スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
富士登山について学ぶ
2011 / 08 / 20 ( Sat )
旦那が『なめていた』と下山後メールしてきた富士山のお話。

富士登山道には4つのルートがあるそうで、
①吉田ルート…一番人気のコース
       アクセスが良く山小屋や救護所が多く安心
②富士宮ルート…富士山頂剣ヶ峰への傾斜強めの最短コース
        登下山ルートが同じで混雑しやすい
③須走ルート…樹林帯や砂走りなど変化に富んだコース
       ご来光が比較的良く見える
④御殿場ルート…富士山のスケールが体感できるロングコース
        山小屋が少なく体力と十分な装備が必要な経験者向け
と、同じ五合目からでも距離や高低差などあるようです。

旦那が参加したツアーは、
Ⓑプラン≪朝出発 スタンダード富士登山≫
吉田ルート
ぐっすり眠れる寝袋付
『ホンマにぐっすり眠れるん!?』(以降『』は私のツッコミetc…)

三ノ宮を朝7時出発→新大阪8時→京都9時
→途中SAにて各自昼食
→富士スバルライン五合目到着17時、夕食
『2日のうちのほとんどをバス移動やん!』

そしていよいよ登山開始。
富士五合目出発18時→富士七合目着20時、仮眠
『ここまでは順調だったらしいのですが~』

富士七合目出発22時→富士山頂付近3時半、休憩
『富士山は七合目~八合目が一番キツイらしく、
それを含め一気に山頂を目指すのは、
体力のない体重のあるアラフィフ初心者には相当堪えたようで、
途中、高山病なのか吐いたそうです』

御来光を拝んだら暗いうちに下山(お鉢めぐりなし)
→富士五合目8時着
『下山はあっという間で楽しかったそうです。
しかし、せっかく苦労して登ったのに、
滞在時間が短いのがもったいないね~』

富士五合目9時半発→西湖11時着、入浴・昼食
→梅田19時着
『結構、弾丸ツアーっぽい感じだね。
関西からだと、こうなっちゃうのかな?』

装備もね~
気温差があるから寒さ暑さ対策するように言って、
暑さ対策は出来てたんですが、
フリースなどの防寒着を勧めても持っていかず!
山頂で御来光を待つ山小屋で、ホットココア片手にガタガタ震えたらしい…
念のためと持たせた私のポンチョで寒さをしのいだって。

下着もね~
綿じゃなくて化繊にせんと、
雨や汗でぬれた時に乾かなくて冷えるよって言ったのに!
綿のトランクスをタイツの下にはいて、
ずれて気持ち悪かったんだって。

『だから言ったのに~』という、いつものパターン。

c3fitタイツは相当良かったらしく、
帰宅後も今までの疲労感と全然違う!と絶賛しております。
走ってても体重のせいかしょっちゅう膝痛いって言ってたんで、
勧めてよかったです。

お天気は奇跡的に雨に一度も合わなかったらしく、
まったく運のいい男です。

ちなみにね、
参加したツアーのガイドさん。
なかなかしっかりした方だったようで、
ます初めに、
『御来光を山頂付近か山頂かどちらで見たいですか?』
と、質問され、
ツアー客が『山頂』と答えると、
『では、それに合わせて登りますので、
脱落する人も出ると思っていてください』とキッパリ言ったそうです。
そして実際に脱落した方がいたそうです。

その後も『山頂で休憩できる方がいいでしょ?』
と、どのツアーよりも休憩少なく、
ガンガン登っていったそうです。
と、言っても最初はびっくりするくらいゆっくり登り、
体を慣らしていってくれたとか…

酸素もね、
『せっかく高さに体が慣れようとしている所で、
ちょっと苦しいからと酸素を吸うと、
その後ずっと酸素を吸わないと苦しいから、
出来れば酸素は使わない方がいいです』との説明があり、
旦那は素直にしたがってよかったと言ってました。

ガイドさんは朝下山後、
またその日の夕方から登頂するとかで、
ワンシーズンで50回以上登頂するんだって!
旦那、そのガイドさんのパワフルぶりに敬服してました。

60歳すぎの添乗員さんは、
5回目の登頂だったそうですが、
今までトータル3日の八合目で仮眠するゆっくりプラン担当だったらしく、
死にかけてたんだって。

他のツアーのぽっちゃり女子添乗員さんは、
ツアー客よりも登れてなかったらしく、
『仕事やろ!』とどやされていたとか…
添乗員さんも大変だね~
富士登山お土産
土産話の後はお土産でお腹も満たしました

そんなこんなで、
『二度と登らん!』
とのご感想の旦那の富士登山。

『若いうちに登っといた方がいいよ。
おまえは絶対好きやと思うわ~』
と、おっしゃって下さったので、
来年は私の出番のようです。

実際に見た訳ではないですが、
ルート地図見てると
須走ルートが高山植物とかも見れて楽しそうだな~と思ってます♪

旦那が先に登ってくれたことで、
イロイロ興味を持って資料を読んだので、
ネコ師匠のブログの富士山ワードがようやく理解できるようになりました。
ホントは体感するのが一番なんだろうけどね~
富士山、来年待っててね
        
スポンサーサイト
16 : 45 : 45 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<年末の恒例イベント! | ホーム | 今日の勉強代>>
コメント
----

私のお薦めは御殿場ルートです。

一番長く一番シンドイですけど、その分下りは「大砂走り」という富士山の名所を駆け下りれるので楽しいですよ♪

そして何より他のコースに比べ圧倒的に人が少ないので自分のペースで登れる事ですかね。

旦那さんお鉢巡りしてないんですね、モッタイない。e-264

富士山行きたいな~。
by: Masahiko * 2011/08/20 21:59 * URL [ 編集] | page top↑
--Masahikoさんへ--

御殿場ルートの「大砂走り」も楽しそうですね♪

人が少ないってのも魅力的ですが、
経験のない私でも大丈夫なのかな?

富士山行きましょe-342
by: ゆるりん * 2011/08/21 03:31 * URL [ 編集] | page top↑
----

私達も「吉田ルート」でしたが
吉田ルートは東向きなので登山中
どこからでもご来光が見えます。
朝4時に5合目から出発したのですが・・・
崖をよじ登るのは大変でした。

さらにあの崖を夜のぼるのは怖そうです。

さて、ゆるりんさんは来年どのルートを選択するのでしょうか?
ちなみに私達は4時間半で頂上へ行きましたよe-264
楽しみですe-454
by: かおりん * 2011/08/21 14:02 * URL [ 編集] | page top↑
--かおりんさんへ--

やっぱり吉田ルートは人気なんだねe-454

ハンドライトだけでいいと言う旦那に、
『頭じゃなくても首にかけてたら両手が使えるから』
と、持っていかせたんですが、
『必需品やった!』と崖の話もしてくれました。

どこからどれくらいで行けるのか?
別ルートだったらかおりんさんもご一緒にいかがe-3e-348
by: ゆるりん * 2011/08/21 14:36 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://naoki1105.blog14.fc2.com/tb.php/2413-3b0769e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。