まだまだ夏を満喫中~♪
2014 / 08 / 25 ( Mon )
夏を満喫しすぎてブログ更新まで手がまわらないゆるりんです(;´д`)
UTMFDVD.jpg
23日(土)発売日に選手枠で予約していたUTMF2014のDVDが届きまして。
トップ選手の見ている風景が自分の記憶しているそれと違い、
あの暗かったあそこはこんな景色やったんか~と、
イロンナ感動がよみがえりました!

「富士山一周もう2つの旅」という、
ライブカメラ映像が編集されている鳴沢で、
予想通りこのひどい顔がかすれた声で嬉しそうに喋ってるのを確認出来ます(笑)
興味のある方は3500円で買ってね♪
かおりん誕生日ケーキ
15日(金)の夜はかおりん誕生祭\(^o^)/
bgさんのパシリとしてケーキを届けて参りました!
ちょっぴりビアガーデンにお邪魔のつもりが、
かおりんさんの美味しい手料理と、
楽しい仲間たちが集い予定より1杯多めに飲んじゃいまして。
宝塚に22時すぎほろ酔いで帰宅就寝。

16日(土)の朝起きたら4時!?
キモチワルい~
始発に乗り遅れ、
汗冷えでお腹を下しながらダッシュで京都へ。

集合時間に20分遅れでゴメンナサイからの北大路スタート。
主催の鴨走代表たかっちさん率いる8名
京都豪雨トレイルスタート
サブ3様2名を含む男子5人がぐいぐいひっぱって女子3人がついていく感じ。
曇空ですが蒸し暑い。

だいたいわかっていましたが、
たかっちさんのゆっくりは私にとってはゆっくりではなく、
ロードの登りでもキロ6ペースでキツイ(^_^;)

途中おいしい水ポイントで顔洗ったり補給して休憩。
ゆかちゃんが滑って水がたまった樽にダイブ~
「ゆるりんさん、妹分やで」と(笑)

ロード13キロですでに胃がムカムカして、
とりあえずだらにすけ飲んで、
食べれないからアミノバイタルやメダリストジェルで補給。
京都豪雨トレイル岩
ヒルの来襲にあい続けているうちに、
素手でヒルを追い払える術を身に付ける(笑)
京都豪雨トレイル何藪ヶ岳3
雨の降り始めは山の木々のおかげで、
少し濡れるくらいで涼しく気持ちい~♪
京都豪雨トレイル自転車3
雨も楽し~♪
と、回復して元気になったんですが、
豪雨と雷で寒いくらいにまで気温が下がり、
アクティブシェルを着るのに一人遅れをとっている時に雷~
ヒルじゃ死なないけど、雷は死ぬのでめっちゃ怖くて猛ダッシュ!
いつも思いますが怖いと思いがけず速くなる(笑)
京都の妖怪2
そしてついに河童妖怪化(笑)
さすがに雷がキケンすぎるのでエスケープ。
北大路~浅敷岳~城丹~天童山~小野郷31キロで終了。
京都豪雨トレイル大水たまり2
下山すると記録的な集中豪雨で警報が発令されており、
清滝川の濁流っぷりにビックリ(°д°)
皆様に心配をおかけしていたと知らず、
無邪気に水遊びするダメな大人達(笑)

毎度お馴染みの京都タワー温泉でさっぱりしわりかんさんで打ち上げ後は、
五山の送り火を見て京都検定2級の豆知識を学んで帰路へ。
思いがけずディープな京都旅となりました♪

24日(日)は琵琶湖へ
琵琶湖ラン風車
曇空で琵琶湖から吹く風が気持ちよく走りやすい♪
琵琶湖ラン蓮
今まで見たことのない蓮が広がっていて、
ピークはすぎていて花はちらほら咲いているくらいでもきれ~
写真は曇りで暗いけど実際は湖に浮かぶ濃い緑が涼やかでした♪

道の駅で野菜を品定めしたり、
妙にテンションが上がって寄り道ばっかり(笑)
20キロ2時間ちょいの滋賀旅でした♪

9月の予定は、
7日(日)セプ駅で初アンカー♪
14日(日)初丹後ウルトラ100キロ♪
21日(日)鴨走月例で初ヨガレッスン♪
初めてのこといっぱいで((o(´∀`)o))ワクワク
2014海2
平日仕事終わりに淡路の海にだって行けるし~♪
2014海
まだまだ夏は終わらせないぞぉ~♪




スポンサーサイト
23 : 00 : 48 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
NEWシューズ2足投入しますた♪
2014 / 08 / 12 ( Tue )
この春まで1年ほどサロンカットにお出かけしてましたが、
なんだかんだでマイカットにもどり~
中学生の娘だけでなく大学生の息子にまで、
「髪切って」とリクエストされるカリスマ美容師ゆるりんです♪

美容院行かないと、
時間とお金がかなり節約出来ますもので、
そのお金をシューズに投入!?
NEWシューズ2足
左 アディゼロジャパンブースト グローオレンジ
右 アシックスライトレーサーRS2 オーシャンブルー

丹後をどのシューズで走ろうかな~と考えていた時に、
この2足が候補に上がったんですが、
ラッキーなことに2足買っても諭吉さんが出て行っても、
英世さんが帰ってくる価格だったので、思い切って2足買い♪

アディゼロジャパンブーストは、
ブルーに比べて色がイマイチだったんですが、
ブルーで履きなれてて、楽に感じるので決めました。

レディース24.5で片方198グラムですが、
重さの割にクッション性が良いせいか軽く感じる。
フィット感はあまりないですが通気性が良くムレは感じない。
グリップ力もあり、
コンチネンタルラバーの面積が増えて雨でも滑らない。

アシックスライトレーサーRS2は、
色が好きだったのと、
「THAアシックス」という感じの、
足入れした時のフィット感の良さで決めました!

メンズ25センチで片方207グラム。
ブースト慣れしてるせいかちょっと重く感じる。

アシックスのレースシューズは、
フルデビューの時のターサーゲイル初代が気に入って、
ターサーゲイル2も買いまして、
富士五湖と飛騨高山の後半はターサーゲイルで走りました。

ライトレーサーは初めて買いまして、
ターサーより重いな~とどうしても感じてしまう。
まだあんまり走ってませんが、
慣れないのに安心感はあるけど、
走り出したくなるワクワク感には欠ける(笑)

ま~長くお付き合いするには、
一緒にいてドキドキしちゃう刺激的な男子より、
会話が途切れてもフツーでいられる男子の方が、
自然体でいられて疲れなくていいみたいな?
つまり長く走るにはワクワク感よりも安定感でしょってことで。
でも、長く走るからこそ、ちょっと刺激も欲しかったり(笑)

ゆるりんの女心は気まぐれなので、
丹後100キロのシューズは、
当日の天候と体調と気分で、
どのシューズにするか決めよっかな♪
12 : 34 : 12 | お買い物 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
ゆるりんの女子的ライフ♪
2014 / 08 / 10 ( Sun )
大雨で家でおとなしくしているおかげで、
やっとこさUTMFのレポを書き上げてご機嫌のゆるりんです♪

4月末のUTMFでだいぶん男前だったので、
5・6月はランオフかねて女子的ライフを楽しんでいました♪

6月は泊まりを含め来客も多く、
掃除をメインに家事も頑張りまして。
ソファー新調
破れていたソファをようやく買い替え♪
寝心地の良いソファという売り文句にコロリとやられ、
毎夜ここでゴロリとなって意識を失っております(笑)
トライリビングすやすや~
トライくんも気持ち良さそうでしょ♪
夏前で気候もよかったので、
お料理やお菓子作りもいっぱい楽しみました♪
ジューンベリージャム
ジューンベリーのジャム♪
シフォンケーキ
ミルクティーシフォンケーキ♪
ホットケーキ食べ放題
ホットケーキ食べ放題♪
赤しそジュース
疲労回復のしそジュース♪
プリンアラモード風♪
抹茶プリンとプリンアラモード風♪
きのこたっぷりパスタ
アヒージョからのきのこたっぷりパスタ♪
大学生の息子と週2日は家ランチするので、
よく麺類を作ります。
ラタトゥイユ
夏野菜でラタトゥイユ
この後夏野菜カレーに変身♪


7月になると秋のレースも決まって、
急にやる気だして月間走行距離も、
一気に伸びてます!(笑)
距離的には200キロくらいですが、
山入りしてるので練習時間はかなり長い。

8月ももれなくお山入りばっかりするので、
距離はそこそこですが、
ここでスタミナがバッチリついて、
秋にはまた男前にもどりマッスル~♪

女子的にはミニスカやショーパンから伸びるふくらはぎが、
徐々にスラリではなくムキムキになりつつあり、
ヒールのサンダルを履くと、
みょ~に逞しいのが悩ましい夏なのです~(  ̄▽ ̄)



11 : 33 : 31 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
UTMF完走日記(A11鳴沢~ゴール河口湖)
2014 / 08 / 10 ( Sun )
今朝は予報通り台風接近で大雨~
たかっちさん企画の京都のお山50キロ10時間行きたかったけど、
さすがのたかっちさんも延期されました。

昨夕は濁流の武庫川河川敷をラン♪
焼肉を食べに行く予定があり、
一汗かいて美味しく食べたいなと思ってね。

日中すでに一度氾濫していたみたいで、
道に木や枯葉が流れ込んでいてよけながら走ってましたが、
いよいよ氾濫している所もあっていつものコースは走れず。
暴風吹き荒れる中、同じ所をぐるぐる10キロ。
おかげで焼肉食べ放題はそこそこ美味しくいただけました。
前夜がしゃぶしゃぶ食べ放題だったんで、
後半は肉がキツくてキムチとビールで守りに入っちゃいました(笑)

A11鳴沢を出ると、
カメラマンさんがおられまして。
UTMF鳴沢にて
あなたをモデルに決めました!
と、言って撮って下さいました。
長旅の完走を確信した瞬間の満面の笑顔です。
(この後、確信は不安に変わったけど)
顔はパンパンにむくみまくって決して美しくはありませんが、
私はこの写真とても気に入ってます。

A9の麓を出てから、
初めて自分の完走をあきらめかけて、
A11の鳴沢までの約10時間は、
睡魔と時間との戦いでした。

吐くものもないくらいカラカラの体で、
このまま走りながら死んじゃうんじゃないか?
それでもいいかもと思うほど、
どしてもどうしてもゴールせずにはいられな気持ちが、
なぜかどんどん強くなってきていて、
間に合わないかも?という不安よりも、
絶対間に合わせて見せる!!!
体はボロボロなのに、
心はもうゴールすることしか考えていませんでした。

何がそうさせたのか?
意地かな?
せっかくここまで来たんやからっていう感じの。
このチャンス逃すのもったいないやん!

ここに来るまでのたくさんの失敗や、
ここに来るまでのたくさんの支えが、
整理しきれないくらい頭の中をいっぱい駆け巡って、
イロンナ感情が何度も溢れ出しそうになって、
生きててよかったな~までに至り。
今、ゆっくりだけど景色を楽しみながら進める自分が嬉しくて。

しかしながら残り12キロ。
私が思っていたよりトレイル区間が長い。
っていうかもうロードだと思ってたもんで。
だから12キロ3時間は余裕と感じていましたが~
UTMFインタビュー1
インタビューを順番に受けながら、
和気あいあいと今までのレースの経験や、
今回のレースで何がキツかったかとか~
UTMF鳴沢歩く
スタッフさんも交えて歩きながらしゃべってましたけど、
正直、こんなにゆっくりで大丈夫なの?と不安になりました。

なぜなら周りの人の経験値がとても高かったので。
UTMFにSTYを経ず試走もなく挑んだのはかなりチャレンジャーだったとわかったので。
気づくの遅い(笑)

吐き気はまだありましたが、
こみ上げてくるほどの強さはなく、
眠気も相変わらずありましたが、
おしゃべり出来る環境だったので、
ちょっと眠いかなくらいで済みました。

紅葉台でピークかと思いきや、
もう1回ピークがあると聞きこれはヤバイんじゃないの?と。

ピークで記念撮影などされている元気な皆さんとは違い、
私の体は異変だらけだったので、
いつどうなるかもわからないので黙々と先へ進むことに。

一生懸命に進んでいると、
まだこんなに人がいたんだというくらい人と出会う。
先を争う感じではないので、
イロンナ人とたくさん会話出来て、
この区間はとにかくおしゃべり出来た事がありがたかった。
ゴールを確信した人の余裕も感じられたので、
今までになかったゆるい空気感。

足和田山1355mで最後のピークを迎え、
やれやれと思いきや~
下りが結構キツイ。
エネルギーがないので、
足で体が支えきれなくて、
ゆっくり下らないと転びそう。

そんな遅い私の後ろに、
わらわらと人がいる。
遅いから先に行って下さいねと言っても、
抜かしてくれない。
明らかにスピード差があるのに?

どうも、みなさん、最終完走者なるものを、
狙っておられるみたいで。
私はもう1分でも早くゴールしたくて必死なんですけど…

これまで関門ギリギリで心配かけただろうから、
早くゴールして応援してくれているみんなに安心してもらいたかった。

なんか気持ち悪いな~と思いながら下っていたら、
UTMF経験者のお一人が、
このままじゃ間に合わないんじゃないかと言い出しまして。

なぬ!?
マジですか???
周りが急にスピードアップしまして。
私もともと必死なんですけど。
そんなにガンガン下ったら、
また吐き気出ちゃいそうなんですけど?

でも、ここに来て間に合わないとかありえないでしょ?
もう吐いてもいいと思ってついて行きました。
まだ走れる自分にビックリしましたけどね。
限界ってわからんわ~

見覚えのある河口湖の見えるロードに下りて、
残り2キロで関門まで50分くらいあったのかな?
今度こそホンマに大丈夫と思い、
ようやく歩いておしゃべりすることが出来ました。

ゴールまで1キロの看板を見て、
いよいよゴールだと胸が躍る。
沿道の人のお帰りなさいに、
ε=(ノ゚ー゚)ノタダイマ~と何度も応える。

いよいよロープがはられた、
両サイドに人が待ち受けてくれている道に。
masahikoさんがまず迎えてくれてハイタッチ♪
ぺこさんは控えめに遠くから見てくれている♪
一度離れたクリアンさんに再び追いつく!

細い道を曲がると広い道の先にあのゴールゲートが!
たかっちさんと久美さんにレイラさんと元気にハイタッチ♪
ゆるりんさん!
反対側からあずきさんが声をかけてくれて駆け寄って思わずハグ♪
UTMFゴール後ろ
そしてクリアンさんと一緒にゴール♪
12:35:57(関門13:00)
45時間35分57秒
予定よりだいぶん長くかかりましたが、
なんとかかんとか完走出来ました!

総合830位(完走849名 完走率59.7%)
女子113位(完走119名 完走率55.1%)

UTMFに関わった全ての人と、
そこにある自然に感謝です。

苦しい局面が多く人として試されたレースでしたが、
新たな人と自然に思い切って飛びこんだら、
ステキな出会いにたくさん助けられた、
そんなシアワセなレースでした。
応援ありがとうございましたヽ(´▽`)/

10 : 18 : 17 | レース | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
UTMF完走日記(A10本栖湖~A11鳴沢)
2014 / 08 / 09 ( Sat )
昨朝はnewシューズで20キロ朝ラン♪
残り6キロで赤男子とバトルになり、
並走しながら徐々にスピードアップ。
赤男子が息が上がったタイミングを見計らって、
引き離して勝利しました!

A10本栖湖を出てからは、
しばらく笑いが止まらず。

なんでまた進んでるの私?
スタッフさんもぺこさんも、
みんな鬼やな~
でも完走出来たら神様やな~
結局、自分次第ってことやな~

一旦気持ちが切れた事で、
何か吹っ切れたのか?
何かぷっつり切れたのか?
ま~ぼちぼち行こかいなと。

登っていると、
あちこちで横たわっている人が。
たぶん寝てる。
どう声をかけていいかわからず。

午前5時半を過ぎる頃には、
空が白んできて、
UTMF本栖湖2日目の朝日
きれいな朝焼けに感動(*´∀`*)
あきらめかけていた2日目の朝です。
このまま眠気なく進めるかと思いきや~

急登りになりスピードダウン。
ちょっと休憩と座ったら、
お疲れ様だったか?
声をかけられてビックリ起きる。
寝るつもりないのに、
気を緩めると寝てた(;>_<;)

で、声をかけてくれた人が、
鴨走のクリアンさんに似てたような?
慌てて立ち上がって追いかける。
後ろ姿もクリアンさんな気がするけど…
写真を撮っておられたんだったか?
ぐるりと回り込んで顔を見てようやく声をかけることが出来ました。

ゆるりんさん?
人相が変わっていたせいか気づいてもらえなかったみたいで、
すごくビックリしておられました~

しばしおしゃべりしながら気が紛れて眠気はましに。
すごくありがたかったです。
UTMF富士山雲海
しかも本栖湖全部を覆ってしまうような、
富士山の裾野に広がる雲海が(((o(*゚▽゚*)o)))
地元の人でもなかなか見ることが出来ない景色だそうで、
しばし立ち止まって眺めて記念撮影など♪

もう、ここでゴールでもいいよね~
…アカンか。
そんな冗談も言い合いながら、
関門ギリギリ組の仲間意識のようなものが芽生えて、
一緒に進む。

が、残念なことに、
また睡魔が…しかも吐き気も(>_<)
気持ち悪くなったので先に行って下さい。
そう言ってまた一人旅に戻りました。

眠気があるのでカフェインを飲むか?
でもカフェイン飲むと吐き気がひどくなるし。
どうしようか迷った挙句、
睡魔が私にとっては一番キツイので、
だらにすけとカフェイン錠を飲みました。

カフェインを飲んだらすぐ眠気が覚めればいいんですが、
残念ながらあまり眠気は覚めず、
どんどん吐き気がひどくなってきちゃいまして。

すでに補給にジェルなどは受け付けず、
水分もスポドリはダメでコーラとお茶なら少し、
乾いてくる唇を濡らす程度に、
少しづつ少しづつ補給。

ようやくパノラマ台に着くと、
クリアンさんや女子も含め数名が集まって、
眺望を楽しんだり、
関門時間の話をしていまして。

陽も高くなって気温も上がってきたので、
腹巻やレインウェアを脱ぐ。
腹巻がストッパーになっていたのか?
こみ上げてくる吐き気が抑えきれず、
お腹や胸が波打ってえづくこと3回。

幸いなことにもう胃に出るものが残っていなかったようで、
美しい山を汚すことなく済みました。
涙は出ましたけど眠気も覚めた!

すでに下りに行かれた皆さんを追いかけるように、
つづら折りの下りを、
UTMFの白いテープだけを頼りに下る。
必死ですが遅いので誰にも追いつけなかったんですけどね。

下りきった所にスタッフが。
ここから10キロです!と。
関門まで2時間ちょいだったか?
10キロに2時間もあれば余裕と思うでしょ?
ところがここは涼しい林道。
緩やかな道は眠気を誘う。再び蛇行。
つまりはまともに歩くこともままならない状態。

ここ、あとからきいたんですが樹海だったみたいで。
皆さんイロイロ見えるはずのないモノを見たとのことですが、
私の目はまともに開いておらず変わったものは何も見えませんでした。

前を行く男女ペアの男子が、
エイドで補給をしたいから先に行くと。
そうだ!
関門ギリギリじゃなくて補給もしなくちゃ!

蛇行しながらも、
腕を一生懸命ふったり、
顔をたたいてみたり、
耳をひっぱってみたり、
なんとか眠気を覚まそうと頑張る。

ちょっとでも下りがあれば、
それに乗っかるように小走り。
前の女子も蛇行している。
眠いのってホントに辛いよね~

そう思って抜き去る時に、
もうちょっとです!頑張りましょう!
と、声をかけると、
わかってる!と怒られまして。
もう、余裕がないからなんだろうけど、
だからこそ、励まし合って行きたかったんですが、
気分を悪くさせてしまったみたいで。
ちょっと落ち込みながらも前へ。

時々スタッフがいるので、
毎回、後何キロですか?
時計とにらめっこしながら関門までの時間を計算。

影のないロードに出て、
長い橋を渡って、
もうすぐかな?と思ったらまだ3キロ以上あったのか?

ぺこさんが車で現れて、
最後が登りやから、
もうちょっとペースを上げないと間に合わないと。
もう、全然走れなくて、
1キロが長くて。

何度も車で往復しながら、
ペースを上げるように言うぺこさん。
わかっているんだけど走れない体。
でも、このまま歩いてたら間に合わない。
しかもさっき抜かした女子に走って抜かされた~

私もついて行かなきゃ!
登りだけどとにかく走らないと!
走るってどうするんだっけ?
腕を振って、
腰を高くして、
歩幅をもっと大きくして、
そうだ!声を出すんだ!

本栖湖の前で、
泣きながら走れた事を思い出し、
吐く息も吸う息も声が漏れてしまうほど、
必死に走る。

また関門ギリギリなので、
カメラマンも一緒に走って撮影している。
わかっているけどかまっている余裕はなくて、
漏れる声もそのままに走り続ける。

A11鳴沢9:23:53(関門9:30)
ここはinがなくてoutのみなので、
とりあえずoutしてとのことで約6分前に出来ました!

トイレに行かせてもらって、
エイドでコーラをソフトフラスクに入れてもらう。
ジェルだけでなく固形物ももちろん受け付けないので、
コーラだけが唯一のエネルギー源なんです。
そんな様子もずっとカメラがとらえている。
UTMFのDVDに出てたら嬉しいけど、
ひどい顔してるんだろうな~

さっき怒っていた女子のご機嫌もなおっていて、
ライブカメラを持った小野さんとも少しお話しまして。
鳴沢に間に合えば、
残り12キロを3時間。
もうゴールしたようなもんだと聞き、
ようやく笑顔がもどりました。

残念ながら、
最後まで笑ってばかりはいられないんだけど…
つづく。
00 : 23 : 23 | レース | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
UTMF完走日記(A9麓~A10本栖湖)
2014 / 08 / 04 ( Mon )
北アルプス
3日間北アルプスで、
高地トレーニング合宿してきたゆるりんです。
35㍑ザックは重たいし、
睡魔が潜んでたりして、
かなり苦戦しましたが、
360度パノラマビューの絶景に、
心あらわれてきました♪

A9麓を出てすぐ、
着替えをしている男子を見まして。
時刻は22時過ぎ、
これから山に入れば間違いなく寒い。
私も着替えよう!
で、レインウェア上下にダウンも重ね着。

しばらくは緩やかで幅広い道を蛇行。
あったかくなったせいか?
睡魔がさらにひどい。
前で光るライトを頼りに進むも、
足元見えてなくて、
イロンナ物につまずいたり、はまったり、
その度にビックリしてちょい目が覚める。

蛇行してるのを見かねた男子が声をかけてくれる。
しゃべるのが一番いいよと。
しばしおしゃべりウォーク。

遅いので申し訳ないので、
お礼を言って先に行ってもらう。

おしゃべりしたら目が覚めるかな?と、
ぺこさんに電話。

どうしたん?の質問に、
眠たいねん。
星がきれ~。
その後、会話は続いたのか?
電話を切って再び蛇行。

すると、スタッフが3人立っている。
何やら地図のようなものを持って、
これから山の登りが始まりますと。

はい。
と、返事をしたのか?
こんな状態で山を登れるのか?
スタッフさんもそう思ったらしく、
顔色悪いけど大丈夫?と後ろから声が聞こえる。
でも、振り向いたら最後。
やめてしまう自分が怖い。
まだ、行けるかも。
ノロノロだけど登り始める。

登ったら降りなきゃいけない。
それ、出来る?
自分でもわからないけど、
先がまったく見えないけど、
とりあえず前へ。

もしかしたら、
ヘッドランプの灯りが暗いから眠いのかな?
座って電池交換。
でも、一度座ったら、
なかなか起き上がれない。

再びぺこさんに電話。
眠たいねん。
その後に、
やめたいねん。
その言葉を口にしたら最後だと思い、
怖くて口に出来ない。
ぺこさんもそれはわかっているみたいで、
ただ、待ってると。
返事したかも覚えてないけど電話を切る。

ゆっくりだし、
止まる事もあるけど、
蛇行しながら進む。

再びスタッフが。
頂上ではないらしい。
落胆でへたりこみ横になる。
数分横になっていたのか?
スタッフさんからは一声もなく。
それが返って弱音を吐かずに済んでよかったのか?
再び立ち上がり歩きだす。

横になって寝たせいか?
少し回復し周りのペースについて行ける。
そしてついに竜ヶ岳1485㍍の山頂に到着!

ベンチに座りライトを消すと
満天の星空に、富士山のシルエットが浮かび上がる。
隣に座った男子の会話は、
もう、間に合わないんじゃない?
間に合っても次でやめるわ。

間に合わないの!?やめるの?
わからないけど進まないと!
一人立ち上がりもくもくと進む。
下り始めたので走れる。

が、
すって~んと、横滑り。
咄嗟の受身で腕を打っただけで済みましたが、
手をついていなければ、
あわや側頭部強打か滑落。
凍った雪が残っていたみたいでした。

その衝撃と恐怖で一気に目が覚め、
気を引き締めて下る。

勢いのある女子が、
STY間に合いますか?
と、質問してくる。
STYの方がUTMFより30分関門が早い午前3時。
これからA10の本栖湖まで何キロあるのか?
どんな道なのか?
まったくわからないので、
ごめんなさい。わかりません。頑張って!
としか答えられず。

私も転げ落ちるように、
つづら折りの下りを下り続ける。
ようやく、大きな灯りをみつけロードに降りる。

時刻は午前3時を過ぎている。
ロードは何キロあるかわからない。
必死で走る。
走れるやん!

なんで歩いてたんやろ。
なんで止まってたんやろ。
なんであきらめかけたんやろ。
みんなに応援してもらってたのに!

関門まで10分を切ってるのに、
まだ本栖湖エイドが見えず、
後悔いっぱいで泣きじゃくりながら走る。

間に合わないかもしれない。
ただ、待ってると言ってくれたぺこさんに、
せめてinだけでも関門までにしたい。
その一心で走る。

あきらめて歩いている人を何人も抜き去る。
手で涙を拭いながら走っていると、
UTMFまだ間に合うよ!
と、逆走する車から声をかけてくれる。

ホントに?
わからないけど振り向きもせず走る。
再びエイドにある大きな灯りが見える。
沿道でみんなが声をかけてくれる。

ぐちゃぐちゃになりながら、
A10本栖湖にin
関門まで残り31秒。

間に合った~とへたりこんでいると、
スタッフさんみんなが声をそろえて、
outして!と。

え?
私的にここがゴールと思って、
全力疾走したんだけど?

え?
っえ~?
と、迷っていると、
とにかくoutしてから考えてみたいな感じで、
27秒後の3:29:49
関門11秒前にout

ぺこさんに迎えてもらい、
再び号泣。
迷子がお父さんにやっと会えたみたいに、
子どもみたいに声をあげて泣いてました。

泣き止んだら、
カメラがまわっていて、
インタビューを受けまして。
なんで泣いたか聞かれても???
なんでUTMFにチャレンジしようと思ったか聞かれて、
それまでの過程を説明したり。

すっかりゴールした気分になってたのに、
ぺこさんに、
ここでやめたら絶対に後悔する!
と、断言されて、
私自身もそうなんだろうな~とわかっていて。

わかってるけど、
わかってるけど、
マジで?
まだ私行くの?
え~
え~

駄々をこねながらも出る準備。
ここまで138キロ36時間半。
残り30キロを8時間半。
時間的には行けそうな気がするでしょ?

順位はinで再び90位くらい落ちてました。
でも、outは20位近く上がってるので、
ここでもリタイヤ出たみたい。
トイレ済ませ再びスタート。

この後地獄に、
つづく。


14 : 23 : 59 | レース | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
2014年8月 宝会館レッスン日のお知らせ♪
2014 / 08 / 04 ( Mon )
蒸し暑い日が続きますが、
エアコン寝冷えで風邪や体のダルさを聞くこの頃。
血流をよくして、軽やかに、
夏を乗り切りましょう♪

5日19日26日毎週火曜日

*12日はお盆休みです。

①9:30~
②10:45~
ご希望の日時を下記メールまでご予約下さい。
lifefeel☆☆☆@yahoo.co.jp
☆に数字2を入力して送信して下さい。
11 : 50 : 39 | ヨガ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |