどくさくなってお休みした時期もあります。
でも、やめてその良さに気付いてまたはじめたという感じ。

まずは無理しない、
「楽しい」「美味しい」「気持ちいい」など好きな気持ちを大事に、
すぐに結果を望まず、いつの間にかよかったことに気づく。
心からの笑顔で過ごしたいから、こんなことを続けています♪


05 : 38 : 38 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
2013年10月 宝会館レッスン日のお知らせ♪
2013 / 09 / 29 ( Sun )
残暑厳しい9月はどこへやら?
朝晩は寒いくらいの気温差ですね。

イベントの多い季節。
日中はキツイ日差しで意外と疲れています。
特にお肌が~

夏のケアーと冬の準備期間です。
体調のささいな変化にも耳を傾けて、
どんな環境でもいつも元気いっぱいの笑顔を目指して、
一緒に体と心をほぐして、ちょこっと鍛えていきましょう♪

1日 8日 15日 22日 29日
毎週火曜日(5週目もレッスンあります♪)


①9:30~
②10:45~
ご希望の日時を下記メールにてご予約下さい。
体験も随時行っています♪
lifefeel☆☆☆@yahoo.co.jp
 ※☆に数字2を入力して送信して下さい。
お待ちしてま~す♪
04 : 25 : 25 | 宝会館教室レッスン案内 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明日はくすのき駅伝♪
2013 / 09 / 28 ( Sat )
今日は娘の中学の文化祭へ。
中高一貫で高校と合同で行うので、
中学生には出来ない模擬店など、
なかなか華やかな文化祭でした♪

夫と行きましたが、
なんと夫、娘の中学に行くのはじめてでした!
まったく子育てに不熱心な父親です(笑)
娘のジャズバンド部の演奏を見て、
「よかった」と言っておりましたので、
見せたかいがあったってもんです。

さて、明日は2年ぶりに参加のくすのき駅伝♪
久々に晴れのレース(笑)

はじめて参加の2011くすのき駅伝は女子率高く、
かおりんさんと一緒に仮装しましたが、
今年は男臭い模様(笑)

あ!嫌って言ってる訳ではないですから。
もともと男子の方が多い走りの世界なので。
男子に交じって走るのは慣れっこです。

ウェアーは、
Team☆MのTシャツに、チェック柄パンツで、
女子らしく?カラフル元気で行きたいなと。

3~7名のチームで、
1区間3キロづつ、21キロ走るコース。

女子一人でも男女混合チームとなり、
その場合は1区は女子と決まっていまして。
また1区か(笑)

メンバーはMasahikoさん、Aibarさん、え~かわさん、井出さんとゆるりんの5名。
なので残り2区間はMasahikoさんとAibarさんが走ってくれるらしい。
井出さん来てくれなかったら、2順目の3キロがまわってくる所だった。助かりました~

私はね、1区走り終わったら、応援に集中しますからね。
そして、これから打ち上げ準備に入ります!
から揚げ仕込み
朝から漬け込んだから揚げ肉が冷蔵庫開けるとすんごいにんにく臭~
が、とても食欲をそそります♪
この1.5キロの肉を今から汗かきかき揚げます!
ちなみに今夜のうちの晩御飯も兼ねてます(笑)

サラダと果物
旬の野菜のサラダと果物ちゃん。
まだ青いみかんですがやっぱり顔つき(笑)
梨は鳥取の二十世紀なし。ピオーネは山梨産。

そうそう台風の影響で、
会場に少し変更がありまして。

【ご注意!】当初の会場予定地(国道43号線高架下付近)は、台風18号の被害で使用できなくなりました。代替会場は、武庫川駅より700m北(上流)の西宮側河川敷です。

ということですので、
皆様お間違えのなきように。
ま、間違えて行っても雰囲気でわかると思いますけどね。
では、明日も全力で頑張りマッスル~♪
17 : 29 : 29 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
すだち祭りでハッスルマッスル~♪
2013 / 09 / 26 ( Thu )
そうめんの箱
一昨年の神戸マラソンで応援し、
昨年の徳島マラソンでお世話になったかかしさんからそうめんの箱が届きまして。
すだち
じゃ~ん すだちちゃんです♪
神戸マラソンの前夜祭の時にもみんなにお土産に持って来て下さったんですが、
今年からジョグノ友達になりまして「すだち送ります」とメールをいただきまして。
秋ごはん
「明日、送ります」のメールに合わせて、
秋刀魚スタンバイして待ってました(笑)
種無しすだち
市場に出回らない種なしが別袋入りになってました!
すだちパック
ご近所さんに、会社の方にと出荷準備♪
大袋12個入り 小袋5個入り
学生バイトの若者にはすだちの食べ方の説明をして小袋を。
主婦や社員のすだちがわかる大人には、どんな食べ方をするか聞いて大袋を。
「もれなく1個種なし入りの当たり入ってます」と渡す時に伝えました。

届いたのが火曜日で、
すだちジュース
まずはおやつにすだちジュースに♪

その日の夜から毎晩すだちづくし♪
ビールに、味噌汁に、サラダに、お茶漬けにetc…
とにかく何でも合います♪

ビタミンCとクエン酸たっぷりで疲労も吹っ飛びます!

ウルトラトレイル後で、
やっぱりちょっと疲れやすいと感じていたんですが、
どんどん元気が出てきまして!
大量のすだちを目の前にすると、創作意欲がわいてきた!

29日のくすのき駅伝の武庫川河川敷ランチには、
鳥もも2キロ
ゆるりん特製しょうがとにんにくたっぷりから揚げ持って行きます!
お好みですだちをたっぷり絞ってね♪

サラダも作ってすだちドレッシング♪
後は秋の果物なども切っていきますよ♪

メインは宅配パエリアを注文予定♪
あ~青空ランチ楽しみ♪
あ、飲み物は誰が手配するんだ?

…と、ランチ前に3キロ走らないといけませんので~
バイザーなし
今朝は強風の中、ターサーはいてバイザーぬいで3キロのスピ練!

4:09下り向かい風
4:07住宅街風は少な目
3:56河川敷追い風
12分14秒(キロ4:04)
スピードに足と心肺がついていけるか試したかったので、
ラストはキツかったけど上手く追い風に乗れました♪

かかしさん、ありがとうございます❤
本番も頑張りマッスル~♪


21 : 45 : 45 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
交換留学生がやってきた♪
2013 / 09 / 24 ( Tue )
信越から帰宅するとテーブルにトロフィーがありまして!
同日に開催された空手の大会で息子が準優勝してました☆

中学2年の時に「空手を習いたい」言った時は、
いじめにあっているのかと思ったほどの優しい子で。
知らぬ間にどんどん強くたくましく育っております。

さて、交換留学生を受け入れる準備、
たいしたことはしていませんが、まずは掃除。
ウェルカム寄せ植え
夏場に枯らしてしまった白鉢に秋のウェルカム寄せ植え。
ウェルカム和室
先月畳みを表替えした和室でウェルカム布団。

夕方に息子の高校に息子とウィリアムくんを迎えに行きまして。
オーストラリアから来る高1のサーファーくんとは聞いていましたが、
ドレッドヘアーにちょっとビックリ!

二階でナニしてるのかな?
と、見に行ってみると二人で人生ゲームしてました。
「説明ムズカシイわ~」と息子。
それでも英語で会話してるのでたいしたもんだなと感心。
ウェルカムディナー
ウェルカムディナーはから揚げ、ミネストローネ、サラダ、カボチャの煮物。
どれも「オイシイデス」ときれいに食べてくれました。


ウェルカム散歩
夕方と朝のトライくんのお散歩をお願いしました。
ウィリアムくんトライ
家でも犬を飼っているそうで、トライくんと遊んでる時が一番楽しそうでした♪
ウェルカムお土産
お土産にマラソンTシャツなど(笑)
いただいたお土産
オーストラリアからもの土産もいただきました。
ウェルカム記念撮影
自宅前で記念撮影してアドレス交換して高校に二人を送り届けました。
パーティー
お昼には高校でFarawell Party
子ども同士はハグして別れを惜しんでました。
私は遠慮して握手を交わしてお別れ~

たった1晩だけの受け入れでしたが、
とっても良い体験をさせてもらえました♪
21 : 30 : 30 | 子育て | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
2013信越五岳♪~ゴール後表彰式~
2013 / 09 / 23 ( Mon )
先週は息子の高校の交換留学生を受け入れまして。
その事も書きたいな~と思いつつ、
とりあえず、信越五岳最後のレポを書いちゃいます!

ゴールした後まずは倒れ寝しまして。
救護行きでご迷惑をかけてはいけないと、
立ち上がり、ベンチへ。

腰かけると、眠くない。
明るいせいか?薬が切れてきたのか?
とりあえず、心配してるかもしれないので、
FBに完走したことを更新。
夫にメール。

夫は私の行動にはとても大らかで、
『元気で笑っていればそれでいい』
という奇特な人でして。
山に走りに行く時も「京都の山」とか非常にアバウトな情報のみ。
『無事下山しました』というメールだけはしています。

信越から帰宅後に、
ちらっとUTMFの話をしたら、
『出たいの?』と聞いただけ。
顔に出たいと書いてあるらしいので。
ホントにエントリーする時は、
日程と距離を伝えてもう1回尋ねる予定ですけどね。

ゴール地点から宿にはバスが出ていまして。
次のバスは3時半とのことで、
足をシートでふきふきしてサンダルに履き替える。
どろがこびりついて全然とれませんでした~
今でも爪の間にどろが残っているくらい。

豚汁とおにぎりをぺこさんが持ってきてくれるも、
お汁をちょっと飲めたくらい。
とにかく胃が痛くて気持ち悪い。

速報が張り出されており、
レイラさんの好結果やくみ姐さんとMsahikoさんが8A完走だったことなど、
ぺこさんが教えてくれました。
とにかくイスから立ち上がれず~

バス移動の時はかなり悪天候の中を爆睡。
宿に着くと昨夜?とは一転、
ステキなホテルできれ~広~い♪
お風呂も硫黄臭漂う天然温泉独り占め。

だけど残念なことに、
時刻は朝5時。
9時には朝食。
11時には表彰式会場に向かうバスが出るというスケジュール。

布団でゆっくり寝たいのに、
気持ちの良い布団が目の前にあるのに、
寝てる時間ほとんどなしっていふ…(>_<)
早くゴールしていればね~
どれだけ、もう1泊したいと願ったことか(笑)

8時半頃にブログに結果をあげてから、
朝食はまずはヨーグルトから。
お味噌汁、野菜ジュースととにかく流動食。
でも、ちょっとでもごはんと鯖が食べれたから回復傾向。

部屋にもどったら気が付いたら寝てる。
11時前にギリギリチェックアウトしてバスに乗り込む。
危うくおいて行かれる所でした~

会場に着いても続く土砂降り。
雨よけのシェルが大活躍(笑)
5Aに預けていた荷物を受け取り、
木彫りの完走証を手にとると、
信越完走木彫り盾
ちょっと感動~

プロの撮ってくれた写真があるとのことで、
見に行ったら数枚ありまして。
信越プロの写真1
野尻湖前のマッチョなお兄さんとのツーショット
信越プロの写真2
どこかのトレイルから下りてきた所。

この2枚を買いました♪
写真を買ったのは初フルの時だけだから3年ぶりかな。
デカデカとプリントアウトされてると買おうかなってなりますよね。
景色がきれいだしね♪

そうこうしているうちに表彰式が始まっちゃいまして。
後ろの方にいると、あの男子さんが声をかけてくれまして、
Masahikoさんくみ姐さんと共にレース中どうだったっておしゃべりなんかをね。

その後は乾杯してまたまた立食。
米粉のシフォンケーキがふわっふわで美味しかった❤
後は果物をちょこちょこっと。
カレーはまだ食べれませんでした~

表彰会場の妙高高原から
スタート会場の斑尾高原にも再びバス移動。

110キロのレースとあって、
長野と新潟2県にまたがって開催されているので、
移動がなかなか大変なのです。

斑尾高原に着いたら、
再びぺこカーに乗車。
とりあえず、コンビニでおでんなど♪

台風の災害で高速は通行止め区間があり大渋滞~
一旦、一般道に下りまして。
時刻は18時を過ぎており、
今のうちに夕飯にしますかってことで、
打ち上げと言えばおなじみとなりました、
ビックボーイ何店だったか?
ハンバーグとサラダで今回もしめました!

イロイロあった2013信越五岳。
レポはこれにて最終回。
長らくお付き合いありがとうございました。
こうして、今、ブログを更新出来ていてホントによかった♪
17 : 45 : 45 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
2013信越五岳♪~スタートまで~
2013 / 09 / 23 ( Mon )
信越完走後は体重が46キロまで落ちまして。
その後むくみで48キロでパンパンになり、
むくみが取れたら47キロに減り、
回復の海旅で美味しいもんいっぱい食べて48キロに落ち着いたと思ったら、
今日、走ったらまた47キロに落ちました~

さて、信越は前泊後泊が条件の大会ですので、
前日は朝6時半にぺこカーのお迎えで、
その後、Masahikoさんをピックアップし、現地に向かいます。

気になるお天気の事、
家庭のこと仕事のこと、
なんでも自分のペースでしゃべりまくった後、だいたい寝ます(笑)
仲良しさん♪
SAに入ると、パンやサンドイッチなど買い食い。
補給食に良さそうなミニういろうに、
ちょっと前に破れたのでエコバックなどお買いもの♪
旅にエコバックは結構役立ちます!

会場に近いインターはどこだったか?
そこから目的のそば屋に向かいます!
と、言っても通り道にあるんですけどね。
ここは事前にリサーチしていた訳ではなく、
お腹がすくころの車中で、
「何食べる?」
「長野だからやっぱそばかな?」
「じゃ~ぺこさんはナビで調べて!」
「Masahikoさんはスマホで調べて!」
で、ゆるりんさんが、それらの情報をもとに決定(笑)
車酔いするので、ナビとかスマホとか本を長く見れない体質なので。
でも、食べたいものはちゃんとあるわがままぶり。
まぼろしのそば
Masahikoさん情報でこの『まぼろしの蕎麦』に惹かれた3人
まぼろしが目の前に!
そのまぼろしが目の前に(笑)
ぺこさんが天ぷらそば
Masahikoさんがとろろそば
私が迷いに迷っていると、
二人ともわけてくれるっていうから、おろしそばに。
そして、ぺこさんのえび天を奪う!
ペーサーは譲る心と我慢が必要なんです(笑)

そのバチが当たったのか?
大根おろしが衝撃的な辛さで気合いは入るも食べきれず。
残りはぺこさんへ。
ペーサーは選手の食べ残しの面倒も見てくれます(笑)

その後、向かいのホームセンターによって、
飲み物などを底値買い。

会場に近づくにはどんどん山道を登っていくんですが、
一足早い長野の秋のススキがすんごいきれ~で。
きれ~を連発して車中から写真を撮りまくっていると、
「止まりましょうか?」とぺこさん。
「そうそう!車から降りて見たかってん♪」
ペーサーは選手の心の声も拾わないといけないので大変です(笑)
ススキちゃん
ススキがホンマにきれ~♪
たかっちペアと合流
14時半頃に会場に着くと、
ちょうどたかっちさん&くみ姐さん夫妻が。
今年はくみ姐さんが選手でたかっちさんがペーサーです。
頼んでおいたミニマスのトレイルシューズもいただきまして。
これは、また後日レポいたします。
山ショップ
出店していたアートスポーツさんで、
エマージェンシーブランケットとハンドライトのバンドを購入。
自作のバンドよりずっと付け心地がよかったです(笑)
事前アンケートを書いて渡したら、ショッツをいただけました。

お~これがスタートゲートか!
ぺこさんと
ぺこさんと
みんなと
みんなと。
前に選手、後ろにペーサーみたいな並びですが、
左は今回女子21位☆のレイラさんでその後ろはもちろん選手のMasahikoさんです。
レイラさんのペーサーのよしさんへバスで当日入りしてはりました。
ペーサーは前日入りでなくてもOKなんです。

とりあえず受付を済ませ、
石川さん
プロデューサーの石川さんのコースガイダンスを聴く。
はじめて見ましたが、顔ちっちゃい!カッコイイな~❤

どこがどんな足場や傾斜や景色etc…楽しみな話がいっぱい♪
実際、レース中「これが石川さんが言ってた岩場か~凄いわ!」と何度も納得したものです。

その後選手とペーサーは分かれて競技説明。
主にエイドで何を食べるかをチェック!

ウェルカムパーティーまでの待ち時間にまったり過ごしていると、
みつちさんとはるみさん
みつちさんとはるみさんが声をかけてくれました♪
今回お二人はペーサーとしての参加です。

みつちさんは六甲山、淡路とお会いしていましたが、
はるみさんははじめまして。
みつちさんとお知り合いだったことにもまたビックリでした!
名前がわからないけどよくしゃべった人
この男子さん、お名前はわからないんですが、
みつちさんといつも一緒にいらした滋賀の方。
誰とでもすぐ仲良くなれる感じの人で、
「お~!あれ?『ぽこさん』は?」なんてふざけて話しかけてきてくれました。
ちなみにみつちさんはぺこさんの事を真面目に『ぺぐさん』と…
単純なHNがなぜか複雑になっている不思議(笑)

結局、この男子さんとは、
スタート前も一緒で表彰式会場でもお会い出来まして。
15時間台で完走されてました!

7時間かけてきた長野でこんなに多くの仲間に会えるって、
すごくシアワセな事だな~と思いました。

お腹すいた人たちの行列
18時スタートのウェルカムパーティーが18時半スタートになり、
お腹ぺこりんぬな人達がまだかまだかと待ってます。

いざ、パーティー会場に入ったものの、
関係者の話が長くて、申し訳ないけど立ち寝。
前夜祭ごはん
乾杯と同時に3人それぞれに分担していた食事をとりにダッシュ!
普段はそんなに食べない方なんですが、
立食で争奪戦となると、なぜかモリモリ食べれました!

後ろで「110キロのトレイルレースに出る女子ともなるとでもすげ~食べるな」
って話してるの聞こえました(笑)
間違いなく自分の事言ってると思いましたが、構わず食べまくる!

さっさと食べて、さっさと宿へ。
さっさとお風呂に入ろうと思ったらお湯が出ない~
粘って粘ってようやく温度調整の大変ムツカシイお湯が出てきてくれて、
シャワーを浴びて準備をして9時にはベッドへ。

お風呂大好きな私としてはここでリラックスできなかったのは痛かった。
しかもベッド狭い~
数時間おきに目を覚ましてあまり寝られずでした。

翌朝は予定より30分早い2時半起床。
会場には4時前に到着。
当日、朝ごはん
朝ごはんは昨夜の食べ過ぎがたたったか?あまり食べれず。
それでもおにぎりと飲み物は無理やりお腹へ。

たかっちさんくみ姐さん、レイラさんとも合流し、
しばしおしゃべり♪

トイレに2回ほど行きスッキリして、
荷物を預けた後はジベタリアンでまったり過ごす。
スタート15分前にゲート前に移動し、
レース編♪スタート~5Aです♪
16 : 11 : 11 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
信越五岳2つの目的♪
2013 / 09 / 23 ( Mon )
信越五岳110キロから1週間。
両足捻挫に後から気づきましたが、幸い軽傷でとにかく休息。
美味しいもんいっぱい食べて回復に努めました!

信越五岳の目標は完走でしたが、
私の中では2つの目的がありました!

1つ目の目的はぺこさんにペーサーをお願いして、
ぺこさんにもう一度走って欲しいと思っていたこと。

社会人になって半年、
エントリーしていたレースは走っていましたが、
昨年、信越五岳にエントリー出来なかったくらいから、
走ることへの気持ちが見る見るダウンし、
ハセツネなんて会社休んでまでエントリー合戦に勝利したのに、
受付もせずTDRで遊んで帰ってこられましたので。

走ることは本人の自由だし、
私がどうこう言う立場ではないんですが、
私がトレイルの世界に足を踏み入れたきっかけはぺこさんで、
トレイルの楽しさを教えてくれたのもぺこさんで、
何よりぺこさんの走りの凄さに憧れて練習したので、
私の師匠がダラダラ過ごしてると弟子としては悲しい訳です。

で、ペーサーをお願いして最初はホントに大丈夫かという練習しなさぶりだったんですが、
そこはさすがに私の師匠ですから、仕上げてこられまして。
まぁ、肝心のレースでペーサーとしては走らせてあげられませんでしたが、
メンタル面でペーサーとしてすごい能力を発揮できていたかと(笑)

それより何より、
「来年、信越、走りたくなった」と!
ペーサーはスタート地点からレースの観戦をしながらバス移動するんですが、
トップ選手の走りを見て、やっぱり走ってるのカッコイイと思ったようで。
モテると思ったかどうかはわかりませんが、
とにかくやる気になってくれたのがうれしかった♪
ま、気まぐれな若者なのでどこまで本気かわからんけどね(笑)

2つ目の目的は、
信越の完走後に、
レースに出れないような故障や疲労を残さないこと。

昨年はスタート出来ずに涙した信越。
もちろん今年の信越完走は目標でしたが、
信越がすべてではなく、その先に進む過程でもある。
そして、すでに控えているレースがありまして。

2回目のくすのき駅伝3キロではせめて12分台♪
4度目の淡路国生み10キロでは仮装で入賞!
初めての神戸マラソンではサブ3.5!
はじめての東山36峰ではスピードトレイルレースで上位!
4回目の宝塚ハーフはハーフの記録更新!

と、まあ、目標がイロイロあります。
なので、信越でつぶれては困るので、
レース1週間後、10キロ5分半で気持ち良く走れるかどうか?

今朝は足の状態と体の回復具合を確認のためにラン♪
朝9時スタート。

5:24 5:28 5:28 5:22 5:18
5:14 5:14 5:04 5:19 5:33
5:38 5:32 5:32 5:28 5:19
5:06 5:01

16キロ 1:25:36(ペース5:20)

走りだし少し体の重さを感じましたが、
5分半のペースで気持ちよく走れていたので、よしよしと。
今日はランナーさんが多くて、ついつられて走ってしまう。
今日の約束事としてはどんなに調子が良いと思っても、
キロ5以上のスピードは出さないこと!20キロ以上走らないこと!
と、思っていたのとハムちゃんに張りを感じ少しペースダウン。
ラスト2キロだけちょっと走ってもいいかな~
でギリギリのペースまで上げて、気持ちよく終了♪

信越で走れなかった分、回復は早く、
目的2は楽々クリアーです♪

今シーズンのこれからのレースに向けて、
ロードにスピードにじょじょに体を慣らして良い結果を出したいです♪
ミニマスはいた♪
こちらはニューシューズのミニマスちゃん。
180グラムの軽量裸足感覚トレイルシューズ!
さすがに今日はケガしたら困るのではくだけで❤
これはいてお山を駆け巡る日も、楽しみです♪
11 : 52 : 52 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
今週は海の旅♪
2013 / 09 / 22 ( Sun )
DSC_0233.jpg
DSC_0236.jpg
DSC_0239.jpg
DSC_0273.jpg
DSC_0259.jpg
癒され中~♪
コメント返信は帰宅後に(~▽~@)♪♪♪
07 : 40 : 40 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
2013信越五岳レース編♪6A~ゴール
2013 / 09 / 20 ( Fri )
仕事終わりに接骨院へ行きまして。
テーピングもアーチ部分のみとなり、
体力もようやく回復してきました!

5A(66.6キロ)15時50分すぎスタート。
まず橋を渡るんですが、
前を走る若い女子ペア二人がお揃いのグリーンのTシャツで、
カメラマンが必死で追いかけて撮影してました。
「若いしかわいいから絵になるもんな~」と。

その後、私達の所にも来ましたが、
チラっと撮影してすぐに去りましてね。
「私ら統一感ゼロやし。二人の関係性がわからんしな(笑)
やっぱりTeam☆MのTシャツ着て来なアカンかったな~」
などと言いながらすぐに階段を登ります。

そこからトレイルに入るんですが、
「ペースがわからんから先に走って」と言われ、
私が前に出ることに。
気持ちよいトレイルを足を使わないように走っていると、
「66キロ走ってきたとは思えない足取り。足も上げないように走れてる」と。
褒められた(^_^)

林道に入ると緩やかに登っているんですが、
「ペーサーがついてテンション上がってペースをあげると8Aでつぶれる」
と、いう話が5Aで石川さんからあったらしく、
おしゃべりしながらのんびり歩く。

するとペーサーなしのシングルの選手に結構抜かれます。
シングルの人はペースを変えずもくもくと走る感じ。

男子選手が前で女子ペーサーが後ろのペアにも抜かされます。
このペアは結構いて、男子選手が行ける所まで行くという感じでしょうか。

70キロの標識を見ると、
「イエ~イ♪」とハイタッチ。

林道の下りでやはり膝の痛みを感じ、
走れないほどではないけれど、
このまま庇って走ると悪影響が出るかな?と、
75キロ辺りでロキソニンを2錠飲む。

膝の痛みはあっという間に感じなくなったものの、
なんだか体に力が入らずしんどい。
足場が悪いのでぺこさんが前を走って確認してくれて、
その後ろをついて行くんですが、
すぐ離されてしまう。

間に人が入ってもぺこさんが最初は気づかず、
しばらく一人よたよた。
気付いたぺこさんが待ってくれていて、
「後ろに来てるかと思った」と。

「今度から離れたら『待って』って言うわ」
で、再びスタート。
登りもゆっくりでしたが、
下りはさらにゆっくり。
怖いんです。
足に力が入らないのでふんばれずすごく滑る。

薄暗くなってきたせいか足場も見えない。
ハンドライトを出して足場を照らしながら走るも、
やはり見えづらく怖くて上手く下れない。

18時を過ぎかなり暗くなったので、
ヘッドランプを出しに止まっていると、
「ゆるりんさん!」とレイラさん&よしさんペアが、
息の合った走りです~っと下って行きました。

打倒レイラさん&よしさんペアでしたが、
その時は、もうその事にこだわりはなく、
とにかくライトを装着して明るくして、
普通に下りたい。

6A(81.0キロ) 18:30  
お味噌汁3杯とゆかりおにぎり2個
イスに座って美味しくいただく。
トイレも済ませ再びスタート。

ロードの登りをぼちぼち歩く。
下りを走っているとなんだかお腹がゴロゴロする感じ。
途中トイレがあり行こうかと思いつつスルー。

神社の参道もおしゃべりしながら歩く。
石畳を過ぎフラットなトレイル区間に入ると、
かなりぬかるみがひどく、何度も足を取られる。
足場を作るために設置された板が、
どろどろのせいで余計に滑ってキャっと声が出るとハっとする。

見えにくいと思ってたけど、眠たいんだと気づき、
ぺこさんに「眠い」と伝える。

のろのろペース。
7A(87.0キロ) 20:00
コンソメスープをいただきベンチに座って5分仮眠。
寒さ対策で持ってきたフーディーシェルをぺこさんがかけてくれる。

スタッフの方が声をかけてくれていましたが、
「眠いだけですから」とぺこさんが伝えてくれて救護へは行かず。

5分後、コーラを飲んでレモンをかじって目を覚まし、
トイレを済ませてスタート。

登りのトレイル区間に入るも、
みぞおちのあたりがすごく痛くて、
さすりながら前屈みになりたい感じ。
ぺこさんに「気持ち悪い」と伝える。

「8Aに着いたらみわっちさんに元気もらおう。20分仮眠しよう。」
と次のエイドで寝ることを楽しみに前に進む。

トレイルを下りきった所だったか?
スタッフさんから、
「未確認情報なんですが、8Aの関門が21時になる」と。
時刻は20:52だったか?
8Aまで1キロちょい。ロードとトレイルが半々くらいか?

今まで優しかったぺこさんが豹変し、
「先に行くから」と、猛ダッシュ!
周りにいたランナーさんもぺこさんの後をついて行く。
私はその3番手くらいで必死にくらいつく。
91キロ走ってきたとは思えない猛ダッシュ!

8A(92、3キロ) 21:01
「間に合わなかったの?」
不安でいっぱいになっている時に石川さんからお話があると。
「台風の接近により、8Aの関門を24時から21時15分に繰り上げます」と。
すぐに「インですか?アウトですか?」と質問が飛ぶ。
「アウトです。21:15分までに出てもらえば大丈夫です。」

先ほどの猛ダッシュとドキドキですっかり目が覚め、
説明を聞きながら水分補給。
「21時15分を過ぎて8A到着の人は先に進めず、
8Aをゴールとし特別完走とする。関門は変わらず24時」
という説明を聞き、
ゴールの関門が24時になったのかと思い焦る。

トイレに行っている間に、
「21時15分までに8Aを通過すれば、ゴールの関門は変わらず3時半」
と、ぺこさんが確認してくれていました。
「時間はあるからゆっくり行こう」で21時8分スタート。

序盤に快走して貯金が多かったこと。
7Aで5分仮眠で進んだこと。
情報を得て猛ダッシュで関門に間に合ったこと。
「イロンナ事が重なってラッキーだった」と一安心。

それと同時に後ろを走っているであろう、
Masahikoさんやくみ姐さんのことが気になる。
急遽、大幅な関門時間変更に、
対応しきれず悔しい思いをしている人がきっと多いはず。
これは関門通過者として、
何が何でもゴールしないとと心に誓う。

でも、猛ダッシュに休憩なしで安心して…
今まで以上の睡魔が一気に襲ってきまして。

なんとかぺこさんについて行こうとするものの、
足場は悪く、何度もよろめく。
眠さからくる吐き気かと思い、
階段を利用して仮眠2回目。

地面が濡れているので、
ぺこさんが自分のウィンドブレーカーを出しておしりの下にひいてくれる。
フーディシェルをかけて木にもたれかかる。
ハッと目を覚ましては「何分経った?」の繰り返し。

「行くわ」で再びスタート。
それでもすぐ瞼が落ちてくる。
ぺこさんが「何かしてほしいことある?」
と、聞いてくれたので、
「おもしろい話して」と。
無理難題にぺこさん困惑(笑)

「普通の話でいいから、とにかくしゃべって」
とお願いすると、
仕事の話、生い立ちの話、イロイロしてくれました。

しゃべってくれとお願いしたものの、
もう返事もままならない状態。
しゃべり続けるぺこさんは、
「うざい?」と何度も確認してくるので、
「うざいなんて一度も思ったことない。ありがたいと思ってるよ」
と、伝える言葉も力なく。

ふらつくのでとても危なく、
ぺこさんが後ろを歩いて私の足取りを確認する。

『ガケ注意!!』と看板があると、
「今だけ、集中して!!!」と。
必死で目を見開こうとして歩く。

瑪のお山の登りはゆっくりですが、
後ろのまばらなライトを時々確認しながら登ります。
私達でも関門ギリギリな上に、
そこからもかなり抜かれて行ったので、
後ろに10人いるのかな?という数です。

「このゲレンデで寝てしまいたい」という思いに何度もかられながら、
遠い遠い山頂に光る灯りを目指して歩きます。
「前に足出てるよ。いいよいいよ。」
ぺこさんが励まし続けてくれます。

なんとか山頂にたどり着くも、
下りがまた急で、
ぺこさんが溝やくぼみなど、
気を付けないと危ない所を一つ一つ声をかけてくれます。
よたよたになりながらも必死でついて行きます。

何度も滑ってキャっと声が出るので、
もう声はかすれています。

下りきった所にブルーシートと毛布が。
「寝てもいいですか?」
はじめて横になって温かくして眠ることが出来ました。

でもハッと目を覚ましては「何分経った?」の繰り返し。
結局どれだけ寝たのか?
ぺこさんが私を安心して寝かせてくれようとして、
実際より短い時間を伝えてくれていたみたいです。

お礼を言って再びスタート。
もうすぐ100キロのはずなのに、
その100キロが遠い。
ようやく到着した100キロ。
いつもならライトを当てて写真を撮るだろうに、
そんなことは頭をよぎることすらなく。

残り10キロ。
急な登りや下りはキツイ分、
注意するためにまだ起きていられるんですが、
林道区間に入ると、
緩やかな登り下りなので刺激がなく尋常でない睡魔が襲ってきて、
1キロほど走れたものの、ふらふらと左右に蛇行。

歌を歌ったり、伸びをしたり。
眠い。寝たい。でもゴールしたい。
的確な判断が出来なくなった私に、
「寝よう」と私の状態を見ては寝る準備をしてくれるぺこさん。
もう後ろには1組しかいないとわかっており、
林道の真ん中に座って寝る。

もたれかかる所がないので、
ぺこさんにもたれかかる。
肩をとんとんされながら寝る。
ハッと目覚める。
もう一人で立ち上がる力もなく、
手をひいてもらって立ち上がる。

それを残り10キロの林道で繰り返すこと4回。
途中、給水所がありイスに座って、
コンソメスープ片手に目を閉じる。
スタッフの方の応援にも、力なく応える。

ラスト3キロ。
「もう時間がないから、とにかく走ろう!」
ちょっと走るもよろめく。
7回目の仮眠。

自分でもラストの林道になれば気持ちで走れると思っていたんですが、
足は残っていても、とにかく睡魔に勝てない。
全ての思考能力や感情を奪うような睡魔。
真っ暗な林道でくるまるように寝る。

「さあ、行こう!」
「木彫りの完走証もらおう!」
「ゴールしたらいっぱい寝よう!」
ぺこさんがずっと声をかけてくれます。

ラスト2キロ。
獣が出たらしく、
スタッフさんが赤い誘導ライトを持って一緒に走ってくれる。
ぺこさんとスタッフの人の会話をなんとなく聞いて走る。

ラスト1キロ。
1キロなのに長い。
かつてこんなに長い1キロがあっただろうか?
あの夢にまで見たゴールゲートが見えない。
「走れてる!大丈夫!ゴール出来る!」
ぺこさんの声に導かれるように、
前に目を向ける。

誘導の赤いライトが、左右にゆれる。
人の声がする。
もうその角を曲がればゴールのよう。

ぺこさんが前髪を整えてくれる。
「化粧直ししなくていい?」と。
「そんなん持ってへんわ~」と(笑)

ゴールゲートがついに眼下に見えた!
「おかえりなさ~い」と、歓声が聞こえる。
ぺこさんと手をつないで笑顔でゴールしたい。

手をとって、バンザイしてゴール。
…した途端、体の力が一気に抜ける。
「やっと寝れる」
21時間12分22秒の長い長いレースがやっとこさ終わりました。

レース前は感動して泣いちゃうかと思ってましたが、
ゴールした時は「寝たい」という感情のみでした(笑)

救護が必要かどうか周りがざわつく。
「眠いだけですから」と冷静に伝えるぺこさん。
私も意識はあるので「大丈夫です」と手を上げる。

手をひいてもらって立ち上がり、
ようやくイスに腰掛ける。
信越ゴールどろんこ
斑尾イエローがブラックに(笑)
ゴールしたら不思議と目が覚める。
なんでやねん。

ゴールに導いてくれたのはペーサーのぺこさん。
スタートに立たせてくれたのはMasahikoさん。
まずは一緒に走ったこの二人の仲間に感謝。

110キロの道のりで、
イロンナ人の応援や励ましアドバイスをいただきました。
丹後や白馬にも思いを寄せました。

レース中だけでなく、
トレーニングやブログなど出会ったすべての人に感謝です。

この1年イロイロあって、
泣いたこともたくさんあったけど、
全てに意味があったと思えます。

今回、完走出来たけれど、
イロイロやらかした事に悔いはあります。
でも、だからこそ、それを学びにして、まだ成長できると思っています。
これからも楽しむことを大切にもっと上を目指します!

信越完走1
応援、ありがとうございました。
そして、これからもよろしくお願いしマッスル~♪
21 : 12 : 22 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(28) | page top↑
2013信越五岳レース編♪スタート~5A
2013 / 09 / 19 ( Thu )
リザルトが出ました。
第一関門4A(51.5キロ)7:26:08
第二関門5A(66.6キロ)10:22:22
第三関門8A(92.3キロ)15:37:28
ゴール   (110キロ) 21:12:22
110キロ女子完走33位(出走126名)

台風接近のため急遽、
第三関門24時から21時15分に大幅に繰り上がり、
8Aがゴールになった人多数でした。

スタート5:30
信越スタート
もう、スタートに立てているだけでシアワセいっぱい♪

カウントダウンをしてGO!
前で早速転倒している人がおり、マットがめくれあがっていたので、
足をひっかけないように慎重にスタート。

ゆるやかな登りを呼吸が乱れないペースで。
信越斑尾スキー場
ゲレンデはさすがに歩きましたが、
他は前の男子とそこそこ距離を取りながら登り下りを走り、
林道の下りは抑えていても抜いてしまうスピード。

10キロの標識が見えたので時計を見ると6時半前?
あれ?キロ5分半ペースで走ってる~
まあ、呼吸が乱れてなければいっか。

ん?テントだ!こんな所に給水所なんかあったっけ?
とりあえずムサシに手を伸ばす。
小さい紙コップに4分の3くらいの量。
ここ1A(18.5キロ)なの?
でも、みんな足を止めずに走ってるから違う?
とりあえず、ついて行くと、急登りなトレイル。
足攣りの予感がして歩く。

「女子のトップランナーでもこういう所は歩くんですね~」
と、話しかけられる。
「いえ、私はトップランナーではないです。もっと前にいますから(笑)」
でも、確かにこの時点ではトップ10くらいにはいたのかも…

登りがさらに急になり、
「やっぱり、さっきのが1Aやったな、やってもた~」
ハイスピードと休憩なしがたたり、やはり苦しい。
まあ、仕方ないからとりあえずゆっくり登ろう。
信越斑尾上り
きのこがいっぱいだからパワーも上がるはず!(笑)

信越斑尾下り
下りに入った!めっちゃ滑るから慎重に。小股でちょこちょこ~
信越斑尾高原下り
ゲレンデはススキがすごくきれ~

信越2A
2A(23.9キロ) 8:20
ペーサーバスの観戦タイムに間に合い、感動の再会。
1Aをスルーしちゃったことなど興奮気味にしゃべってます(笑)
信越2Aレモン
1Aで食べなかった分、コーラにレモンにと食べまくる!

たかっちさんには巨峰作戦を伝授していただき、
早速、実践!これ、すごく助かりました~♪
10分休憩を決め込んでいると、
たかっちさんに早く行くように言われる(笑)

トイレを済ませペーサーバスを横目にトレイルに入る。
と、根っこにつまずいたのか?
おもいっきり飛んでヘッドスライディング~
顔は女優の命だから守りましたが、
ふかふかのトレイルで奇跡的に無傷。
スピード出てる時は気を付けないと。

急な刺激でまた足攣りの予感。
アミノバイタル補給。
ほぼ1時間に1包のペースで5Aの66キロまで、
9包は飲んだかと。
これのおかげで足攣りの危機を回避出来ました!

なるべく抑えるようにイロンナ人に話かけながら登ります。
静岡、神奈川、新潟、イロンナ所から参戦されてましたね。
信越野尻湖
野尻湖もきれいに見えました♪
信越30キロ
仲良くなったマッチョなお兄さんに写真を撮ってもらったり♪
雨が時々強くなったので、
上着は2~3回脱ぎきしました。

信越3A
3A(38.5キロ) 10:30 ここでもカメラを構えてよしさんが迎えてくれる
信越3Aでどろんこ
すでにどろんこ。
信越3Aエイド
ここで温泉まんじゅうの予定でしたが、一口のみしか食べられず。
信越3Aトマト
でもトマトはおいしくいただけました♪

雨が振ったりやんだりの関川沿いは、
先の先までランナーがずっと見渡せてゲンナリでつい歩きたくなる。
そこで、良いペースの紫ゲイターのお兄さんにピッタリくっついて走る。
信越私設エイド
私設エイドでもパインにきゅうりにりんごにともぐもぐ食べる!
よしさんに「食ってばっかり」と突っ込まれる(笑)

トレイル区間はかなり足場が悪く、
どろどろの重いシューズで走ることになるんですが、
前のお兄さんが沢にドボンと入って、
シューズ洗うついでに足もばしゃばしゃ冷やしてる。
「それ、いいですね~」と早速真似っこ。
良いと思ったことはレース中でもすぐに取り入れます。

信越4A
4A(51.5キロ) 12:00<第一関門15:30>
まずはかぶり水をシューズとふくらはぎにバシャっとかける。
かぶるほど暑くはないんですが、足はかなり熱を持ってきてるし、
シューズがきちゃないのでね。

ここの笹寿司がおいしかった~♪
信越4A準備
荷物など準備しているとレイラさんが!
ここ4Aは2Aに続いてアシスタントポイントと言いまして、
家族や友人のサポートが受けられるんですよね。
優しい旦那様とペーサーのよしさんに囲まれ、
ちょっとうらやましい…

トイレも済ませ準備完了し、
「レイラさんお先に行ってきますね~」
と、声をかけたら、
「反対!反対!」
コースではなく駐車場に走ろうとしてたようで。
よしさん含め、思いっきりツッコンデいただきました。
いや~声かけてよかった(笑)

信越そば畑
そば畑に囲まれた道は癒し~
信越ひたすら上る林道
ひたすら登り続ける林道。
1時間近く走って歩いてを繰り返しました。
あまりに長くてイロンナ所がやられる感じがあるので、
足の付け根のリンパや骨盤周りを指圧しながら歩いたり、
肋骨を引き上げるように両手をあげて伸びをしたり、
歩く時は何かしらのケアーをしていました。

「なんで走れるの?」と男子に問われましたが、
「ははは~」と笑ってかわしました。
理由があるとすれば「走ろうとする気持ちがあるから」ですかね。

長い林道の登りはゆるやかな登り。
テクニカルな事は必要なく、
その長い長い道のりをしっかり見極めて、
ちょっと緩やかだなと思ったら走る。
ちょっと急だなと思ったら無理して走らず攻めの歩き。
その繰り返しを続ける粘りがあるかどうかです。

長い林道の下りは、
脱力してでも腹筋はしっかり意識して、
足に負担をかけないようにストライドを広げすぎず、
その下りに身を任せるように走ります。
信越コスモス畑
待ってました黒姫高原のコスモス畑❤
たぶん、一番きれ~を連発していたと思います。
皆さん、早々と去っていかれましたが、
この景色、楽しまないともったいない。

信越揺れる橋
コース説明で聞いていた噂の揺れる橋。
ホンマにめっちゃ揺れてキャーキャー言ってしまった(笑)
下の川は増水してゴーって言ってたしね。

この後の発電所のつづら折りの登りが、
見上げてしまうとまたまたゲンナリの激坂で。
腰をやられそうなので、
時々骨盤を前後させながら、
ゆるやかな坂になった時は姿勢をまっすぐにして、
前後の人と、「これはキツイですね~」なんて話しながら、
ふ~ふ~言いながら登る。

登り切ったら気持ちよいトレイルですが、
足がパンパンになってるので走れず。
じょじょにスピードを上げていきました。

信越牧場
牧場を抜ける道はランニングコースになっていて、
ウッドチップがしかれてありました。

緑の山々に囲まれた牧場で放牧されてのんびり草をはむ牛さんと、
必死に前に進むランナーさんとがなんとも対照的だな~と。
ま、のんびり行きますかってなりました。
信越牧場上り
微妙に登ってたりするしね。

信越5A
5A(66.6キロ) 15:30<第二関門18:00>
「3時のおやつに間に合った~♪」と再びペーサーぺこさんと感動の再会。
トマトスープがすごくおいしかった♪

たかっちさんに、
「18時間切り余裕で行けるで」と。
疲労による膝痛や多少の胃の不快感はありましたが、
おいしいと思える食べ物はあるし、
脚も体力もしっかり温存してきたので、
まだまだ行けると気力も体力もじゅうぶんありました。

ここはアシスタントポイントであり、
荷物を預けられるドロップバックでもあります。
靴下だけ履き替えて、
アミノバイタルやハニースティンガーなどを追加補給。

雨と寒さ対策のシェルやこれから暗くなるのでヘッドランプなどをぺこさんに持ってもらう。
その他の水などは自分のバックパックへ。

信越5Aレイラさんよしさん
ほどなくしてレイラさんも到着。

前日と2Aでも応援いただいた、
ペーサーとして参加のみつちさんとはるみさんともお話出来ました♪

トイレを済ませ20分ほどの休憩で、
いざ、ゴールに向けてペーサーとスタート!

6A~ゴールに続く…
04 : 04 : 04 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
薬の用法用量はお守りください!
2013 / 09 / 18 ( Wed )
レースレポ前に先にお伝えしたいことがありまして。

信越五岳完走から2日経ちまして、
筋肉痛は治まりましたが、
両足捻挫
両足捻挫が発覚(+o+)
腓骨筋が伸びた軽度の捻挫なので歩けます。
痛みも左足首に少しある程度です。
癖になったら困るのでもちろん走ったりはしませんけどね。

なんで、こんなことになったかと言うと、
50キロ過ぎから右膝の痛みが出始め、
60キロ過ぎる頃には左膝の痛みも出ました。
太ももの筋肉疲労からくる膝痛だとはわかっていたので、
だましだまし走っていましたが、
急下りで足場が悪いとかなりふんばらないといけないので、
75キロあたりでロキソニンを服用。

以前、内科で処方してもらった薬が2錠残っていまして。
普段、痛みどめなどは使用しないのですが、
乗り物酔いがダメなので、酔い止めは時々飲むんです。

それと間違えて、ロキソニンを2錠飲んでしまいまして!
1回1錠のお薬です。
もちろん膝の痛みはあっという間に感じなくなりました。

なんだか足というか体に力が入らない、
「視界が狭い?見えにくいのは暗いから?」
ちょうど暗くなる時間と重なり、
ライトを装着すれば解決するかと思いきや、
今度はその揺れるライトが催眠術の様に…
気が付けばまぶたが落ちてくる。

力が入らないのは眠かったからかと、
「眠い」と伝えまして。
しかもみぞおちあたりがすごく痛い。
「気持ち悪い」と伝えまして。

普段ね、夜にホントに弱くて、
眠い時に動くと吐き気が出るので、
それかと思いまして。

レース中なのに緊張感もなく、
「眠いなんて子どもみたい」
と、内心情けない思いでしたが、
でも、どうしても、どうしても、
ふっと気を抜くとまぶたが落ちてくるんです。

前に進もうという気持ちだけはあるので、
歩きながら寝る。
まっすぐ歩けない。ふらふらです。

結局、エイドで1回、山中の階段や林道などで6回、
5分~15分の仮眠を取りながら、
やっとの思いでゴールにたどり着きました。

その間、両足を捻じっていたようですが、
まったく記憶になく。
後から痛みや腫れが出て気づきました。

体質や疲労もあると思いますが、
空腹時に2回分のロキソニンを飲んだのは、
とても危険な行為だったようで、
ペーサーがいなければ、
ホントにガケから転落してもおかしくないような状態でした。

市販のロキソニンで眠くならないタイプで、
普段から使用しているなら、
レース中に使用しても大丈夫かと思いますが、
慣れていない人が極度の疲労状態で、
痛みをロキソニンで麻痺させて、
運動を続けるのはかなり危ないかも…

特に山のレースは人目が少ないし、
救助もムツカシイので。

胃薬と一緒にたっぷりの水で、
1回分飲めば大丈夫かな?

とにかく、
当たり前の事なんですが、
お薬の用量用法は守って、
副作用などもしっかりと理解しておいてほしいです。

間違いとはいえ、今回のことは深く反省しています。
レース中は焦って判断を誤ることがありますので、
私と同じ失敗をしないように、
くれぐれも使用には注意してもらいたいなと思います。

16 : 00 : 00 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
2013信越五岳ラップと動画♪
2013 / 09 / 17 ( Tue )
昨日は災害による通行止めで大渋滞にあいまして、
車中でUTMFのDVDを鑑賞することになりました(笑)

今朝は朝一レッスン後、接骨院へ。
左足が痛い。はれてる。…捻挫でした~

朦朧としながら走っていていつの間にかケガしてたようです(>_<)
胃痛と虚脱感は収まりましたが、
今は頭痛と発熱とむくみで足がまたまたゾウさんです。

そのような状態なので、
笑いあり涙ありなレースの詳細はおいおい書いていきます。

以下はだいたいの到着時刻とラップ。
ガーミンは充電切れするのがわかっていたので、
GPSは使わず時計としてのみ使用しました。

スタート 5:30
1A   7:20?(18.5キロ)1時間50分←トップ集団のケツにつく
2A   8:20(5.4キロ)1時間←ペーサーの観戦バスに間に合い感動の再会
3A  10:30(15キロ)2時間半←人生はじめてのヘッドスライディング
4A  13:00(13キロ)1時間半←関川沿いをステキなお兄さんとおしゃべりラン
5A  15:30(15キロ)2時間半←コスモス畑と牧場の景色満喫
6A  18:30(15キロ)3時間←ぺこさんとおしゃべりラン
7A  20:00(6キロ)1時間半←強烈な睡魔に襲われエイドで5分仮眠
8A  21:01(5キロ)1時間1分←関門が21時繰り上がるかもと聞き猛ダッシュ
ゴール 2:42(19キロ)5時間41分!?←壮絶な闘い

1Aはエイドと思わず給水所?と勘違いし、
ムサシのみいただいて時間ロスはありませんが、
2A以降はトイレも含めだいたい10分は休憩し、その時間も込みです。

昨年は飛騨高山100キロのゴールシーンを、
ランナーズでお楽しみいただけましたが、
今回は、動画でお楽しみいただけるようです(笑)
2013信越五岳動画
私はこれ見て、今頃完走の実感がわいて涙が出ちゃいました。
19 : 01 : 01 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(18) | page top↑
2013信越五岳結果♪
2013 / 09 / 16 ( Mon )
21時間12分22秒で、ケガなく完走しました!

訳あって、110キロ女子最終完走者になった、
ゴール直後倒れる壮絶なレースでした。

応援ありがとうございました。
08 : 27 : 27 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(20) | page top↑
信越準備♪~装備編~
2013 / 09 / 13 ( Fri )
月曜日にようやく信越五岳の最終案内が届きまして。
遅くとも1週間前には届くと思っていたので、
何か不備があったのか日曜日の夜は不安になりました。

15日の斑尾高原の天気予報が晴れ時々雨
16日の妙高高原も同じ。
…のは、想定内(笑)
100キロウルトラは2レースとも雨降ったからね。
もう慣れているさ。

と、言っても標高1000m以上の山々を走るのははじめて。
先週の936m六甲最高峰でさえ止まると寒くなったんだから、
走れなくなった時の寒さ&雨対策もしなくちゃね。

信越に向けてイロイロなグッズや環境下で対策ランしてきました。
詳細はよければゆるりんのジョグノで。
以下、装備です。

☆ウェアリング
一人六甲1
サンバイザー…サロモン<ブルー>
トップス…ファイントラック ブラトップタイプ
     プーマ ジッブアップ半袖Tシャツ<レッド>
     C3fit メッシュアームカバー<ホワイト>
     ワイプグローブ<ブルー>
ボトムス…c3fit ロングタイツ<パープル>
     エーグル ハーフパンツ<グレー>

靴下…①インジンジ トレイルミッドウェイと5本指ミニクルー中厚Sサイズ<パープル>

着る前に肩や脇下etc…ボルダースポーツをぬって長時間の摩擦によるすり傷を防ぎます。
汗冷えの着替えにTシャツ半袖と長袖を持つ予定。
5Aのドロップバック(荷物預け)に予備シューズにハヤサと着替えを預ける予定。

シューレースロック&インジンジトレイルソックス
シューズ…モントレイル バハダ<斑尾イエロー>
②シューレースロック代わりの紐ロック
専門の器具ではないですがシンプルで1個84円なのにすごく良い。
簡単にゆるめたりしめたりが出来るので履く脱ぐがすごく楽で良い。
紐がもこもこしておらず、走っても足の甲に当たらず、ホントに良い。
結び方はたかっちさんの真似っこ
これも良いよ♪さすがシューズマニア様❤

シューレースロックが良いとbgさんに聞いており、
探していたら、これに出会いました。

①と②はひよパパさんに教えてもらった、
中津浜線沿いにあるアシーズブリッジで購入。
アウトドア店ですがトレラングッズがかなり充実しているので、お近くの方にはオススメ。
ビブラムはいたお姉さんが接客してくれます。

バックパック…アルティメイトディレクション12リットル

ゴアテックスラン♪
レインウェア…ノースフェース アクティブシェルフーディー
レディースMサイズ(ゴアテックス) <オーシャンブルー>

アクティブシェル…ノースフェイス<ファイアーレッド>

夜対策ライトラン
ヘッドランプ…ジェントス HW888(200ルーメン)単3電池3本
ハンドライト…ジェントス セン325(150ルーメン)単4電池3本

ヘッドランプはキャップをツバを後ろにしてかぶって装着します。
そうするとツバの影が出来ず、より足元まで見えやすいです。

ハンドライトを手に持っているのが気になるので、
100均マジックテープでバンドを自作。
手の甲や手首に装着するとどうも腕がふりにくく、
ガンキャノンのベルト部分に装着。
でも走っていると擦れるのでシャツが毛羽立ちます。

ペーサーがいればヘッドランプだけでじゅうぶんそうなので、
ハンドライトは補助的にいつでも出せる所に入れて走るかも。

☆補給食
002.jpg
クリフバー ホワイトチョコマカダミアンナッツ1個
      クランチピーナッツバター1個
パワーバー バナナパンチ1個
パワージェル 梅味4個
ハニースティンガー1個
パワーバージェルブラスト2袋
メダリスト エナジージェル2袋
ウィダーなどゼリー飲料3袋
ナッツ3種&ドライプルーン
アミノバイタル15袋
芍薬甘草湯3袋
塩タブレット1袋
ロキソニン4錠
ビオフェルミン18錠

エイドは全8か所あり、充実しているようなので主に行動食です。
かなり多めに持って行きますが、
全てではなく向こうに行ってから、
5Aのドロップバックに預けるものと分けて選んで持ちます。

☆その他
デジカメ、スマホ、コンパス、クマ鈴、予備電池、カイロ、虫よけ、ポイズンリムーバー

こんなもんかな~
現地で前日にコースガイダンスや競技説明があるので、
それらを聞いて天候を見て装備を再度練り直したいと思っています♪

07 : 24 : 24 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(16) | page top↑
走ることを楽しむといふこと♪
2013 / 09 / 11 ( Wed )
なんか「いふこと」シリーズ化しそう(笑)

前記事の『母さんへ』には、
みなさんのイロンナ思いをメールや鍵コメで個別にいただき、
辛くても書いてよかったなと思いました。ありがとうございます。

え~かわさんの記事にコメントしようと思いましたが、
どうも、長くなっちゃいそうなので記事にしました。

通常「しんどい」と思われる「走ること」を「楽しむ」ということは、
走っていない人には到底理解できない境地ではないかと(笑)

走っている人の集まりであるブログ村マラソンカテの人にさえ、
「楽しい」を連発するあまり、
すっかりHentai呼ばわりですしね(笑)

私が走りだしたきっかけは「自分だけの時間作り」つまりは「趣味」です。
プラス「精神鍛錬!」などど言っている時点でとてもストイックな人間に思われますかね。

とにかく若いころからメンタルの弱さでひどく落ち込むことが多かったです。
人がどうとか環境がどうとか、
自分以外の事のせいにして逃げてしまえば良いものを、
最終「すべてが自分のせいだ」と思うところがありまして。

しかもとても我慢強い。
我慢している自覚がないほどに。
そして、ほとほと疲れている自分に気づかない。
そりゃ~しんどくなるわなって話です(笑)

でも「自分のせいだ」と思うからこそ、
「自分を変えたい」「強くなりたい」と、
あれこれと試行錯誤してきました。

でも、自分ってそう簡単に変えられないし、
強くなるってどういうこと???

人に何か言われては傷つきオロオロ…
人を羨む自分が恨めしくてクヨクヨ…

結局、人と比べてオロオロしたりクヨクヨする自分が嫌なんだなと。
だったら、人のいう事は気にしない。人と比べないと決める!

何が起ころうと、とりあえず事実はまず受け入れる。
対処法を考え実行する。
対処しきれない時は保留にする。
それでもモヤモヤ考えちゃう時は走る!

そしたら、とりあえず問題解決してなくても、
走る前と受け止め方が変わって、気持ちが楽になるんです。
それが走ることの好きな所です。

『好きこそものの上手なれ』とはよく言ったもので、
好きで走ってたら、距離も走れるようになったし、
早さも速くなってきた!

最初はね、何の情報もなく、好き勝手に毎日走ってました。
レースも年末の1回のみ。

で、記録をつけるために、
ランネットをはじめた。
そこから広がる交流。

以前から書いていたブログで、
ランの事を書きだしたら、
そこから広がる交流。

「ブログ村?なんですかそれは?」みたいな(笑)
そして、ランキングが上がっていく事にビックリ!
以前は毎日更新どころか、
「1日何回更新するんじゃ!」というくらい、
更新頻度が多かったのでね。内容はさておき。

「ランキングに執着しすぎてしんどくなるのもどうかな?」
と思い、また好き勝手にマイペース更新。
内容はさておき(笑)

でも、伝えたいことは、
「走るって楽しいよ。やってみ」って感じかな。

合う合わないがあるし、走りたくても走れない人もいるだろうけど、
もし、走れるんだったら、
「やってみると変わるよ」と言いたい。

まず気持ちが上がる。
私、血圧が低いので、朝特に落ち込みやすい体質。
を、すっかり克服できたと思ってます!

走れば確実に血圧が上がる!体温が上がる!
体温も低かったので、これまた克服!

そして体力がつく。持久力がすごい!
何をするにしたって、
しんどいと続かない。
しんどいと思った時に粘れない。
これも、かなり克服!

でもね、走りすぎは良くない。
人それぞれなので、距離や時間では測れませんが、
自分の体からのSOSはしっかり耳を傾けています。
それを無視して頑張りすぎちゃうと、
ケガや病気になります。

何度もその失敗を繰り返したので、
ケアもちゃんとするし、
ちゃんとお休みもします。
だって、続けたいから。

走れるということは、
健康でないとムツカシイし、
家族も健康でないとムツカシイです。

時間がない中で、
時間をみつけて走ってます。
時々、ちょっと無理してます。
でも、ちょっと無理してでも走りたいんです。
無理は続けませんけどね。
走れなくなっちゃうから。

走る予定にしていても、
なんか気分が乗らない時もあります。
それで走って気分が変わることもあれば、
ホントに体調が悪いということに気づくこともあります。

だから、今日は走る予定にしてたけど、
なんか頭重い気がしたので、
大事な大事なレース前だからランオフ♪
こうしてブログを書いてます(笑)

「気分がスッキリする楽しみ」
「ダイエットが成功する楽しみ」
「目標を達成する楽しみ」
「風を切ることの楽しみ」
「自然の中を走る楽しみ」
「人と交流する楽しみ」
「ブログに書く楽しみ」
人それぞれイロンナ走ることの楽しみ方があると思います。

もし、楽しいと思えなくなったり、
他にもっと楽しいと思えることが出来たら、
あっさり走ることはやめちゃうかな。
だって趣味だし。
お金もかかってるし(笑)

本当に走れなくなる時がくるかもしれないしね。
それまでは「走れるシアワセ」を存分に味わいたい。

今は一番楽しいと思うことが走ること。
だから私は走るんです。
「楽しいから走る」

「走ることを楽しめば、きっと結果はついてくる!」
という、ゆる~い考えで走っています♪

11 : 47 : 47 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
母さんへ
2013 / 09 / 10 ( Tue )
昨日は朝夕のレッスン以外の時は、
だるくて横になってまして。
予感していたとは言え、やはり母の事がショックだったようで。

家に一人でおったらまずいなと、
車を運転してたらチャゲアスに泣かされるようなグラグラ具合で、
参ったな~と。

この気持ちを抱えたまま
信越にはとても挑めないだろうなと思い、
今、自分に出来ることを考えて実行するぞ!ぅお~!

で、とりあえずTSUTAYAへ。
悩むと、ヒントを探しに本屋に行くことがあります。
ぐるぐる店内をまわり悩み疲れ、
とりあえず、ランナーズのtakacchさんを見て笑う。
なんともありがたい存在。

これがいいかなと思うものを買って、
ダッシュで夕飯の買い物を済ませ夕方レッスン♪

以下、母へ宛てた手紙です。
原文は人が名前になってるくらいで、
内容はそのまんま。


 母さんへ
今年は猛暑続きだと思っていたらあっという間に秋の気配ですね。
先日は顔を見て話ができてよかったです。

話を聴くつもりが、
つい色々言ってしまい、
負担になっていないか少し心配ですが、
まだまだ私の母さんは大丈夫だと思っています。

私が小学生の頃までは、
和文タイプライターの仕事を家でしながら兄姉私の3人の母親として、
学校行事には必ず来てくれて、役員もしてくれてましたね。

母さんがガチャンガチャンとタイプを打つ音を聞きながら、
国語の本読みをしては漢字の読み方を教えてもらいましたね。
仕事をしながらでも、読み間違いを指摘する所が、
子どもながらに「スゴイ!」と尊敬していました。

読書家で、色んな格言や言い伝えなどを日常の中で教えてくれましたね。
おかげで本嫌いなのに、たくさんの言葉を覚えるので作文が上手に書けました。
子ども達の本好きは隔世遺伝ですね。

学校から家に帰ると3時のおやつが準備されていて、
春は摘んできたヨモギで蒸しパンを作ってくれたり、
夏にはスイカを切って冷やしてくれたり、
秋にはサツマイモをふかして塩をふってくれたり、
冬のクリスマスや私の誕生日には、
スポンジケーキを焼いてデコレーションしてくれましたね。
私のお菓子作りの原点です。

夕飯には旬の食材をいかした料理、
春はフキの煮物、夏は焼きナス、秋はマツタケごはん、冬はサケと根菜たっぷりの粕汁
好きなものでばかりではなかったけれど、
旬の食材がわかるのは母さんのおかげです。

四季折々の行事も大切にしてくれましたね。
お正月のおせち料理に始まり、
節分の巻寿司、ひな祭りのちらし寿司、
秋にはお月見だんご、
どれもお手伝いして一緒に作ったからこそ、
料理が自然に身についていました。

母さんのようにすべてを手作りできませんが、
便利に使える物を頼りながら、
季節を感じる手作りの料理を、
子ども達にも伝えているつもりです。

おかげで子ども達は食べることが大好きですし、
私がいない時に料理をしてくれてることもあります。
外食も大好きですけどね。

手作りは料理だけでなく、
洋裁や編み物も得意でしたよね。
小さい頃は姉とお揃いのサマードレス、
赤と白のギンガムチェックや
胸のシャーリングがかわいいピンクのカニ柄もありましたね。

小学5年の林間学校の前夜に、
急に冷え込んできたからと、
徹夜でカーディガンを編んでくれましたね。
チャコールグレーのジャンパースカートに羽織っていたのを覚えています。

着物が好きな母さんは、
お正月には着物を着せてくれて初詣に行きましたね。
夏祭りには浴衣で出かけました。
高校生の時も浴衣を着つけてもらってデートに行ったりね。
成人式の着物も姉と兼用ではありますが、
とても良い総絞りの振袖を準備してくれましたね。
いつまでも着ていたいくらい気に入っていました。

早くに結婚したので着る機会はその後なかったけど、
あの着物は本当に良いものなので、
8年後、ぜひ、娘にも着せたいと思っています。

決して良い経済状況ではなかったはずなのに、
ピアノを習わせてくれたり、それを感じさせないように、
色々と工夫をして育ててくれたことに感謝しています。

中学生になると、
パートに出るようになり、
いつもいてくれた母が帰宅していない事がさみしいと気づきました。

陸上部の練習が夕飯が食べられないくらいハードで、
心配しくれていましたね。
不注意で両足を捻挫した時は、
自転車の後ろに私を乗せて朝早くから送ってくれましたね。
時々、競技場にも応援に来てくれましたね。
母さんの声は恥ずかしいくらい大きいのでよくわかりました。

高校生になると、
祖父が入院し、仕事と介護に追われ、
とても大変そうだったのを覚えています。
帰宅部だったので夕飯をよく作っていましたね。
おかげで結婚後も料理は普通に出来ました。

卒業後、大手企業に就職したのに、
3年目の冬に体調を崩して会社を1ヶ月休んで復帰したと思ったら、
春には突然、結婚を決めて、10歳年上の人が挨拶にきましたよね。
父さんも反対していたようですが、
言いだすと聞かない事がわかっていたのか、
認めてくれましたね。折れてくれたのかな。

わずか3年半の仕事で結婚退社し転勤先の関東へ引っ越し。
子育てで母親のありがたさと偉大さを知りました。
悩むことも多かったですが、
「前日に何があっても朝『いってらっしゃい』と送り出すように」
と、結婚する時に言われた言いつけは今でもで守っています。
子ども達が出かける時も何をしていてもダッシュでかけつけ、
「いってらっしゃい。気を付けて」と声をかけています。

子ども達にもちゃんと伝わっていて、
父親が出勤する時は玄関先までダッシュで出てきて「いってらっしゃい」と見送っています。

今、子ども達は将来の夢に向かって、
一生懸命、日々頑張っています。
私もその夢を応援したくて、
微力ながらもサポートしているつもりです。

休みの日はレースに行くし、
平日でも山に走りに行ったりで、
いつ家にいるかわからない、決して良い母親ではないけれど、
子ども達は私のチャレンジを応援してくれています。

家族や自分が体調を崩す時もありますが、
「元気で笑顔でいれたらそれでいい」
と再確認し、それが本当に幸せだと思っています。

母さんも気が付けば70歳。
私も気が付けば40歳です。

母さんからたくさんもらった愛情を、
今は子ども達に注いでいるつもりですが、
母さんにもお返ししたいと思っています。

何がしてほしいなどとは思っていません。
ただ、生きていてくれて、
私や子ども達の頑張る姿を見守って、
応援してくれたら、それで十分なのです。

今はしんどいかもしれないけれど、
きっとまた楽になる時がきます。
それまで、のんびりと構えて、
私達の報告を楽しみに待っていてください。

同封したCDと大人のぬり絵は、
気が向いたら遊んでみてくださいね。

趣味に合わないと思ったら、遠慮なく返却してください。
私が使ってみますから。

では、くれぐれもお体大切に。
優しい父さんにもよろしくお伝え下さい。
        娘より


母さんへ
便箋7枚の超大作になったから、
せっかくなら虹色に書きなおそうかと思ったけど、
もう手が痛くて断念…

いつか母の心に届くといいな。

   
13 : 40 : 40 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
自分カット卒業しました♪
2013 / 09 / 09 ( Mon )
7月の末に三宮のサロン『アブリールージュ』のトップスタイリスト様にカットしてもらいまして。
と、言っても他にスタイリストさんいるのかな?

たくさんあるサロンの中で、
★最高峰のカット技術で[シンプル×ナチュラル]を体感☆という言葉が気に入ったので。
「最高峰」に惹かれたのではなく、
カラーやパーマはしないので、
それで「シンプル×ナチュラル」が実現できるなら、理想的♪
髪切った
いつもショートですが、かなりのショートカット
鏡を見るたびにビクっと違和感(笑)

約3年近く、自分カットだったので、
ちょっと緊張してスマホの写真を見せて、
遠慮がちに「こんなイメージで」とお願い。

ホットペッパーの初来店クーポン利用で予約して、
眉カットもセットになっており初めてしてもらいました。

眉カットはお姉さんがしてくれて、
カットや書き方も教えてもらったりして、
眉の形でこんなにも顔立ちがスッキリするんだな~と感心。
今は自分でお手入れしています。

カットの時ははじめてのお店にもかかわらず、やっぱり寝てまして。
座って黙るとアウトでしょ(笑)
でも、無理に話しかけて来ず、
「寝てもらうのも仕事なので」と。
妙な気を使わなくてもいい、落ち着いたお兄さんでした。

スタイリングの仕方というほどムツカシイものでもないですが、
ちょっとコツを教えてもらいました。

カットしてかれこれ6週間。
たいがい1ヶ月でうっとうしくなって、
「切りたい!」とガマンできなくなるタチなんですが…
髪伸びた2
伸びたんですが、この髪型がとても評判が良い。
「さすが三宮のトップスタイリストだ」と。

「その髪型すごく良い」
「似合ってる」
と、言われゆるりんさんはご機嫌です♪

ビルの4階にあるこじんまりしたサロンですが、
すごく落ち着けたので、
今月中に1000円OFF券使って、
また行こうと思ってます♪
11 : 33 : 33 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
信越の準備♪ ~カラダ偏~
2013 / 09 / 09 ( Mon )
信越五岳110キロまで1週間切った~♪
一昨日から生理も始まり、体調はバッチリで挑めそうです。

昨日、実家に母の顔を見に姉と行きまして。
心配ないとは言えませんが、
兄姉と協力して見守っていきたいと思っています。

さて、ここ2週間ほどは午前2時起き生活。
信越は朝5時半スタートですから、
それまでに準備移動朝食など済ませ体をしっかり起こしておく事に慣れておきます。

と、言うとえらい無理してる感じがするかもしれませんが、
実はこの午前2時起床は今に始まったことではなく、
昨年の秋にケガをする前まではこんな感じでした。

学生時代の勉強も眠いとノートにミミズが走ってばかりで、
9時に寝て3時に起きて集中して勉強してました。

子育てするようになると自分の時間が取れなくなり、
夜に家事をすると睡魔で全然終わらなくてイライラ。

早起きして家事をすると効率良く進むし、
自分の好きなことが出来て、
朝、優しいお母さんでいられるのですごく良い!

そのかわり夜9時には意識を失うようにソファで寝る。
すごい体勢らしい。

ノンアル飲みながらなので、
家族の誰かが手に握った缶を机に乗せてくれて、
家族の誰かがメガネをはずしてくれて、
家族の誰かが毛布をかけてくれてます(笑)

夜型の夫とも時々午前2時対談(笑)
おはようとおやすみが交差する変な夫婦です。

お昼寝も出来たらします。
というか、座ると意識を失うように寝る。
食後のコーヒー飲みながらとか(笑)

先々週日曜日のセプ駅の帰りのJRの新快速の中で立ち寝して、
ガクンとなって超ビックリして起きた(笑)

先週火曜日の夜のライブで寝ちゃったのは残念だったな~
ステージから照らされるライトがまぶしくて目を閉じたら寝てた(笑)

あ!苦手な夜克服に夜遊びも週1で実践してきました!!!

金曜日の歯医者でも治療中に寝たので、
「口、開けて下さいね~」と、
歯科助手さんに何度も笑われました。
だって、あんな所に寝っころがったらアウトでしょ(笑)

こんなゆるりん寝る寝るあるあるはしょっちゅうで、
車中移動での寝つきの良さやどんなひどい首の角度でも寝れる柔軟性に、
だいたい初めての人はビックリします(笑)

寝るのはこんな感じで自由に、
眠い時に深~く寝て、起きたらパっと動けます。
生理前が一番眠いので、
今回その時期に当たらなくてホントに良かった。

なんせ闘いは最長22時間!
目標は20時間以内完走ですが、
欲を言えば日が変わる前にゴールしたい!
それでも18時間半の闘い。
あまり長い夜にならない事を願います。

食べるのは、最近涼しくなってきてるので、
夜は多めに食べるようにしてます。
一人忙しくしてると、
昼食はかなり適当に済ませたり、
移動中にパンかじってたりするんですが、
動きながら食べるという意味ではいいかなと(笑)

昨朝は2時起きで6時スタート。
ジェルとナッツを少し食べて雨の中走りました。
グッズ確認もありましたが、
あまりお腹に物が入っていない状態でも走れるようにと思いまして。

基本的にスピードを出すレースではないので、
食べれなくなることは少ないと思いますが、
食べれなくなった時にどうなるか?の確認です。
やはり力は入りにくいですが、
重くなったシューズでも、息が乱れない程度に走ると、
12キロ5分半くらいのペースは保てました。

空腹は気持ちも落ちやすいと感じたので、
やはり早めの補給で無理しないことが大事だと思いました。

信越に向けてイロンナ状況下で走ってみて、
体調の変化を確認できました。

対処法はだいたい見当がついたので、
装備編については次で書きたいと思います♪
01 : 29 : 29 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
気持ちを大事にするといふこと
2013 / 09 / 07 ( Sat )
今朝、母が睡眠薬を1ヶ月分飲みまして、救急車で運ばれたそうです。
いわゆる、自殺未遂です。

あ、こんな入りでビックリされるかもしれませんが、
私は予感があったので、むしろ今週、母親に電話しなかったことを、
申し訳なかったな~と悔いていますが、落ち着いてるので大丈夫です。
母も大事には至らず、夕方には帰宅できるようです。

予感があったというのは、
私自身がうつ状態を経験しているのと、
ここ十数年の母の心身の状態を見ていて、
そろそろ焦りはじめる時期だから話を聞いて、
「大丈夫だ」と言ってあげたいと思っていたんです。

母は3年ほど前から夏の暑さで体調を崩し寝込むようになりまして、
その時は「暑いから仕方ないね」で、
寝てればいい訳ですが、
涼しくなってくると、周りが活動的になるのに、
自分が動けないと、焦るんですよ。
「涼しくなっても動けない私はダメ」みたいな感じでね。

これは冬から春にかけても同じで、
特に4月は日本はスタートの時期なので、
「暖かくなったら動けるはず」と思っていたけど、
なかなかスタート出来ないと自分でダメ烙印を押して追い詰めちゃうんですよね。

母のうつ状態が出始めたのは兄が家を出た12年前あたりからかな。
娘(姉と私)二人はすでに結婚して家を出ていまして、
世話を焼くかわいい息子がいなくなってホッとした反面、
自由の身となったら、
「子どもの為に我慢してきた自分」の目標を失った様子で。

とにかく世間体や正しいことが大事な人なので、
良い夫と子どものいる良い母親でないと気が済まない。
高い理想を期待され、一生懸命応えようとした私は、
頑張ることは出来たけど、甘えることが出来ず、
10代後半からかなり心にひずみが出てきました。

それはもちろん母親だけでなく、
私自身の性格も大きく影響していて、
一生懸命になりすぎて疲れた時に壁にぶつかると、
頭の中で同じ負のどうどうめぐりが繰り返されるばかりで、
どう言葉に表してよいのか言葉がまったく出なくなった時期もありました。

ストレスを正面から受けて解決させようともがくあまり、
とにかく自分を変えたくて、
それが出来ないと思うと逃げたくて、
そんな自分が大嫌いでした。

それでも、そういう状態がずっと続く訳ではなく、
少し休んで「これではアカン!」と思い直して、
出来ることから少しずつ…が出来ず一気にやろうとして、
また落ち込むの繰り返し。

うつ状態の出る間隔が短く、長く出るようになり、
通った心療内科は大阪、埼玉、兵庫の3院。
埼玉の心療内科が一番、対応が私にあってたかな。

結婚して、出産して1年くらいの頃で、
ほぼ育児ノイローゼ状態で、
このままだと息子に手をかけてしまうと思い、
夫に付き添ってもらって通いました。

お薬も処方されましたが、
「実家に帰るか仕事をした方がいい」と。

ダメな自分を受け入れてくれない母のいる実家には、
絶対に帰りたくなかったので、
どうしたもんかと思っていた時、
たまたま、仕事の勧誘を受けまして。
「3歳まで母親が子育てをするもの」という母親には黙って、
仕事を始めました。

イロンナお母さんとイロンナお子さんの中に身を置くことで、
同じような悩みを抱えていたり、
以前、同じように悩みを抱えていたお母さんから「大丈夫」とアドバイスをいただいたり、
それぞれの子どもの性格があるんだな~と思えたり、
ホントにありがたい出会いでした。

そんな時、はじめて友達になった仕事仲間が急死。
笑顔のステキな優しいお母さんで、私より2歳年下の21歳の若さでした。
悲しいという涙はなぜかすぐには出てこず、
「彼女の分まで笑顔で仕事を頑張ろう!」と。
時間が経って彼女の死を受け入れた時に号泣しました。

で、仕事で頑張ると結果が出るので、
年齢は一番若いのに、リーダー的な存在になり、
女性ばかりの職場でありがった人間関係が、
時には難しい人間関係に。

仕事には行ってましたが、
朝起きるのが辛く、家事はかなりおろそかになっていて、
マネージャーに相談しながら、なんとか続けていました。
それを乗り切ったと思ったら、二人目妊娠し退社。

長男が幼稚園に入園し1学期間、毎朝泣かれ、
ようやく慣れた2学期に夫の転勤辞令で淡路島へ。
1ヶ月の単身赴任生活で引っ越し準備を一人でし、
引っ越した先で前置胎盤で絶対安静状態に。
ゆっくり動いて、自然に治りほっとしました。

淡路島でも落ち込む時もありましたが、
妊娠6か月で移り住み、息子を転園させたので、
大きなお腹で歩いて幼稚園通いしていると、
商店街の一角に住んいたこともあり、
人情味あふれる親切な人にたくさんお世話になり、
なんとかやっていけました。

一人目の出産で育児にのめりこんだら心やられちゃうと学んでいたのですが、
次の夫の転勤で確実に転宅が伴うことがわかっていたので、
仕事にはつかず、趣味を作るようにしました。
月2回活動するゴスペルグループに入会し、
子ども達を夫に託し、
自分だけのための時間を作って気分転換出来ました。

それでもしんどくなった時は自転車で海によく行きました。
砂浜が公園になっていて、
息子と娘をブランコで遊ばせ背中を押しながら、
波の音を聞いてると、「大丈夫」と心が落ち着きました。

人と自然に恵まれた場所でした。

宝塚に来てから1年は娘の幼稚園の役員をしながら、
友達も増えていったんですが、
人とつながるといふことでも書いた通り、
アップダウンは相変わらず。

人生には進学、就職、結婚、出産、転勤etc…
イロイロ転機があるし、
それは一見良いことのように思えても、
環境の変化というのは、時には体にも心にも負担になります。

転機でなくとも、
日々の中でもイロイロと変化があって、
怒ったり、笑ったり、悲しんだり、シアワセだな~と感じたり、
イロンナ感情が芽生えます。

仕事が忙しかったり、
人間関係が嫌になったり、
疲れることはたくさんあると思いますが、
何が一番疲れるかって、自分で自分を追いつめてしまうことです。

仕事や人間関係がうまくいかない時に、
「自分が悪いからだ」と責めてしまうと、
余計に疲れるし、余計にやる気を失くします。

すると、いつもはしないようなミスをしたり、
いつもは言わないような失言をしたり、
どんどん、悪い方へ落ち込んでしまう。

季節の変わり目や年齢を重ねていくことで、
体調を崩しやすくなるのは当たり前のことで、
それをダメだと自分を責める必要はなくて、
それなら、それなりの対処法を見つけていけばよいんです。

体が疲れると、心も疲れやすくなりますから、
心を元気にしたいなら、
体を大事にすることです。

体を大事にするということは、
ただ休めばよいというものではありません。
もちろん休息は必要ですが、
朝、陽が昇れば起きて朝日を浴びて、
昼はしっかり働いて体を動かして、
夜、暗くなったら寝る。
当たり前のことですが、今の大人で出来ている人は少ないと思います。

仕事柄それが出来ないなら、
自分のペースにあった生活パターンをみつける。

仕事がなくても、
自分なりに時間割を考えて過ごす。

体を大事に出来れば、
心、つまりは気持ちも大事にすることが出来やすくなります。

「気持ちを大事に」
いつも私がそう言うのは、
気持ちの持ち方で、自分も周りも変えることが出来ると実感しているからです。

気持ちを無理に上げろと言っているのではなく、
本当に自分がどうなりたいのか?
出来ない言い訳を考えて頭を悩ませて疲れるくらいなら、
1個でもいいからなりたい自分に近づけるように、
出来ることを続けると決める!

それはほんのささいな事でいいんです。
今まで何もしてこなかったのに、
急に大きな目標を立てたら、
出来ずに落ち込むだけですから。

「朝は『おはよう』と自分から言う」
「『美味しい』と言ってごはんを食べる」
「1日に3回『ありがとう』と言う」
最初は気持ちがこもってなくてもいいんです。
良い習慣や言葉を身につける事を実行してみるんです。

言葉や行動は心を動かすので、
その変化に気づくはずです。
変化すると良いことが起こったりします。
良いことが起こると、気持ちが上がります。

それを大事に「シアワセだな~」とかみしめる。
それが気持ちを大事にするといふこと。

ダメな自分はそのまま受け入れるけど、
ダメな気持ちは引きずらない。
ダメだった時は次!
次がダメならまたその次!
次のチャンスは自分が諦めなければ必ずあります。

だから自分を責めず、
優しく笑えるような気持ちを大事にしてほしいと切に願います。
大切なあなたが今あるシアワセにどうか気づいてくれますように…


16 : 08 : 08 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
信越仕上げはお一人様六甲山で♪
2013 / 09 / 06 ( Fri )
一人六甲1
洗濯物を干していたら、あまりの天気の良さに山に行きたくなったゆるりんです(笑)
昨年は信越10日前に捻挫してDNSしたので、
今年はケガしないように、すごく気をつけてきました。

今日は信越の9日前。
雨上りの六甲山にキケンを冒してまで挑むのもどうかと思う反面、
「六甲山に登っても大丈夫!」って事を確認したい自分もいまして。
迷ってもやもやしているのが嫌で、
ゆっくり、ペース配分を考えながら走って、
この1年を振り返ってみたいと思いました。

息が上がらない程度にゆっくりでしたが、
自宅から塩尾寺にトレイルをぬけて31分。

涼しいので水1ℓでしたが、
塩尾寺でお参りしていると大量の汗~ちょっと不安が…

一人六甲2
連日の豪雨でトレイルは川になった様で、かなり荒れています。
急な登りや下りでは決して飛ばさず、
ただ止まらずもくもくと脚をすすめ温存作戦。
一人六甲3
熊笹の勢いがすごくて、
足元が見え辛く、肌が出ていたら相当痛かったと思います。
私は山の時はロングタイツにアームカバーで必ず肌は守っているので大丈夫!

一人六甲4
足元にも秋を感じます。

途中、力が入らない感じでちょっとしんどい時に、
アミノバイタルを1個。

一軒茶屋に自宅から2時間3分。
ローソンまで自宅から1.5キロあるので、
余裕で2時間切れていました♪

とりあえずトイレ。
実は登ってくる時、ちょっとお腹がぐるぐる~っと。
生理前はお腹を下しやすく、下腹部痛が少しあり、それのようです。

持参したおにぎり2個を食べている間にすでに寒気が…
山頂の風はもう冷たくてじっとはしていられません。
自販機でスポドリ500mlを補給、
ホットコーヒーを飲んですぐ下山。

登りで足場の悪さがかなりひどいとわかっていたので、
はじめてロードで下ることを選択。
ケガしないようにという事と、
信越のトレイルは走れるトレイルと長い林道らしく、
六甲山の急なトレイルの下りより、
長いロードの下りの方が暑い林道と環境が似ているかなと思いました。

下り始めてすぐにまたお腹が…
しかもこれはアレが出ちゃいそうな痛み。
なかなかの斜度の下りなので、
お腹に響くのどんどん下りてくる~
しっかり腹筋使って、でも決して焦らず、息が乱れないペース。
確か、トイレがあったはず!

有料道路の出口にきれいなトイレありました❤
使用料100円の有料トイレですが、
1000円払ってもいいくらい助かりました(笑)

一人六甲山
事なきを得て、再びロードを下り続けます。
ふっと見上げた空が青く高く美しい。
頭上にも秋を感じます。

川沿いを下るので水音がとても心地良いです。

斜度10%くらいの急なカーブの多い道ですが、
ロードバイクがたくさん行き来しています。
逆瀬川駅から六甲一軒茶屋までの有名なコースらしいです。
一人六甲0
ラストはキロ5:20ペースまで上げ、
自宅に帰って、お布団入れて終了♪

登り11.5キロ 2時間3分19秒(キロ10:47)
自宅~宝塚ローソンを経て六甲一軒茶屋(トレイル)

下り10キロ 59分(キロ5:54)
六甲一軒茶屋~自宅(ロード)

思っていたよりペースは速いですが、
山日和を気持ちよく走れて、
この1年の成長を感じることが出来た良いランでした♪
22 : 40 : 40 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
2013セプ駅 ~応援&アフター編~
2013 / 09 / 05 ( Thu )
2013917.jpg
ひよパパさん2区緊張の初駅伝を激走してくれました!
2013919.jpg
かおりんさん3区をスマイルラン♪
4区のぶりんさんは雨が振りだし傘を取りに行ってる間に激走された模様。応援出来ずごめんなさい。
20139110.jpg
あずきさん今週末は八ヶ岳100キロトレイルレースファイト!
20139111.jpg
この日一番の人気者☆かわいいけど安定の走り!
20139112.jpg
レイラさんお山女子なのに色白美ジョガーさん
20139113.jpg
よしさん鴨走の駅伝部長はさすが軽快な走り
20139115.jpg
キイミさん会うたびにパン食べてるけどサブ3様
20139116.jpg
たかっちさん鴨走代表様のラストの激走に惚れかかる
20139117.jpg
Masahikoさん言わずと知れた…

4区くらいから雨が振りだし、
5区は本降りの中、走る姿が皆さんカッコよかったです。
20139118.jpg
打ち上げ用の各チームに配られるオードブル8人前(選手5人+応援3人)ビールも8本(笑)
20139119.jpg
降り続く雨の中、狭いテントに大人5人で乾杯♪
20139120.jpg
ひよパパさんの差し入れのビッグスイートポテト。
大きいだけじゃなくて、さつまいもの皮の際独特の優しい甘さがなんとも美味しかったです。

主催のわかりん練習会のわかりんさん自ら、
最後にみなさんに声をかけてまわっておられました。
豪華賞品が当たる!?じゃんけん大会などもあったそうですが、
雨で全員そろっての打ち上げが出来ず残念。
また、来年も参加したい賑やかで楽しい駅伝でした♪

大会スタッフやボランティアの皆様、
沿道で応援してくださった皆様、
一緒に走った皆様、ありがとうございました♪
05 : 38 : 38 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2013セプ駅 ~ガチリンレース編~
2013 / 09 / 02 ( Mon )
娘は今朝もダルそ~にしてましたが、
「いつでも車飛ばして迎えに行くから行っておいで」で登校。
いつスマホが鳴るかと気にしていたら、娘からメール。
「駅まででいいから迎えに来てくれる?」
「喜んで!」でした。
車中で「楽しかったわ」だってさ。やれやれ~

トライくんの外耳炎も再診不要で引き続き残りの点耳薬でとのこと。
新しいスマホも取り寄せ予約してきた♪

さて、セプ駅は台風の影響で開催危うしでしたが、
当日7時にFBに開催の発表が上がり、
Masahikoさんから早速メール。

前夜にMasahikoさんからテントを持ってくるよう指示があり、
ブログ更新などしてると、
テント担いで走る時間がなくなり、夫に駅まで送ってもらう。

予定通り、逆瀬川7時半の電車に乗り込む。
同じ電車にひよパパさんも乗り込む。
阪急京都線にダッシュで乗りこみ、パンツの裾のひもを通す。
出がけに左側の裾紐が抜けて結べなくなっており、
とりあえずひも通しをポケットに入れていたので。

地下鉄に乗り換え鞍馬口駅前で京都らしいパン買ったり、
給水に使うかもな小さ目のペットボトルを自販機で買ったり、
911.jpg
会場の賀茂川に到着したのが9時半前だったか?

912.jpg

Mashaikoさんが受付を済ませ、早速テント張り!
「今年海で張り慣れてるゆるりんさんに任せなさい!」
でも、一人で張るのは大変だから指示を出しながらテキパキと。
これが、後々、大変、役に立ちまして。
その様子はアフター編にて。
セプ駅20135
Team☆Mテント完成!
一番に飛び込み寝転ぶ~ん♪
914.jpg
そこへ名古屋から参戦のキイミさん登場。
ランデザインAチームの5区を走るサブ3様。

ダイトレの時もでしたが、
パン好きランナーのキイミさんは、
8時に京都入りしすでに3件のパン屋をはしごしてきたらしく。
もぐもぐしながらご挨拶(笑)

915.jpg
Team☆M、記念撮影♪

913.jpg
私も駅前で買った京都パンで2度目の朝ごはん。
紫の靴下は主催のわかちゃん練習会オリジナル。

隣で陣取っておられた鴨走さん達は早々にアップを始められているのに、
「一走なのにバクバク食ってる!」と鴨走よしさんに突っこまれる。
だって、お腹すいたし、おいしそうやし。
スタート10時半で10時前くらいの出来事だったかな?

ちなみに鴨走さん(鴨川走友会)はA~Eの5チームエントリー
5チームにサポート隊で30名を超える大所帯。
その代表がたかっちさんです。

「Team☆Mもアップしよう」と言われ…
「いつも、アップなんかせんのに…」とブツブツ言いながらも、
一応、コース確認ってことで。
Mashaikoさんが突然飛ばすのでちょっとお供。

南に下ったんですが、結局、アバウトな折り返ししかわからず。
どのみち、先頭を走る訳でなはないので、
わかっていなくても全然平気。
わかった所でスピードが上がる訳でもない(笑)

アップ終了して本部テントに戻る頃、ちょうど開会式。
その間はきっとトイレすいてるだろうと、
かおりんさんと連れション♪
出てきた頃にちょうどコース説明してました。
セプ駅2013
北に登ってそれぞれの折り返しを経て、中継地点にもどり、南に下り折り返して中継地点へ。
「で、北ってどっちなん?」と1区なのにコース把握まったく出来ておらず。

3区&4区のかおりん夫妻は北コースの確認へ~
MasahikoさんとMテントに戻り、一応、コース図を見せてもらう。

「北が橋2個で南が橋1個ね。わかった!」
河川敷の目安は橋で十分なのです(笑)
セプ駅20131
見よ!このガチスタート。
ちょっぴり薄笑い(笑)

55チームの並び順は、
エントリーした番号順そのまま。
28番なのでちょうど真ん中。
しかもお隣27番はライバルくみ姐さん!

河川敷の道幅はそんなに広くなく、
スタート直後に少し下って高架下になるため、
「1区のスタートはゆっくりでお願いします」のアナウンスに大・大・大賛成!
とにかく、転倒してケガだけが怖かったので。
スタートは抑え目に。
まずは北に登ります。

前を走る女子で確認できるのは二人。
一人は鴨走の「マラソンが速くなるためなら何でもします!」という、
ガッツ女子なっちゃん。若くてかわゆいです。
じょじょに距離をつめて一気にかわす!

もう一人、前を走る黄色女子は、
明らかに走りが違う!
楽に走っているのに先頭男子集団について行ってる!
あれは、別物だと無理して追うのはやめる。
後で聞けば、やはりサブ3女子でした。

しばらくすると、なんと水色女子に並ばれた。
しばし併走して相手の走りを確認。
ピッチ走法。
息もまださほど乱れていない。
かわされた~

しばし後ろから、走りを確認。
非常に力強い。
これも、ついて行ったら後半アカン展開やなと思い追わない。
ガチリンそこそこ大人。
ってか、しんどい。
とにかくフォームを崩さないように体幹をしっかり意識し直す。

1キロ地点にスタッフさんが数名立って、応援しながらお知らせしてくれます。
嬉しくて応えます♪

ガーミンのラップをちらっと見たら4:10?
「あれ?ちょっと速いかな?」と、とにかく後半にばてないように無理しない。
ホントは4:01でしたが(笑)
それ以降、ラップは字が小さくて見るのが面倒だし、声援に応えていたので見ていません(笑)

北は橋を2個くぐったけど、折り返しが遠い~
折り返し手前で折り返し案内。わかりやすく嬉しい。
ここでもスタッフさんが応援して下さり応えます♪

たかっちさんも北側で応援して下さり、応えます♪
中だるみしたいのに常に見られてる感じで手がぬけない(笑)

中継地点は鴨走さんだけでなく大声援だから両手振って応えま~す♪
セプ駅20132
中継地点手前くらいな。
周りの必死の形相とは裏腹に笑ってる(笑)

ここから南はアップの時はすぐと思ったけど、
約3キロダッシュの後は遠い~

南の折り返しにもわかりやすく案内があり、
スタッフさんの声援に応える。

で、折り返したら後ろ、向かってくるの女子やん!
やばい~
男子はええけど、女子にはこれ以上負けられへん!

お!なっちゃんも!
「ファイト♪」お互い声を掛け合う。
なっちゃん爽やか~♪

これ以上ペースを落として弱い背中見せたら攻め込まれるので、
前を走るたくましい男子のお体を目標に、ガチリン頑張る!

と、くみ姐~は気づくの遅く、声かけられず…

セプ駅20133
かおりんさんが「この先でMashaikoさんがカメラ持ってるよ~笑って~」と声援。
もう、笑いっぱなしですけど(笑)
ほら、こうして両手をあげると、肩がほぐれて腕がふれるんです!
皆様もゴールだけでなく、ぜひスピードを上げたい時にお試しあれ。

右手に持ってるのはミニソフトフラスクね。
給水テーブルも中継地点にあったんですが、
サポートする人もいないし、各自持って走ろうってことになりました。
涼しくてさほど給水必要なさそうでしたしね。
実際、3口くらい飲んだかな。

セプ駅20134
ふざけてませんから。真面目に走ってますから。
苦しいから笑ってるの~
紫のわかちゃんテント見えてからも遠い~

中継地点に戻ってくると襷リレーの場所がよくわからん。
戸惑っていると、キイミさんが、
「ゆるりんさんラスト飛ばさな!」と声援。
「あ!そっか。」と前を見るとひよパパさんが手を上げてアピールしてくれてる。
笑顔で襷リレーしひよパパさんの背中をポンと押して1区終了~
邪魔にならない所によけて、ガーミン止める。
916.jpg
お~っと驚いたのでした(笑)

途切れることのない応援に思わず力を出せました!
スタッフや沿道で応援してくださった方々、
一緒に走った皆様、ありがとうございました♪

応援&アフター編に続く♪
21 : 14 : 14 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
賀茂川セプ駅 ガチリン結果♪
2013 / 09 / 01 ( Sun )
総合25位(55チーム中)
目標①27位以上達成!

916.jpg
1区 4.7キロ 19分50秒(襷渡してからしばし押し忘れ~)
目標②21分切り達成!
4:01 4:12 4:12 4:20 3:04(キロ4:13)

女子は少なく10名ほどで3位
目標②鴨走女子2人に勝つ達成!

賀茂川でもガチリンスマイル炸裂させてきました♪

18 : 13 : 13 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(16) | page top↑
人とつながるといふこと♪
2013 / 09 / 01 ( Sun )
ここ数年はマラソンネタが大半を占めるこのブログも、
『life feel』この気持ちを大切に、
楽しい時間を一緒に過ごす仲間の輪を広げていきたいという思いから立ち上げました。

当時はまだマラソンははじめていませんでしたし、
ヨガも近所のお寺で年齢層のかなり高い人の中で、
自分の心身を整えるために習いに行っていました。

感受性が豊かすぎて気持ちのアップダウンが激しく、
大勢の人の中にいるとイロンナ人に気を使いすぎ、
疲れても人に上手くその感情が伝えられなくて頑張り続け、
一番身近な食べるという欲求を満たすことで解消しようとすると、
急激に太っては自分が嫌になり、
一念発起してダイエットに燃えるという繰り返し。

そんな生活が20代から10年以上続いていたので、
30代になった時にこのままで心身どちらにも良くないと思い、
はじめたのがヨガでした。

そこから少しづつ、
嫌な自分も含めて全てを受け入れられるようになり、
どうにもならない事は受け流すことが出来るようになり、
頑張るけど頑張りすぎず、
時には流れに身を任せることが楽だと気づきました。

娘の幼稚園ママ友がきっかけで、
料理や手作りなど、主にモノづくりを通じて、
人とのつながりを作っていました。

ただ、モノを作ると言っても、
自分に専門的な知識や技術がある訳でもなく、
もちろん資格がある訳でもない。
なので、それを持っている人を招いて、
その都度、募集をかけるというスタイルでした。

カフェスペースにした自宅を場所として、
企画を提供する訳ですが、
先生になってくれる人探しに、
材料集めに人集めと、
なかなかムツカシイ部分が出てきまして。
ブログ休止して悩んでました(笑)

それならいっそ、
自分が資格を取って教える方が、
よっぽど楽に続けられるのではないかと思いました。

あ、私の座右の銘は「継続は力なり」なので。

ヨガをもっと深く知りたいという思いから、
養成講座を受講し、
講師としての心得などを学ぶうちに、
すっかりヨガ講師になる気満々(笑)

『yoga=lifefeel』になった訳です。
ただ、この教える伝えるという仕事は、
自分のために行っていたヨガとは別物になる部分がありまして。

しかも教室を持つに至るには、
普通はオーディションを受けたりするんですが、
自宅教室スタートから、梅田教室が決まり、
そこから塚口教室も決まり、
逆瀬川でも開講の声がかかり…
ありがたいことではあるんですが、
経験も少ないのに、仕事がどんどん広がってしまい、
まだ子どもが小さかったこともあり、かなりの負担に。

全てをちゃんとしようと思うあまり、
自分が追い込まれてしまい、
人を元気にする仕事なのに自分がどんどん元気をなくしていく始末。

よっぽどやめようかと迷いましたが、
後に続けてもらう人を探し、仕事量を少しづつ減らして、
自分に合う無理のないスタイルで続けることを選択。
で、今の地元密着型の自宅と自治会館の2つの教室に至りました。

その頃、やはり自分のために趣味は持っていないとと思い、
はじめたのが走ることでした。
目標は地元宝塚で毎年年末に開催されているハーフマラソンのクォーター部門の完走。

はじめは数百メートルで血をはくかと思う息切れで、
毎朝走って少しづつ距離を伸ばしていきました。
今も走っている武庫川河川敷にかかる橋を、
海側へ1ヶ月に1度くらいのペースで少しづつクリアーしていく。
距離はわからず、自宅に帰る時間だけは気にしていました。

半年の練習期間を経てクォーターマラソンを完走!
そこから、ハーフマラソン完走を目標に、
マラソンを通じて仲間が増え始め、
そのうちにフルマラソンでサブ4を目標に、
なんでか110キロのウルトラトレイルにチャレンジしようという事に(笑)

人生は何がきっかけでどう変わるかわからないし、
人とのつながりで、自分が知らなかった世界がどんどん広がって、
思いもよらない出来事が起こって、
ホントにおもしろいなと。

しんどい時、上手くいかない時、
いっぱいあったし今もあるし、
これからもある。

ホントにしんどい時は、
愚痴っぽいし、前向きになれないし、すぐ泣く。
そんな自分が嫌ですごい孤独感に陥ったり、
自分は誰の役にも立ってないんじゃないかと、
社会からの疎外感さえ感じてしまう。

こんな自分はいない方がいいんじゃないかと思った事は数え切れず。
外では無理して笑ってても、家では暗い。
家の中が暗くなる。
子どもさえも心配してくれるほどに。

で、何が出来なくても、
上手くいかなくても
笑おうと思った。
自分が笑うと子どもが笑ってくれたから。
良いお母さんじゃなくても、良い人と思われなくてもいいじゃないかと。
そのままの素直な自分で人とつながっていたい。

人を元気にするなんて、なかなかムツカシイことで、
でも、自分が元気でいることはわりと出来そう。
それで、いいんじゃないかと。

そうすると、周りの人が元気になってきた。
「笑顔がステキ」な~んて言ってもらえるようになった。
自然と人とのつながりが増えてきた。
人とつながるって、こういうことなんじゃないかな。

無理して人の役に立とうとかでなくて、
今出来ること、こうしたら楽しいんじゃないかな?
そう、思ったことを行動に移してね。

目の前の人とくだらないことでも一緒に笑って、
その輪が広がっていく感じ。
自分がシアワセ~と思ってないと、
人をシアワセな気持ちになんて出来ないだろうし。

そんな訳で今日はセプテンバー駅伝♪
京都は賀茂川の河川敷で、襷と笑顔をつないできマッスル~♪

07 : 09 : 09 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |