スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
地域で子どもを育む
2010 / 11 / 13 ( Sat )
今週、水曜日の話。
午前中、中学の役員会&運営委員会に出席。
午後は青少年育成市民会議主催の
『青少年健全育成大会』に出席して参りました。

こんな風に書くと、
なんだかとってもお堅く眠くなりそうな場所に、
行ってきちゃったのね~なんて思われるでしょうか?

実際ね、『何中学からは何人出席してほしい』
という依頼があって、
人集めに苦戦してる役員さんを見て、
『時間あるから行きますよ』
とお引き受けしたものです。

他に引き受けて下さった方が、
車に乗らない方だったので車を出そうと思い、
『午前からの流れでランチでも一緒にどうかな?』
と、お誘いしました。

基本的にただ座っているというのが苦痛な私。
苦痛というか、寝てまうからね。
申し訳ないんですが…

案の定、寝てしまいました。
朝から会議でお昼にパスタランチにスィーツまで食べましたから、
いくらコーヒーを飲んでても睡魔に太刀打ちできません。

前半は功労者の表彰式だったんで、
ホンマに申し訳ないんですが、
拍手の時だけ手をたたきながら、
功績の説明の時は寝てました。
ごめんなさい。

一緒に参加した役員さんもビックリな、
『なんで寝てるのに拍手できんの!』な浅い眠り。
一応ね、聞くつもりはあるんです。
ただ、体がいうことを聞いてくれなくて…

その後に、
『地域で子どもを育む』
~安心できる地域づくり~
と、題した講演が、
「子・己育ち相談リリーフ」主催の、
小谷 訓子(こたにみちこ)氏によってありました。

これがね~
めっちゃよかった!
講演って受け身で退屈なものと思ってたんですけど、
この方は違いましたよ~

まず、壇上から降りてこられました。
『舞台の上から話すと遠いでしょ~』とね。
真っ赤なジャケットを羽織った、
元気なおばちゃん!という感じ。

虐待のニュース報道が毎日のように繰り返されることに、
子どもを虐待する親はもちろん悪いのですが、
そこに至るまでの背景や、
その報道や虐待通報を恐れて、
子どもを叱れない、
または隠れて叱るようになって苦しんでいる親に、
どう寄り添えばいいのか?
そんなお話でした。

自身の子育てを振りかえり、
『1歳でおむつをはずさなければいけない』
という、世間一般の流れにそい、
おしっこをもらした子どものお尻をたたいたり怒鳴ったり、
世間体という厳しい社会の目が、
いかに母親を追いつめているか?

お子さんが大きくなった今では、
『あんたのお尻の形が悪いのは私がたたいたからよ。ごめんな~』
と、自らの過ちを笑いに変えておられました。

そうなんです。
子どもができなかったり、
泣くなんていうのは、
当たり前のことなのに、
泣き叫ぶ子どもを見て、
『親のしつけがなっていない』と思う社会の理解のなさが、
母親を追い詰めていることがあるんです。

確かに公共の場で、
子どもが騒いでもほったらかしの親もいます。
でもね、0歳から2歳くらいまでの子どもは、
言葉がまだまだ通じないし、
子どもだって言葉で伝えられないから、
泣いて訴えるという方法しかとれないんです。

その泣いている理由がわかればいいんですが、
わからないから母親も肩見の狭い思いをしながら、
なるべく周りにご迷惑をかけないように、
なんとかあやそうと苦戦しているんですけど、
ご機嫌ナナメの子どもの気分を変えるのって、
いっぱいっぱいの母親にはムツカシイ…

そこで周りの温かい目が必要です。
気のきいた言葉より、
泣いてもいいんやで~というゆとりのある心。
優しい見守る笑顔がね。

大変ですね~と声をかけるもよし、
泣いている子どもの気分をかえる行動に出るもよし、
人それぞれ、状況によって対応は様々ですが、
無関心の冷たい空気を、
大丈夫だよという温かい空気に、
変えていくことが必要なんです。

数人のグループを作って、
『こんな時、どんな気持ちになるか?』と、
色んな子どもが関わっている場面を想定し、
年齢や性別の違いのある人同士が、
感情の変化や価値観をお互いに意見交換する場が大事だということでした。

何が正しいとか何が答えということではなく、
子どもそのものを受け入れる、
ゆとりある地域を作っていきましょうというお話でした。

子どもが大人になるまでには、
たくさんの時間と人の助けが必要です。
子どもを育てる親にも、
たくさんの時間と人の助けが必要です。

優しい大人になるために、
優しい社会になるように、
人の優しさを感じ、素直に受け取れる子どもは、
人に優しく出来る、ステキな大人にきっとなれます。
そんなステキな大人いっぱいの社会になりますように♪
にほんブログ村 子育てブログ 子育て支援へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
04 : 12 : 12 | 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<問題が起こった時! | ホーム | 予算通りが目的ではないよね?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://naoki1105.blog14.fc2.com/tb.php/1756-6607e71c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。