飛騨高山ウルトラ100キロレース編♪(55キロまで)
2012 / 06 / 14 ( Thu )
レース当日の食事は2時半起床後すぐゆかりおにぎり。
宿泊先の夜食でした。

身支度を整えてから3時すぎ、
野菜ジュースにヤクルト3本
説明会会場で買ったよもぎ餅1個を食べて、
3時半すぎ宿泊先から徒歩でスタートの高山市役所へ。

4時すぎにはゼリー飲料、
足攣り予防の芍薬甘草湯を各一袋。

ウェストポーチに入れて走ったのは、
パワージェル梅味2個にねり梅とクエン酸飲料をミックスし、
フラスクに入れたもの。
予備パワージェル梅味1個。
塩タブレット?試供品でいただいたの3粒。
芍薬甘草湯1袋。
ロキソニン2錠。
ビオフェルミン4錠(1回分)←NEW

一番取りやすいスパイベルトにデジカメ♪
飛騨高山1
カイロをお腹にはっていたからか、
思っていたほど寒くなく、上着をぺこさんに貸してあげられる余裕。
二人ともさっさと荷物預けちゃうもんだから、
Masahiko部長にはスタート前に飲み物を支給(笑)
ALFさんと
前日の観光中にバッタリお会いしたALFさんがスタート前にも声をかけて下さいました。
お顔は出せませんが超ブルーな感じで秘密兵器持参したにも関わらず睡眠時間5分だったと…
あ!私は前日8時前には爆睡です。
一度、部長の怒った寝言で目覚めましたが、次は携帯アラームで飛び起きました

飛騨高山ウルトラ1
部長、ぺこさんとガッチリ握手を交わし、
朝5時予定通りスタート♪
早朝にも関わらず、沿道にはたくさんの地元の方々が。
「いってらっしゃ~い」や朝だからか「おはようございます」っていうのが多かった(笑)

まずは10キロまでのラップ
①6:36②6:15③5:57④6:39⑤7:16
⑥6:07⑦6:12⑧6:17⑨6:09⑩6:35

あまり時間は気にせず周りの流れに合わせて走っていたんですが、
部長が「ペースが速いから先に行って下さい」というので、
ぺこさんも置いて先頭に立つことになりました。

飛騨高山ウルトラ2
古い町並みは急に道が細くなるのでスピードを落とさないと危ないです。
側溝に落ちないように呼びかけておられました。
写真撮影に立ち止まる人がいましたが、
止まるなら横によけないとすごく危ないと感じました。

飛騨高山ウルトラ3
最初は信号待ちが結構あります。

歩道を走らないランナーに対して、
パトカーが違反の取り締まりのように、
ゼッケンナンバーと注意を促すこともありました。

事前に競技に関する注意事項が案内に書いてあったんですが、
エイドのごみ箱は3つ、各エイドに必ずトイレを設置など、
トイレ、ゴミ、交通ルールなど、
マナーを守りやすく出来る工夫がわかりやすく、
とても気持ちよく走れる大会でした。

3~6キロおきに設置されたエイドでは、
最初は水を二口、次はオレンジの果汁のみ、
次は梅干しとスポドリなど、じょじょに固形物や量を増やしていくようにしました。

飛騨高山ウルトラ4
町中をすぎ、山へ向かいます!

20キロまでのラップ
①6:12②7:14③7:42④7:35⑤5:24
⑥5:23⑦5:45⑧6:10⑨6:17⑩9:44

飛騨高山ウルトラ5
登りでは積極的に人に話かけます。
最初に声をかけたのは悪代官さん。
前週にしまなみもこの仮装で走られたとか。
ウルトラ界では有名な方のようで、
声をかけてこられる方数名。

筋がね入りのウルトラマンのようなので、
オススメのウルトラをお尋ねすると、
中国だったかの250キロの砂漠を走るレースということで、
いきなり海外に話が飛んでしまいました(笑)
萩が良かったとおっしゃったか?
いっぱいありすぎて忘れちゃいました~

序盤の登りはさほどのキツさではなかったんですが、
下りが結構、急だった気がします。
ただ、何度も登り下りしたので、どこがどうだったか、
すでに記憶が…
あまりキツさに目をむけないように、
とにかくしゃべったり、写真を撮ったりで楽しく走ってました。

飛騨高山ウルトラ6
第一関門19.1キロ
足をぶらぶらさせながら座ってよもぎうどんを食べていると~

飛騨高山ウルトラ7
ぺこさん登場!
よもぎうどんが苦そうというので、
そんなことないから食べてみ~とオススメする。

飛騨高山ウルトラ8
続いて部長も登場!
しばし談笑しトイレに行ってからスタート♪

30キロまでのラップ
①6:12②6:11③6:29④6:14⑤6:17
⑥6:51⑦6:46⑧8:45⑨9:41⑩9:24

ここからはずっと登りだと聞き攻めの歩きの覚悟を決めておく(笑)
歩くということはそれだけ余裕が出来るので、
上半身を引き上げたりほぐしたり、
歩きといえど姿勢を崩さないように心がけました。

ここだったかな~
ピカチュウのかぶりものをした人がいまして。
早速、話しかけてみたところ、
ウルトラは10回目のサブ3様で、
前回は野辺山を走ったということで。

腹筋は大事だって話とかしていると、
登りをぐいぐい行かれたので、
このペースについて行くのはマズイと思いさようなら~

途中ペアで走っている人達が、
「スポドリより水がおいしいね~」と話しておられるのを聞きつけ、
スポドリ派だったんですが、次のエイドで水を飲んでみると確かにおいしい!
絵具臭もなし(これは私の問題か)
水と梅干と果物をメインでエイドのお世話になることに♪

飛騨高山ウルトラ10
長~い長~い登りでぺこさんが来た!
登りに強いぺこさんですが、
さすがに歩いているのでおしゃべりしたり、
ぺこさんが走ったらちょっと頑張って走ったり、
ぺこさんが歩いたらうれしく思ったり(笑)
飛騨高山ウルトラ①
歩くのが当たり前みたいな状況で、
攻めの歩きが出来ている自分はえらいと褒めながら走る。
登りだとどうしても時間がかかるので、
持参したフラスクのスペシャルドリンクを時々飲む。

40キロまでのラップ
①7:20②6:26③6:46④7:35⑤5:58
⑥7:45⑦8:48⑧5:49⑨5:15⑩5:56

下るとぺこさんに追いつくけど、
飛騨高山ウルトラ11
登りでじょじょに引き離されて行くのでした。

ぺこさんとの会話の中で気づいたんですが、
私は登りが50キロまで続くと思っていたんです。
ところがピーク(標高1345m)は40キロ手前だったらしく、
少し気持ちが楽になりました。
アバウトなコース管理が返ってよかったみたいな。

飛騨高山ウルトラ12
標高が高くなるにつれて、
雲行きがどんどん怪しくなり雨も降りだす。
歩きで雨だと体が冷えるようで、
寒がる男子も結構いますが、
ファイントラックのおかげか、
肩が冷えるな~という程度で済みました。
とくしまの雨に比べれば、
風がないからノープロブレムだし!

50キロまでのラップ
①5:39②6:36③5:09④5:04⑤5:04
⑥5:21⑦8:00⑧8:37⑨8:29⑩6:10
今度は長~い長~い下りです。
ぺこさんに追いつくチャンス!
腹筋は使うけど他は脱力~
ぺこさんやっぱりいまして抜き去ります。

下りですでに足にきてる人もいる中、
快走する女子がいまして。

小柄のロングヘアーにハットをかぶり、
黄色のカラフルトップス、
レイラさんみたいだな~、
ゼッケン番号も1番違いだし(都道府県別で番号が決まっています)、
近くの人なんやろ~な~と、
声をかけたかったんですが、
トイレに入っている間だったのかな?
抜きつ抜かれつし、前後どこにいるかわからなくなっちゃいました。

次は吠えてる男子がいるな~と。
赤いサンバイザーにノースリーブ、
音楽を聞きながら「ふ~♪」って感じ。

背格好といい、ノリといい、
takacchさんにそっくり!

