Masahiko&かおりん企画[六甲全山縦走56キロ?]への道♪後編
2012 / 07 / 31 ( Tue )
六甲トレラン翌日の日曜日、
泳ぎに行こうと張り切ってでかけた所、
駅への下りを走りながら~
「予想以上に体が重い!」ことに気づき、
ビーサンはいて水着持参で映画館に行ったゆるりんです(笑)

さて、六甲全山縦走の後編です。
ローソンを後にして縦走路にもどると、しばらくは登りの住宅街。
右手に大きな樹を見て細い道に入っていきます。
消えかかったり小さかったり、
でも『六甲全山縦走路』と曲がる所には必ず看板があるので、
確認しながら進みます。

高いフェンスのある公園に沿うように右折するとトレイルへ入ります。
六甲夏縦走16
木槿がきれ~に咲いてますが、みなさん見てますか~?
朝咲いて夕方にはしぼみ散ってしまう一日花で人の世のはかなさのようですよ~
花言葉は『信念』…と、そんな話をしても聞いてくれそうにない雰囲気です。

高取山(328m)へは木の急階段が続きます。
荒熊神社の神域に山頂がありますが、
お参りはせず先へ進みます。

高取神社を横目に月見茶屋も通過~
潮見茶屋も公園のトイレも通過~
しばらく下る途中で休憩中の若者ハイカー男子二人を抜かして、
再び住宅街。
縦走路にある唯一のコンビニへ到着。

再びトイレと水分補給。
Masahiko部長のガリガリ君コーラ味を一口わけてもらったら、
ガマンできずに自分の分も購入♪
ガリガリしてると先ほどの若者ハイカーも到着してガリガリ。

再び元気モリモリでスタート~
が、鵯越駅(ひよどりごええき)の踏切を渡って行く事に違和感…
ん?と引き返そうとしていると、
おばちゃんが『六甲縦走?こっちやで』
と、道を教えてくれまして。
『ありがとうございます~』
と、踏切手前で曲がり、
階段を下りた先は民家で…

曲がりすぎました!(笑)
その前もちょっと道を間違えたんですが、
その時も若者ハイカーが後ろをついてきてまして、
『ごめんなさ~い。間違えました~』と謝りました。
いかにも走りそうな格好してるのになかなか頼りない大人のランナー達なのです。

涼しげな鳥原川を横目に、
トレイルから舗装路へ合流し、
ポンプ場や下水処理場など、
水関係の施設を通過します。
ちなみに下水処理場は時間限定ではありますがトイレを利用できます。

しばらく登ると、
山から引いた黒い管があり、
そこから冷たい水が妙なリズムで出てまして。
順番に顔を洗ったりしてしばし涼を楽しむ。

ダムを渡る吊り橋を、
わざと後ろから飛んで揺らしてみたものの、
だ~れも反応してくれずちょっとガッカリ。

六甲夏縦走17
いよいよ、一番キツイ菊水山(458m)です!
確かに急な階段地獄なんですが、
六甲山の看板はそれもユーモラスに表現されてあって結構好きです♪

ここでかおりんさんとレイラさんは、
リズム良く元気に登っていかれました。

Masahio部長の足取りがかなり重くなっていくのが見てとれまして、
階段が現れるごとに「1!2!・1!2!」と掛け声をかけて登ります。
だんだんとそのリズムが遅くなっていくので、
なるべくリズムが遅くならないように声をかけるも、
かなりのゾンビ化~
止まると余計にしんどいとのことで、
ゆっくりなリズムで進みます。

山頂が見えそうな所で前に出て、
「見えましたよ~」と最後の力を振り絞ってもらいました!

かおりんさんとレイラさんはすでにベンチでおにぎり中♪
井出さんとMasahiko部長と私も腰かけて、
空腹なはずなのに水分がぬけているせいか、
おにぎりが喉を通るのに時間がかかる感じで、
飲み物で押し流すようにでゆっくり食べる。

いつもは梅干しおにぎりなんですが、
途中のコンビニで水分が奪われることを考えて、
しっとり海苔の鶏五目おにぎりをセレクトしたのは大正解!

「スポドリばっかり飲んでいると、
口の中がなんか気持ち悪くなるんですよね~」と、
井出さんにもちょっとだけお茶のおすそ分け。

そのベンチには若者ハイカーに、
新たにトレランしている慣れた感じの男子二人。
後から同じグループの初心者っぽい女子二人。
それぞれと会話を交わす。

Masahiko部長が顔面蒼白で、
ここから鈴蘭台駅にエスケープすることも考えたんですが、
「行きましょう!」とMasahiko部長が立ちあがったので、
ゴールを麻耶山に変更して出発。

急な下りを楽しんだら、
有馬街道を渡る天王吊橋を渡り、
次なる難所、鍋蓋山(486m)の登りへ~

六甲夏縦走18
こちらの急な登りは
菊水山のような後半に小刻みな階段ではなく、
前半に岩がゴロゴロしている急坂で足場を確認しながら登ります。
Masahiko部長がポールを使いながら登りますが、
やはりかなりキツそうなので、
先に登っては地図を広げてどこでエスケープするかにらめっこしてました。

鍋蓋山山頂へ向かう途中、
菊水山頂で会った初心者っぽい女子がきょろきょろ…
一人になって道に迷ったかと不安になっていたようで、
「同じ鍋蓋山に向かっているから大丈夫ですよ」と一緒に歩きました。

山頂に着くと4人グループのうちの男子二人と女子一人が待っていて、
「あれ、なんか仲良くなってるやん!」みたいなことを言われてました。
その男子が初心者女子に対して、
「下りが遅いなんてトレイルランナーとしては致命的やで!」
の一言に、かおりんさんが胸を押さえてうなだれてました。
でも、かおりんさん、下り速くなってましたよ!

お互いに今後どこまで行こうかという話をしてまして、
菊水山頂でのMasahiko部長の姿を見ていたベテラン男子さんが、
「市ヶ原から新神戸駅に降りた方が良い」とアドバイス下さいました。

それぞれ帰りのアクセスを考えるとその方がいいと思い、
ゴールを新神戸駅にさらに変更しました。

水が残り少ないことも気になっていたので、
ここを下れば自販機があることも聞いて一安心。

鍋蓋山からは下り基調なので、
走れるところが結構あり、テンションも上がります。
で、ちょっと間違えて大龍寺の鳥居を抜けるルートで山門まで。

自販機前にはたくさんの人が座り込んで水分補給していまして。
私達も500mLを一気飲みしてはまた買い足すほど。
下りで回復したMasahiko部長から麻耶山行きの提案がありましたが、
実はレイラさんのご主人様、
レイラさんを朝は京都から須磨浦公園に車で送って、
夕方は宝塚にお迎えに来て下さるというラブラブプランで

途中、ゴールを麻耶山に変更の電話をしてもらい、
今度は新神戸に変更の電話をしてもらっている最中だったので、
もう、これ以上の変更はどうよ~っと思い、
今回は元気のあるうちに新神戸ゴールってことにしました。

そこからロードを下る途中、
トレイルランナー4人グループの人達とお話すると、
お一人は仁川から来られたと!
最近、私がよく走りに行く甲山のとこです。
で、このお方、どこかでお会いしたことがあるような気がしたんですが…
どこかで会っているのかもしれませんね~

六甲夏縦走19
市ヶ原の木製の橋を渡って~

布引の滝1
布引の滝2
布引の滝3
布引の滝で撮影される皆様
京都、大阪から来てくださったので、
神戸らしいところを観光案内できてこれはこれでよかったかも♪

新神戸駅でゴール
23.5キロ 6:18:14
(ペース16:06)

エスケープした時用にTシャツとパンツは準備してましたので、
とりあえずトイレでささっと着替え。
もどるとレイラさんのご主人様と、
レイラさんとこのわんこちゃん♪
きゃわゆいワンコちゃん達♪
昨年、京都の愛宕山ではじめてお会いした時は、
へろへろでワンコをなでる元気さえもなかったので、
今回はなでなでできてうれしかった~
レイラさんはラブラブでお帰りになられました。

井出さんとお揃いパンツ
そうそう、井出さんとパンツが色違いだったの♪
このパンツ、ヨガ用に買ったんですが、
とても軽くて肌触りもよく気に入ってます。
井出さんは黒も持ってるって言ってたかな?

新神戸では電車に乗らず、
歩いて三宮まで向かいまして、
着替えを持参の井出さんはクアハウスへ~
着替えが宝塚のコインロッカーのMashaiko部長、かおりん、ゆるりんトリオは、
南京町で食べ歩きへ~

で、三宮駅前のそごうを見て、
Masahiko部長がビアガーデンの話をしまして。
実は先日私も行きたくてリサーチしてたもんで、
お昼から空いてるお店を知っておりました。
で、行っちゃう?ってことで。
ベルギービール
ベルギービールで乾杯となりました。
お得な飲み放題プランもすすめられましたが、
カラカラの体で飲み放題したら、
誰も帰れなくなるので普通のプランにしました。
今週末もかおりんさん家でTeam☆Mの打ち上げで飲み放題だしね♪

イロイロありましたが、
夏山の楽しさと厳しさと、
みんなで経験できて学ぶことがたくさんありました。
次回は秋か夜か…
リベンジしマッスル~
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございます
スポンサーサイト
08 : 42 : 42 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<かっとび伊吹に向けて登り練習♪ | ホーム | 2012年8月 宝会館&野上ヨガ教室お休みのお知らせ >>
コメント
----

後編もお疲れ様~♪

詳しく書かれてるので
「そうやったな~」としんどかったことを
思い返して読みました(笑)

下り速くなったって言ってもらえて
嬉しい~♪
少しずつ成長してるんだな~私もe-450
よかった(笑)

木槿の花、気づいてましたよ!
見事に咲いててきれいでしたね~。
ペコちゃんいたらお花クイズ出してたのにねe-348
by: かおりん * 2012/07/31 22:03 * URL [ 編集] | page top↑
--かおりんさんへ--

鍋蓋山の会話はかおりんさんの所に書いてあったので省略しました(笑)

お互い、成長してるよね♪

木槿の花、気づいてた~!さすがかおりんさん☆
男子組は覚えてるかな~?
ペコさんはきっと『ハイビスカス』って答えたと思う(笑)
by: ゆるりん * 2012/07/31 22:22 * URL [ 編集] | page top↑
----

六甲全山縦走路の日記見ているだけですごく楽しそうです。

こういった記事みるとランニングよりトレランがすごく楽しそうに見えます。

まあ、まずは平地を無難に走るところからなんですけど・・・。
by: えーかわ * 2012/08/01 01:32 * URL [ 編集] | page top↑
--え~かわさんへ--

この記事では暑さが全面に出てますが、
ロードよりは涼しかったんですよね。

私は初フルと同じ月に六甲全山縦走をエントリーしてたので、
夏は山に行ってたんですよ。
トレランのレースに出たのはその約1年後ですが、
飽きずに走れるトレイルは、
ロードのトレーニングにもなっていたな~と思います。

楽しく走れるならトレイルもありだと思いますよ♪
by: ゆるりん * 2012/08/01 12:44 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://naoki1105.blog14.fc2.com/tb.php/2911-3c7ba706
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |