スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
膝を捻挫したんです~(>_<)
2012 / 02 / 24 ( Fri )
膝を捻挫するそうです。
息子の話なんですけどね。

最近、体操服がどろどろなんで、
何をしてるんか聞いたらサッカーだと。
背が高いからなのか?ポジションはまたもキーパー。
で、どろどろらしい。

月曜日に帰宅すると、
「膝を痛めた」と言ってぐったり寝てまして。
起きたらすんごい足を引きずってる!

もう接骨院は閉まっている時間で、
翌朝、とりあえず、
痛いと言う右足の内側を軽く固定する形でテーピング。
帰宅後、接骨院を受診すると、
「膝関節捻挫」ということでした。
捻挫って足首にのみ使う言葉かと思っていたんですが、
そうではなかったのね~

どんな外傷かというと、
捻挫という医学用語には定義があり、
異常な外力により関節包や靭帯(じんたい)の一部を損傷していても、
関節面相互の適合性が正常に保たれている状態をいいます。
関節面相互の適合性が保たれていないのは脱臼(だっきゅう)で、捻挫よりさらに重い外傷です。
膝関節捻挫というのは膝関節の靭帯損傷とほぼ同じことになります。

原因は最も頻度の高い膝関節捻挫は、
スキーなどのスポーツでよくみられる内側側副(ないそくそくふく)靭帯の損傷。
この靭帯は膝の内側にあり、膝の外側からの強大な外力により損傷します。
第1度の損傷では膝の内側の圧痛のみで不安定性はありません。

膝関節の靭帯損傷で最も治療の難しいのが前十字靭帯(ぜんじゅうじじんたい)損傷で、
バレーボール、バスケットボール、サッカーなどのスポーツでよく起こります。
前十字靭帯は膝関節内にある靭帯で、膝の前方への外力や回旋を制御する重要な靭帯です。
診断・治療には整形外科の専門的な知識が必要です。

息子の場合は内側の痛みのようで、
テーピングによって痛みも軽減されてきているようなので、
第1度の損傷で済んでいるようです。
来週から1週間テスト期間で今も部活は休みなんですが、
接骨院の先生はテスト期間中に完治は厳しいと。

治療は程度にもよりますが、
基本は固定することなので、
毎朝テーピングをして、
接骨院でいただいた包帯を上からぐるぐる巻きにしています。

部活のバレーボールで突き指した時もそうすが、
息子がどこか痛いと言えば、
即座にテーピングの本を開いて、
その痛みにあったテーピングを施す母の愛。

その愛を知ってか知らずか?
「体がなまるから朝5時に起きて走るわ」
と、昨夜言っていた息子。

起きてこないけど、
出来ればじっとしててほしいので起こしません(笑)
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
応援ありがとうございます
スポンサーサイト
06 : 12 : 12 | 子育て | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ランニング日和なのに(>_ | ホーム | さんきゅう~(39)歳のお誕生日イロイロ♪>>
コメント
----

ゆるりんさん、おはようございます。
タイトル見てびっくりしましたよ。
息子さんでしたか。
でも軽傷でよかったですね(^_^)

しかし、捻挫してるのに「走るわ」て…。
僕のほうが、おとなしいやないですか(笑)
by: おっとー * 2012/02/24 07:25 * URL [ 編集] | page top↑
--おっとーさんへ--

おっとーさん、おはようございます。
> タイトル見てびっくりしましたよ。
ちょっと狙いました(悪)

> 息子さんでしたか。
> でも軽傷でよかったですね(^_^)
大ケガがないだけいいんですが、
しょっちゅうアチコチ痛めてくれます~

> しかし、捻挫してるのに「走るわ」て…。
> 僕のほうが、おとなしいやないですか(笑)
男の子はホントに無謀というかアホやな~と。
でも、そういう所がほっとけなくてカワイイんですけどね(笑)
by: ゆるりん * 2012/02/24 08:03 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://naoki1105.blog14.fc2.com/tb.php/2733-7efc4985
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。