スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
幸せにしよう♪
2010 / 12 / 28 ( Tue )
生きていることが、
辛いと感じることが何度もありました。

10代20代30代と、
三度、自らで命を絶ちたいと行動に出たことがありました。
運よく、今、生きています。

そこまで私を追い詰めたものは何なのか?

信じていたものがガタガタと崩れ落ち、
人が怖いと思うこともありました。

言葉は頭の中で渦巻いているのに、
どの言葉を選べばいいのかわからず、
人と話せなくなったこともありました。

言葉で表現できないストレスを
食べることで置き換えようと、
過食で何度も自己嫌悪に陥るスパイラルに、
本当に長い間苦しみました。

ひきこもったこともありました。
太った自分を見せたくないと、
人に会うことをなるべく避けました。

今のように携帯やパソコンのメールもなく、
人と直接会うか電話で話をしないと、
人とコミュニケーションをとれない時代でした。
外に出なければ、
自ら行動に移さなければ、
変われない状況は、
自分を変えるきっかけにはなったかもしれません。

自分の足元を見ることもできず、
周りや先に目を向けることができず、
思い通りにならない自分、
理想ばかりを追って現実逃避をする自分。

「あるがままの自分」を受け入れられない、
自分が嫌いで仕方がなかった頃、
私はいつも不満ばかりを抱えて、
不幸だと感じていました。

結婚しては、
知らない環境に置かれた自分を嘆き、
帰ってこない夫に嘆き、
それでもなんとか、
目の前の家事をこなそうとしました。

出産しては、
優しい母になれない自分を嘆き、
泣いてばかりのわが子に嘆き、
それでもなんとか、
目の前の子供を大きくしようと必死でした。

楽しいことをしていても、
おいしいものを食べていても、
心から満足できない自分。
満たされない自分。

生きる価値について、
自分の価値について、
心の片隅でいつも思い悩んでいました。

だから、うまくいっている時はいいけど、
ちょっと思い通りにいかないと、
すぐ感情的になって、無駄にストレスをため込んでいました。

完璧主義で、
正しいことが大事で、
純粋で真面目でした。
決して悪いことではないんです。

でも、幸せになりたいのに、
目の前にある幸せに気づこうとせず、
幸せにしてくれない周りに文句ばかり。
本当に不幸なことです。

いつからでしょうか?
「自分が幸せになりたい」ともがくより、
「人を幸せにできる人になりたい」と思うようになりました。

それは人の死に何度も直面して、
「生きるって何?幸せって何?」と追い求める時間よりも、
「明日、死ぬかもしれない。
死んじゃった人がやりたかった事って何?
生きてるうちに私にできることは何?」
と、与えられた時間を大事にし、
できることを探し行動するようになったからです。

人の幸せを象徴するものとして笑顔があります。
でも、自分の笑ってる顔ってなかなか確認できないでしょ?
でも、人の笑ってる顔を見ると、
だいたい自分も笑っているということに気付いたんです。

自分で無理に笑顔を作るよりも、
人と一緒に笑っていたいと思うようになりました。
周りが笑ってくれるために、
自分に何ができるかを考えるようになりました。

そしたらね~
すごくワクワクするようになったんです。
「次、あれしたろ♪」
「今度は、こんなことしたろ♪」

そんな風に、
相手の笑う顔や驚く顔を思い浮かべながら、
イロンナことを考え出したり、
イロンナものを作り出したり、
一人の時間がさみしい時間ではなく、
笑いや幸せを作り出す時間になったんです。

あ~幸せってこういうことだなって思いました。
「幸せになりたい」と思っていた時は、
自分中心だからいつまでたっても満足いかなかったのに、
「幸せにしたい」と思うようになってから、
自分はサポートする人なので、
自分に固執しなくなって、
自分を開放できるようになったんです。
やりたいようにする自分の幸せを感じる事ができました。

大事なことは、
心から笑いあえる人と一緒に過ごせる時間で、
そのために時には我慢することも必要で、
そのために時には必死に頑張ることも必要で、
自分にできることをみつけて、
自分にできることをおこなう。

そういう人とのつながりが、
幸せにつながっていくんだな~と気づくと、
「私ってなんて幸せ者なんだろう」
と、周りも足元も全部あるがままが愛おしくなりました。

理想は大事です。
でも現実はもっと大事。
現実を大事にできない理想なんかいらないんです。

理想を追う前に必要なのは、
現実の自分を大事にすることです。
悪い所だらけかもしれないけど、
それが自分だとあるがままの自分から目をそらさないことです。

自分が悪いと思っていた弱い部分は、
実は周りを理解するにはとても大事な要素なんです。
辛い体験も悲しい体験も、
失敗したと思っていたことが、
人を許すのに必要な体験なんです。

だからね、
今、ひきこもっていても大丈夫!
今、死にたいと思っていても大丈夫!
今、摂食障害に陥っていても大丈夫!
今、うつ病でも大丈夫!
今、就職出来なくても大丈夫!
今、どんなに苦しくても、どんなに辛くても大丈夫!

もう、自分を追い詰めなくてもいいんですよ。
できない自分は必要な自分なんですから。

あなたがいてくれるだけで、
幸せになれる人がいます。

あなたが笑ってくれると、
もっと幸せになれる人が増えます。

ちょっとしんどいと思うけど、
まずはできることからやってみてね。

幸せになるために、
周りを幸せにできる何かを探してみてね。
あなたはそれを必ず持っています。

みつけるまでに時間がかかるかもしれないけれど、
時間がかかる分、
たくさんの人を幸せにできるものを持っているということです。

でも、無理にたくさんの人を幸せにすることはないんですよ。
目の前の人が笑えばそれで十分。
そしてあなたはきっと心から笑っているはずです♪
幸せにしよう♪
にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
02 : 22 : 22 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<一人超早朝RUN♪ | ホーム | ガーミンを見るたびに笑える訳>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://naoki1105.blog14.fc2.com/tb.php/1886-c643e92f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。