スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
走る阿呆に見る阿呆同じ見るなら走らな損×2!!!
2012 / 04 / 25 ( Wed )
こちらのタイトルは先日ジョグノでお友達になった、
ハルさんの日記からパクってきました。

何度も書いてますので、皆様ご承知の通り、
とくしまマラソン2012は、
5周年を記念すべく?ものすごい嵐の中のレースでした。

「阿呆」というと関東の方は嫌がると聞きましたが、
関西では「アホ」というのは非常に親しみを込めた言い回しでして、
あんな嵐の中、走った人も応援してくださった人も、
私の大好きなアホだな~と思いこのタイトルとしました。

さてさて、レース当日は、
朝4時 起床。目覚ましなくとも起きます。
軽くシャワーを浴びて身支度。ヨーグルトを食べる。
ちなみに前夜にもヨーグルトを食べました。
とにかく胃腸を整えることが大事なのです。

宿泊先のホテルは徳島駅から一駅離れており、
一旦荷物をコインロッカーに預けて戻ってくるには時間がもったいなく、
お土産など重いモノやかさばるモノを宅配で送る手配をすべく、
ホテル別館のローソンへ段ボールをもらいに行く。
前夜に売り切れだったおにぎりの入荷はまだでヤクルトと野菜ジュースを購入。

フロントでガムテープとはさみを借りて、
部屋にもどって荷物の片づけ。
レース開催の発表は朝5時半。

5時 スタート4時間前に、
大福と野菜ジュースとヤクルトに温かい緑茶をいただく。

5時半すぎて、
四国放送だったか?のとくしまマラソンの開催の発表はよくわからず、
ぺこさんからのブログ村のどなたかが開催の記事をあげているという情報で、
ローソンに荷物の配送の依頼とおにぎりを買いに。
そこで外に出てみると雨は降っていないものの寒い。
天気予報では最高気温18度となっていましたが、
雨に濡れてこの風は絶対寒いと思い長袖インナーを着ることに決める。

6時 レース3時間前に、
梅干しおにぎり、ヤクルト、温かい緑茶。

荷物整理やメールなどしつつ、
7時 レース2時間前ウィダーインゼリー1個

ゼッケンをつけたウェアーに着替えを済ませ
準備していたダイソーカッパを着る。
7時40分チェックアウトにフロントに下りると、
1階が男女更衣室になっており、
ランナーさんがうようよ。
部屋でも行ってましたが混んでいるフロントのトイレにもう一度並ぶ。

8時 レース1時間前
アミノバイタルパーフェクトエネルギーを1個。
これにてレース前の補給は完了。

レースに持参したのは、
パワージェル梅味×2+練り梅をクエン酸飲料で溶かした、
ぺこ師匠直伝の甘酸っぱいスペシャルドリンクを、
フラスク1本に入れスパイベルトに。

芍薬甘草湯とクエン酸キャンディーをポケットに入れてましたが、
これは結局使いませんでした。

荷物預け場所はゼッケン番号で分かれており、
陸連登録はスタート地点に一番近い、
つまりは一番ホテルから遠い場所までパンパンになった袋を持って歩く。

すでに雨は降っており、
皆さん整列せず建物の屋根のある所に避難。
風もすごいので寒いんです。
半袖で袖なしポンチョのぺこさんが、寒いと震えています。

スタートに一番近いトイレは、
男子2つ女子5つくらいだったか?
男子が大行列になっていました。
陸連登録の部は男子率が高いと思うので、
トイレの数は男子の方が多くてもいいと思いました。

スタート前は徳島県長のあいさつ、
金さん、Qちゃん、外国の方々…
熱い応援メッセージにどんどん盛り上がります!

スタート前にぺこさんの袖なしポンチョと、
私のダイソーカッパを交換する予定でしたが、
一度交換して着てみたところ寒い~
結局、ダイソーカッパを奪い返して走ることに。

以下、記録はランナーズアップデートから。
[スタート~10キロ]00:47:01
      ↑まさかの自己ベスト!?
スタートは陸連登録で前なので周りの流れに乗って。
前日にかかしさんの車でコース案内をしてもらっており、
焦らず走ることができました。

国道ではさほどでもなかった風雨は、
しらさぎ大橋を登りきるとすんごい追い風~
思わず両手を広げてカッパいっぱいに風を受けて走りたくなる。
踏ん張って走っている訳ではないのですが、
脱力して風に身を任せるととにかく進む進む。
笑いが止まらない感じ♪

橋を渡って河川敷に入っても、
斜め左後ろから強風にあおられる感じで、
右の土手に落っこちないように、
水たまりが比較的少ない、中央ライン上を走る。

2回ほどぺこさんに、
「もうちょっと落とした方が…」と注意されるも、
「風に押されて止まらへ~ん」と無視。
ストライドを活かした走りでスピードに乗る。
第1・2給水所は通過~

[~20キロ] 01:37:08(0:50:07)
まだまだ追い風区間で、
高架下をくぐるたびに大声援が飛び交い、
ハイタッチしたり、手をふったり、
たくさんの声援に笑顔で応えながら走る♪
河川敷に立って下さっている方々は飛ばされそうになりながらも、
「頑張って!」「雨に負けるな!」と熱い声援を送ってくださいます。
第3給水所(12.7キロ)で初スポドリ

~30キロ 02:34:42(0:57:34)
第5給水所(20.5キロ)手前で初のフラスク入りスペシャルドリンク2口補給
向かい風を前にエネルギー補給です。
反対の河川敷へ渡る西条大橋は思っていた通りの向かい風。
ここはひたすらうつむき加減で進みます。
下向いてないと帽子が飛ばされそうなんです。
実際、何度も帽子が飛んでいるのを見ました。

消えていたぺこさんが現れて、
風よけに前に出てくれたんですが、
橋を渡り終えて、Qちゃんとハイタッチした後、
またすぐいなくなっちゃいまして…

後で聞くとハンガーノック寸前で、
第7給水所(27.1キロ)の半田そうめんを食べて復活を遂げたと!
私は第7給水所手前で二度目のフラスク2口補給。

向かい風になったら脱ごうと思っていたカッパは、
予想以上に走れないと感じて、
風を受けることよりも体が冷えないことが優先と判断し、
脱がずに走ることに。

もう一つ、カッパを脱がなかった理由に、
ゼッケンが飛ばされていたのを見たので…
これ、なくなるとすごく困るでしょ。

[~40キロ] 03:42:57(1:08:15)
河川敷でも土手の下はまだましで、
土手の上に上がるともろに風を受けます。
周りはのどかなビニールハウス畑が続くんですが、
ビニールがはがれてバッサバッサすんごい音が…
何かモノが飛んできて死んじゃうんじゃないかと、
周りに気をつけながら走ってました。

エイドの方々はホントに大変そうで、
パンが濡れないように飛ぶビニールを必死でかけていたり、
飛び交う紙コップを拾い集めたり。
一旦拾った紙コップが手を離れて、
目の前の高さをびゅ~んって飛んでった時は悪いけど笑っちゃった。
そうならないように、給水した紙コップはゴミ箱には捨てず、
直接手渡しで「お願いします」と捨ててもらいました。

給水は帽子から滴り落ちる雨で天然給水。
しかしながら向かい風に体力が奪われるので、
第9給水所(32.5キロ)手前で3回目のフラスク3口補給。
第10給水所(35.7キロ)ではバナナを半分補給。

このバナナ、なんと1本丸ごといただいたんですが、
1本食べる元気はなく、
半分食べて、次のごみ箱までカッパのポケットに入れてました。

キロ7分までオーバーし、ちょっと焦りだした時に、
後ろから「ナイスラン」とポンと背中をたたかれまして。
三度ぺこさんの登場です。
必死について行こうとするも、
すぐに引き離されてしまいます。
何度も振り向き時には止まり、
ぺこさんが引っ張ってくれていました。

一旦河川敷を離れ沈下橋を渡る前は、
風が少しましでちょっと走れたと思ったら、
沈下橋の後は登りでキツイ。
でも声援を受けて歩くわけにはいかず、視線は上へ前へ走る。

ゴルフ場が見えたら河川敷コースは終わりと思っていたんですが、
このゴルフ場がでかい!

前日、車で下見した時はすぐと思ったんですが、
40キロ手前のふらふらの体ではとても長く感じます

[~ゴール] 03:55:57(00:13:00)
残り1キロでようやく河川敷を抜けて、
やっとぺこさんと並んで走ることができる。

第12給水所はスルーし、
とにかく少しでも前へ前へ。
周りとは明らかに違うスピードで走ります。
風がなければホントは走れるんです~

国道に出て、
「お帰り~」「あともうちょっと!」
たくさんの熱い応援を受け、
とくしまマラソンフィニッシュ会場入り口 前日撮影
いよいよフィニッシュの陸上競技場へ。

競技場へ入る前にぺこさんと手をつないでバンザイゴールしようと話し、
お互いそんなことしたことないので、
どこから手をつなぐの?な感じ。
ゴール数メートル手前で目線で合図し、
はじめての二人バンザイゴール♪
感動のゴールシーン動画
↑25分40秒から見えて26分でゴールしてます!

ゴール後、足元が急にふらつきはじめ、
記録証もメダルもふらふらしながらいただく。
名物のフィニッシュカツ(フィッシュカツ)は、
聞いてはいたけど笑えました。

遅いペースで走ってもらったので、
私よりもめずらしくぺこさんが寒がっており、
誰を待つこともなく、
荷物を受け取り着替えて、
お接待所のうどん食べてさっさとシャトルバスの行列へ。

スタート前からゴール後まで終始暴風雨で、
冷たい雨に体は冷えましたが、
スタッフやボランティアさんには、
イロイロよくしていただき、心はあったかくなりました。

シャトルバスの中でもこんな天気の中で、
「頑張ったな~」と思うと同時に、
「どうかしてるな~」とも(笑)

走る阿呆を満喫したとくしまマラソン
見る阿呆に徹してくださった方々には感謝でいっぱいです。
本当にありがとうございました。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございます

追記
今回吐き気がでなかったのは、
悪天候で給水が少なくて済んだこともありますが、
レース前の食事に関してたのくるさんのアドバイスがとても役立ったと思っています。
そして、むちゃくちゃな走りをする私を見捨てず、
自分自身がしんどいのに一緒にゴールしてくれたぺこさんのおかげです。
たくさんの方々に支えられたとくしまマラソンですが、
特別、お二人には感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました

スポンサーサイト
00 : 28 : 28 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<とくしまマラソン前日観光とグルメ♪ | ホーム | 雨には負けず風には負けたとくしまマラソン♪>>
コメント
----

ゆるりんさん、こんばんは。
いろいろ甦ってきました(笑)
10kmだったかな。
計測のマットがバタバタはためいていて、スタッフの人が足で押さえながら、「足元気をつけてくださーい!」って言ってるのが印象的でした。
僕は飲もうとしたスポドリが飛んでいくのに笑い、入ったトイレが飛びそうだったのに笑い。
お互い、いい経験しましたよね。
そう思わないとやってられない部分もあるけど(笑)
お疲れさまでした。
徳島では、あっさり別れちゃったけど、次にお会いできるのは秋かな?
今月までは、毎月会ってましたけどね^^
また、お会いできるのを楽しみにしています。
レベルアップしときますね。
頑張ろ。
by: おっとー * 2012/04/25 00:34 * URL [ 編集] | page top↑
----

いろいろとツッコミ所満載のレポ
楽しく読ませて頂きました♪

追い風のなか、カッパをパタパタさせて
笑いながら走っているゆるりんさんが目に浮かびます

それにしても読むほどにすごいレースですね~。
去年の徳島マラソンとは全く違うレース展開です。

でも折り返してからがしんどいのと河川敷からゴールまで長いのは同じかな?
やっぱり違うか…(笑)

お疲れちゃん
by: かおりん * 2012/04/25 10:42 * URL [ 編集] | page top↑
--おっとーさんへ--

おっとーさん、こんにちは。
トラウマが甦ってきたんですか?(笑)
イロンナものが飛び交って、
スタッフの方はホントに大変だったと思います。
でも、いつもにない異様な光景って笑えちゃいますよね~
トイレが飛んだら、ドッキリもビックリの珍事ですよね(笑)
望んでも出来ないような経験満載で経験値が急上昇e-70
しばらくは少々のことにはへっちゃらですね(笑)

しばらく一緒のレースはないですが、
トレーニングでお山とか奈良のお肉屋さんとかかな?
きっとまたすぐ会えますね。楽しみにしています♪

by: ゆるりん * 2012/04/25 17:50 * URL [ 編集] | page top↑
--かおりんさんへ--

無茶苦茶してきましたから、
ツッコミ所満載で当然だよね(笑)

あの追い風はね~かおりんさんでも両手広げたくなるよ~
めっちゃおもしろかった(笑)

河川敷だからね。
風の影響はそのまんま出てました。
晴れたら暑さでキツイんだろうけどね。

去年の徳島マラソンの写真、見る時間なかった~
後夜祭会場には行かず、まずお風呂でした。

行きに見た景色を反対側から見るだけだからね。
ちょっと飽きるかも。
今回は山もまったく見えなくなって真っ白な景色でした~
コースはアップダウンや変化がある方が私は楽だな。

by: ゆるりん * 2012/04/25 17:58 * URL [ 編集] | page top↑
----

ゆるりんさん、
追記でまた誉めて頂き、ありがとうございます。少しでもお役に立てたのならとても嬉しいです。ぺこさんのサポートが遥かに大きいと思いますけど、今後のレースもお腹が痛くならないと良いですね。
レポを読ませてもらって、ゆるりんさんのレースへの準備やレース中の冷静な判断力に感心しました。
by: たのくる * 2012/04/25 23:01 * URL [ 編集] | page top↑
--たのくるさんへ--

今後のレースでも胃腸が大丈夫で記録が出れば、大収穫ですから。
その時はまたお礼言わなくっちゃ♪
逆にダメだった時の言い訳はもう練習不足しかないといふ…(笑)
ぺこさんは多くは語りませんが、存在自体が私にとってはありがたいです。

by: ゆるりん * 2012/04/26 08:33 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://naoki1105.blog14.fc2.com/tb.php/2805-90dc5f02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。