お二人とも後ろ姿しか見ていませんが、
レイラさんやtakacchさんを思い出させてくれた出会いは、
きっとお二人の気持ちが届いたんだと、
ますます元気に!

55キロまでのラップ
①6:29②6:03③5:29④6:08⑤24:17
町中に降りてくる頃にはすっかりお天気も回復し、
沿道にもたくさんの人が立って下さっています。
たくさんの人とハイタッチしながらありがとうを伝えます。

車椅子の方、ちびっこ、わんこ、
ロータッチの声援にも応えました。

先ほどの下りで激下っていた男子に追いついたので、
「下り、速いですよね~」と、声をかけると、
「登りは走られへんからな~」と。ごもっとも。

おしゃべりしていると、
「あ!コーラや!コーラ飲みませんか?」
と、どうも御馳走してくださるようすでしたが、
ここで炭酸はちょっとキツイので、
丁重にお断りすると、自販機に走っていかれました。

飛騨高山ウルトラ14
お~でかいエイドに着いた!
野球少年達よ歓迎ありがとう♪
おいしそうなもんもいっぱいあるやん♪

みたらし団子は5個串に刺さっていましたが、
3個食べて2個は食べませんでした。ごめんなさい。
焼きそばはtakacchさんが気持ち悪くなったとのレポがあったのでスルー
飛騨高山ウルトラ15
こちらのさっぱりした氷トマトに、
塩をふってもらって、
食べたら、めちゃうま~

椅子があったので、足をぶらぶらさせながら、
椅子は輪になっていたのでしばし談笑。
先ほどのコーラ男子のコーラの良さについての話を聞いていると、
女子に声をかけられまして。

「荷物預けはどこですか?」
「ん?荷物?あっ~!」
と、ガーミン距離表示を見たら54キロ過ぎてる!
第三関門!54.4キロ
唯一の荷物預けポイントを忘れるところでした。

確か前日に下見にきたんだけど、
「ホントにここにエイド出るの?」と閑散としていて、
当日のお祭りな感じと雰囲気が違ってまったく気づかず(笑)

「私も一緒に行きます!」
と、荷物を受取まして、すぐ隣の更衣室へ。
着替えも入れていたんですが、
Tシャツはもう乾いてましたし、
チームTシャツでゴールしたかったんで、
ちょっと臭いけどそのままに。

足裏がちょっと痛かったんですが、
同じ場所に負担をかけないように、
ターサーゲイルに履き替える。
下り基調の後半で攻めたいし、
足指マッサージもしっかりと。

チップを付け替えたりしながら、
良いペースで走っていた女子に声をかけると、
ウルトラは7回目で、
オススメのウルトラは秋田とのこと。

ミッキー仮装の若手女子も入ってきたので、
話かけると、
「着替えたいけど応援してくれてるから着替えられない」と。
その気持ちわかりますよ。

かおりんさんにもらった塩バナナチップスを食べ、
フラスクにパワージェル梅味1個とクエン酸飲料を追加し、
トイレに行きました。
後から気づきましたが20分近く休憩していたようで。
更衣室の関門時間まで2時間弱の余裕があったかと思います。

じっとしていた訳ではなく、
ぶらぶらストレッチとマッサージも出来、リセット完了!
再びスタートです!
後半へ続く♪
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございます



スポンサーサイト
11 : 44 : 44 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<おんたけウルトラトレイル100キロにエントリー♪ | ホーム | 飛騨高山100キロを走って思ったこと♪>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://naoki1105.blog14.fc2.com/tb.php/2861-ba40a2c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |