スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
何度も言葉にすると…
2010 / 12 / 28 ( Tue )
昨日は、すべての年賀状を書き終えるまでに、
結局、お昼前までかかってしまいました。

というのも~
息子と娘もね、
一緒に年賀状を書いていたからです。

息子は今まで年賀状をすすんで書くことがなかったのに、
高校生になると友達と別々になることをさみしく思ったのか?
友達に電話で住所まで聞いて年賀状を書き出しました。

でも、郵便番号7桁が全部一緒の、
直接届けた方が早いような、
そんな近くの友達が大半。

でも、彼にとっては、
それが今の世界であって、
それを大事にしたいと思っているのであれば、
協力しない訳にはいかず。

お恥ずかしいことに、
中3男子なのに、
はがきの書き方講座からはじめなければなりませんでした。

今までは、お世話になってる先生だけでも、
とにかく書きなさい!
って感じだったので、
書いてはいたんですが、
身についていなかったようです。
何事も自らで行わないことには、
覚えられないということがよくわかります。

娘は書くことが好きなので、
割と上手に書くのですが、
わからない漢字について時々解説しなければいけません。

子どもに質問されて、
いざ、漢字を書こうとすると、
さっと出てこなくて、
すぐ携帯電話で調べてしまう、
パソコンや携帯に頼りきりで、
実際に書く力が衰えていることを感じずにはいられません。

こうして、子どもと生活していると、
気づかされることがイロイロとある日々です。

さて、私自身の年賀状のコメントは、
よく会っている相手から、
もう数年間会っていない相手まで、
イロンナ距離の人がいます。

相手の近況がわからない場合などは特に、
自分の「今年の目標」を書くことが多いです。

実際には年始に届くことを想定して、
「昨年はこれを頑張りました。来年はこうありたい!」
といった感じの内容です。

何枚も何度も、
頑張ったことを書いていると、
「私、ホンマに頑張ったな~」と、改めて実感できます。

何枚も何度も、
目標を書いていると、
「私、できるかも♪」と、思えてくるのも不思議。

口ばっかりでは困りますが、
何度も言葉にすると、
それは頑張りを実感したり、
実現にむけて頑張る力になる気がします。

自分に自信がなくなった時、
あるいは自信を持ちたいと思った時、
心のささえとして、
書くということは、
とてもよいことかもしれません。

年始には、
子どもの習字道具でもお借りして、
「今年の目標」を書き初めしてみましょかね♪

ほんで、
「右と左どっちのがいい?」
と、子どもが大人に見せるみたいなことをしてみて、
台紙にはって飾っておくと、
年始に立てた目標から目をそらせないので、
実現できそうな気がしま~す♪
スポンサーサイト
01 : 01 : 01 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ガーミンを見るたびに笑える訳 | ホーム | 年賀状作成追い込みです!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://naoki1105.blog14.fc2.com/tb.php/1884-43cfed5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。