木曽駒ヶ岳思い出アルバム♪
2016 / 07 / 27 ( Wed )
おんたけウルトラは曇りと雨でしたが、
翌日はめっちゃいい天気で♪

伊那市に宿をとりシングルベットで爆睡しご機嫌ドライブ♪

ドライブの時点でも足をとめてしまう風景がいっぱい(//∇//)

菅の台バスセンターへ

文明の力とお金をフル活用(笑)

ロープウェイからの眺め

あっという間に標高2600メートル!
17度涼し~

「写真撮って下さい」早速(笑)

お参りしてから~

高山植物と岩稜いいですな~

トレッキングの方がいっぱいで。
「トレラン」と呼ばれる(笑)

標高が高いからすぐ息があがる~

絶景だらけ(//∇//)

風が強いけど気持ちい~

山小屋もいっぱいありました

浮き石は少ないから走りやすい♪

中岳で30分ちょいくらい

12時くらいだったから、
太陽が真上から照りつける!

抱き締めちゃう♥

駒ヶ岳山頂きました\(^o^)/
遊んでも1時間で来れます♪

おんたけウルトラの主催の方にバッタリお会いしました。
大変お世話になりました。

下山は別ルート(走ってたら間違えただけ)

千畳敷(//∇//)
ここはサンダルでもこれる(笑)
ロープウェイからすぐ!

最高の景色をありがとう(*´ω`*)
また来るよ~♪
スポンサーサイト
06 : 03 : 03 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
2016びわ湖バレイスカイレースアルバム♪
2016 / 07 / 25 ( Mon )
距離20キロ
累積標高2000メートル!?
一気に下って一気に登る、
勢いと集中力の欠かせないレース♪

スタート前
寒いよ~

スタート
一気にゲレンデ下ります!

ゲレンデ登り
走れませ~ん

第一関門&エイド
レッドブルが最高にうまい!

第一関門通過後のロード
ここは走れます

稜線に抜ける最後の登り
ロスト・沢渡り・岩登りからの生還(笑)

稜線からの景色
ぼんやりびわ湖が見えました♪

ゴール目前
プロデューサーの松本大さんとハイタッチ

ゴール
キツかったから喜びが溢れちゃう笑顔\(^o^)/

ゴール後
レッドブルトロピカルもうまい!

入賞は出来なかったけど、
楽しかった~♪

DJさんも盛り上げてくれて、
海外レースみたいな
華やかなスカイレース
満喫させてもらいました♪
08 : 29 : 29 | レース | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
おんたけウルトラトレイル100キロ結果&レポ
2016 / 07 / 19 ( Tue )
第二関門63キロでリタイアしました。

目標の14時間切りにむけて0:00スタート

苦手な深夜にしては順調に走れていたんですが…
4:00前に腹痛から歩き出したら睡魔に襲われ蛇行~。

この睡魔はいつもの事。
むしろよく走れたもんだなと。
ガムをかんだりストレッチしたり、
後30分で夜が明ければ大丈夫と思い無理せず歩く。

第一関門(32キロ関門時間6:00)4:26in

トイレ行列し、かわいそうなう○ことご対面。
胃は大丈夫だったのでバナナとジェル補給。
4:44out

夜も明けた!
これから!
と、思ったんですが、
登りだけでなく下りも走れなくなる。
ハンガーノック?羊羹やナッツなど少しづつ食べるも、
腸がやられてお腹を下しエネルギーを吸収出来ず(>_<)
40キロの小エイド6:30くらい着。
とりあえずトイレ
リタイアを考えると悔しくて…

寒さを感じていた所に雨も降りだし、
レインウェア上下を着込んで泣きながら歩き出す。

50キロが遠かった~(@_@)

写真を撮ったり、
変顔してみたり、
耳を引っ張ってみたり、
気をまぎらわせながらひたすら歩く。

第二関門(63キロ関門時間12:00)の荷物預けにはコーヒー・ヤクルト・トマトジュース・くだものゼリーetc…食べ物をたくさん準備していたので、
しっかり食べて救護で30分毛布にくるまって寝させてもらえば回復するかも?
微かな希望を胸にひたすら歩き続けて10:30in

荷物を受け取るもびしょ濡れのブルーシートのみ。
タイミング悪く豪雨で…
毛布どころかテントすらなく、
雨に打たれながら食べながらトイレ行列。
トイレ済ませさらに食べ続けようとするものの、
震えが止まらなくなり、回復どころか悪化。

係りの人に声をかけると、
震えてるせいか「リタイアですか?」
言わずして伝わってしまいました。
「違います!」と言える強さはもう売り切れてました。
あっさりとチップを外され終わってしまいました。

移動のバスに乗るまで1時間。
荷物を預けて走り出すランナーの背中を見送りながら、
時間をギリギリ使って行けたんじゃないか?

そんな後悔の残る初DNFとなりました。

反省点
①移動による心身の疲労
②エネルギー補給不足
③睡眠不足
④天気の変化に対応する為の持ち物や荷物預けの準備不足
⑤レース前とレース中の過信による体調管理不足

前日移動は三連休に事故も重なり大渋滞。
8:30出発。ゆっくり休憩しながら向かうつもりが、時間に余裕がなく休憩少なく食べながら運転で軽い食事のみ。

吾平もち

野沢菜おやき

現地に15:00前着。
受付は18:00までですが昨年16:00の時点で駐車場がいっぱいになりそうだったとの情報で。
遅くとも15:00には着きたかったんです。

16:30早めの夕飯にカップ焼きそば。

スタート&ゴールの松原スポーツ公園の
有料シャワーが水しかでない(>_<)
とても浴びていられず眠気は覚めて
軽く汗を流しファイントラック着用
これさえ着ていれば車中で着替え可能なので。

17:00車中で寝ようとするも暑くて寝付けず。
熊の出没が多くテント泊が禁止なのは知っていましたが、こんなに暑いとは…

18:00起きてカップ麺おかわり
預ける荷物の確認やスペシャルドリンク作りなど。

天気予報を自分で確認せず、
人に聞いた曇りをうのみにしてしまい、
腹巻きやダウンなどの持参していた防寒着を持たず荷物預け袋にも入れず。

19:00再び寝ようとするも、
20:00スタートのマイルのコース説明会などが始まり、
気になって聞いてしまったり。
20:00すぎにようやくうとうとするも、
22:00アラームが鳴る前に目が覚める。
実質寝たのは1時間半くらいでしたが、
深夜4時間我慢すればなんとかなるかと。

起きてコーヒー・ヤクルト・野菜ジュース・パン入り野菜スープを飲むも、おにぎりは食べれず。
スタート前のエネルギーが足りてなかった。

3月から続いていた咳がようやく治まったばかりで、体調は良くなったと勘違い。
それまでに胃腸の調子が悪く、
食欲なくお腹を下しがちで、
体重が48キロまで落ちていました。
体力の低下で熱中症も癖になってたみたい。

睡眠不足で体調異変の的確な判断が遅れた為に、
下痢を伴う熱中症→
体に力が入らず意識が朦朧とするハンガーノック→
震えが治まらない低体温症

レース前も含めて
自己管理が出来ていませんでした。
1回目のレースの恵まれた環境を忘れて、
2回目のレースで油断してました(>_<)
応援して下さった方、ごめんなさいm(__)m

リベンジ!
という気には今はあまりなれず。
サポートのない深夜を伴うウルトラトレイルは、
私にはムツカシイのかな~?と痛感中です。

翌日は木曽駒ヶ岳で文明の力を最大限に活かして、
9月の30キロスカイレースの下見を、
1時間半くらいトレランでリフレッシュしてきたから大丈夫ですよ~♪

21 : 11 : 11 | レース | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
2016びわ湖バレイスカイレース結果♪
2016 / 07 / 03 ( Sun )

前日にさら~っとコース確認しましたが、
テクニカルなコースでビックリ!?
試走してなくてよかった(笑)

女子8位でした\(^o^)/

昨年のリザルトもやはり前日に見て、
3時間半くらいかな?と思ってましたが、
だいたい合ってました。

ちょっと体調悪くて、
テンション低かったので、
目標は「熱中症にならない事」だったので、上出来です(~▽~@)♪♪♪

22 : 12 : 10 | レース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |