八ヶ岳野辺山高原100キロウルトラマラソン完走記♪
2015 / 05 / 20 ( Wed )
大変ご無沙汰しておりました(ノω≦`)ノ。゚.o。許してクレ。o.゚。

野辺山100キロ無事完走してきたのでご報告♪
記録13時間7分34秒

以下レポです。
前日
1日タイプのトラベルミンを飲んで移動中はほぼ爆睡。
昼食…ほうとう おやつ…清泉寮のソフトクリーム 夕食…カレー、サラダ、ソーセージ
当日
2時 起床入浴
朝食…おにぎり2個、野菜ジュース、ヤクルト2本
3時 トラベルミン1日3回タイプ飲んで出発
4時 芍薬甘草湯 お吸い物 メダリストジェルグレープフルーツ味
女子トイレは空いていたので3回トイレに行けてスッキリ♪
5時 bgさんを頼りに並走スタート

補給食
ソフトフラスクを忘れて水分は持たず
ハニースティンガー2(ジェルは飲まず)
アミノバイタル粉2
グリーンマグマ粉2

トラベルミン1日3回タイプ2
芍薬甘草湯1
陀羅尼助丸4
ストッパ1

スタートロス3分
5キロまでの平地は渋滞気味で前に出にくい。
bgさんがするするすり抜けて行くので見失わないように必死でついて行く。
登りに入ると周りのスピードが落ちるので徐々に前へ。
野辺山2
不整地が予想以上にガレていて、
周りのスピードがさらに落ち前へ。
登りに疲れてくると無理に足を使わないように歩くと抜かれ、
下りでそこそこスピードに乗って抜き返すを繰り返すので、
何度も同じ人と会うので声をかけられる。
野辺山3
カッパをずっと着たまま下りが異様に速い二人組なので目立つみたい(笑)

ロードでなく不整地だったのと、
bgさんの解説付きだったので富士山含め絶景を楽しめテンションアップ♪

17キロエイドでグリーンマグマ1補給
野辺山4
最高地点の標高約2000メートル20キロ地点で一旦カッパを脱ぐも、
下り出すと寒くて再びカッパを着る。

25キロまでいっきに下りちょっと胃がむかついたので陀羅尼助丸1
エイドで大好きなぶどうといちごが出てきたので、
ぶどうはポケットに入れていざという時の水分補給用に、
登りで歩く時にちょいちょい補給。

29キロエイドでアミノバイタル1補給

35キロ稲子湯エイドでトイレ
行列覚悟でおにぎりとお吸い物を持って行くも、
公衆トイレなので女子は行列なくスムーズ
バナナ、おしるこ、オレンジ、紅茶など補給
気温も上がってきたのでカッパを脱いで捨てる。
野辺山5
42キロ荷物預けで
補給食にグリーンマグマ2アミノバイタル2
薬に芍薬甘草湯追加

トラベルミン1
グリーンマグマ1補給
ペットボトルのお茶が美味しい
日焼け止め塗り直す
トイレ行列が少なかったのでトイレ

50キロエイドで行列して茹でたてのそば補給。
ちょっと固くてよくかんで食べる。

bgさんの胃がやられ出し、
平坦な道でも歩き始める。
陀羅尼助丸1をbgさんに飲ませる。

すれ違い区間往路でbgさんの前に出て引っ張る形に形成逆転。
59キロ北相木村エイド吐けずに苦しむbgさん

すれ違い復路で何度も抜きつ抜かれつしていた、
のべさんリンガンガーさんに手を振ると、
漢方薬を持っていないかと尋ねられ、
陀羅尼助丸1を腹痛のリンさんにお譲りし飲み方を説明、エールを送る。

トイレを発見しbgさんにトイレすすめる。
鍵がかからないらしくかなりデンジャラスなトイレだったみたい(笑)
水が美味しいのでフラスクを水に入れ替えるようにすすめる。

少し気分が回復してきたbgさん、
何を思ったのか自販機でコーラを買ってガブ飲みしてる!?
しばらくして再び苦しむことに…

71キロ滝見の湯荷物預けで芍薬甘草湯1
ここのそばは茹で上げで柔らかい。
おにぎりがない事に落胆するbgさんに、
そばが柔らかいから食べれるかもとすすめる。
bgさんに陀羅尼助丸1を飲ませる。
グリーンマグマ2を追加
ここで抜きつ抜かれつしていただれやねんさんに捕まる。

74キロエイドでトラベルミン1

79キロ馬越峠まで攻めの歩きで到着。
トイレがあったのでbgさんにトイレすすめる。
トイレ行列中に甲斐甲斐しく飲み物を運ぶ(笑)
暇だったのでウルトラ川柳を投稿♪

腹痛から回復したリンさんを発見!
声をかけるとこの後の下りが走れないと、
90キロ以降に登りがあるので関門に間に合わないかもと言われびびる((((;゚Д゚))))

トイレでスッキリしたbgさんにその旨報告し、
ちょっとカツを入れ下りをなんとか走り出すも、
まだまだ気持ち悪いbgさんは下りでも走り続けることが出来ない。
1キロ走って1分歩くの繰り返しで、
時計とにらめっこしながら進む。

87キロの第5関門を1時間前に通過出来て、
とりあえずゴールには間に合うだろうと一安心。

喉の渇きが激しいbgさん。
自販機で再び飲み物購入。
今度はお茶をすすめる。
気持ち悪い時、お茶は口当たりがよく割と美味しく飲めるので。

90キロの計測場所は登りなので歩きながらの通過。
ただ思っていたほどの登りではない。
時々吐きそうで止まる疲労困憊のbgさんにとっては、
いつもは大好物の登りもため息で言葉にもならない。

95キロ過ぎてもまた登りが出てきた時にはもう笑うしかなくて、
ラスト500メートルだけ走ろうかってことに。
ゴール目前、bgさんの後ろについて歩く私は、
沿道の人から見ると走れなくて引っ張られてるかわいそうな女子に見えるらしく、
何度も応援されちょっと変な感じでしたが、
ありがとうございますと手を振り笑顔で応えました。

結局ゴールまで200メートルで、
流石に走ろうってことで走り出したら、
歩き倒してたので足が上がらなくてビックリΣ(´∀`;)
丹後に続き手つなぎゴールしてきました♪

今まで自分勝手に好きなように走っていたので、
人に合わせて走った事なんてなかったのに、
思いがけずサポートする側になって、
自分の強さと優しさに気づいたレースでした(笑)

大会関係者の皆様、
エイドのボランティアの皆様、
沿道で声援を送って下さった皆様、
私設エイドを準備して下さった皆様、
交通規制はかかっていないはずなのに止まって待って下さった地元の皆様、
一緒に走って声を掛け合ったランナーの皆様、
たくさんの方々に支えられて、
野辺山の景色と100キロを楽しむことが出来ました。
野辺山6
応援ありがとうございました♪
スポンサーサイト
08 : 11 : 28 | レース | トラックバック(0) | コメント(22) | page top↑
| ホーム |