スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
自分確認のかっとび伊吹レース編♪
2012 / 08 / 27 ( Mon )
かっとび伊吹0
えいえいお~で
薬草の里文化センターをスタート(標高180m)

舗装された林道で
ゆるやかな登りですが影もありさほどしんどくはない。
キロ5分を切るくらいのペースで1キロ。
登山口手前で前を行くくみ姐さんを捉える。

1つ目の給水所は大混雑。
水を一口含み、早速残りは後ろ首にかける。
まだ水をかぶりたいほど暑かった訳ではないんですが、
暑さでミネラル不足になって足攣りが起きないように、
多少濡れて気持ち悪くとも、
気化熱で冷やす方を選択。

1合目の給水(420m)
1合目で最初の給水があると思っていたので、
さっきのは登山口であったことに、「まだ1合目!?」と驚く。
山の何合目という分類がどうもよくわかっていないのです。
伊吹山1
いよいよゲレンデ突入です~

で、ここで走ろうとするもランシューが草や砂で滑りまして。
後半の岩場で滑るかもと不安だったのに、
まさか1合目から!?

考えてみたらいつも山はトレラン用で走っているのに、
軽いシューズで速く登れたことなんてないのに、
何を血迷ってしまったのか?

ここの所、30代女子でたまたま結果良い順位だったことで、
ラストチャンスと思って表彰台を意識しすぎて、
自分の状態を見失っていたな~と。

いつもレースで慣れないことしないのが、
私の私らしい、良い所だったのにね。

だからと言ってここで後悔してシューズのせいにはしたくない。
「これは、しっかり踏ん張って登らなければ!」と気合いを入れる。

気合いは入れても、暑さでその状態を続けるには、
かなりしんどい。
2合目にもないと思っていた給水所があり、
毎回水を飲んで後ろ首にかける。

3合目の給水(720m)
どんなにしんどくてもボランティアやスタッフさん、
沿道?で応援してくださる方や道を譲って下さるハイカーさんに
「ありがとうございます」とお礼を伝えて進む。

ここでALFさんが応援してくださっていたそうなんですが、
サンバイザーが登りだとさらに視界を遮り人の顔は正面にこないと認識できず…
どんなにしんどくても、
いや、しんどい時こそかなり笑っていたので、
「笑顔で颯爽とかけぬけていかれました」とのこと。
伊吹山2
3合目で見てはいけないものを見てしまいまして。
階段さんのかっとび伊吹攻略地図にも載っていた、
「晴れていれば山頂が見えてゲンナリ」の風景(笑)

ゲンナリポイントでさらに疲労は募り、
気持ち悪くもなり、あまりペースは上げられず。
ここでくみ姐さんに捉えられあっさり抜かれるも、
ついて行く元気がまったくない。

4合目は給水はないものの、
「伊吹山はここまでがしんどい所。5合目でしっかり給水して」とスタッフさん。
めちゃめちゃしんどくて、
「富士登山競走なんてこの3倍!とんでもないな~」とか思ってたので、
ホントかどうかちょっと疑ってしまう。

が、スタッフさんの言葉はホントで、
標高が高く、風が心地よく、す~っと足が出るようになる。
が、いつでも前の人を抜けるほど道幅が広くはない。

5合目の給水(880m)
ここでひしゃくで水をぐぁ~っとかけてもらったのか?
岩場が出てくるも、
しっかり踏ん張れば大丈夫。
登りたいけど渋滞で思うようには進めず。

伊吹山3
せっかくなので景色を楽しむ♪

するとつづら折りのちょっと後ろにぺこさん発見!
あれ~いつの間にか近くにおるやん!
伊吹山4
もう山頂を見上げてもゲンナリしません♪

8合目(1220m)
急な岩場は手も使って2・3点で支えれば、
滑る足場でも大丈夫!

途中、無理な追い越しをしようとする女子がおり、
2回とも滑って断念してました。
その気持ちわかるんだけど危ないんだよね~

伊吹山5
渋滞は続くので前に気をとられていると…
いつの間にか真後ろにぺこさんが!

伊吹山6
ピタっとついてるのでぺこさんにカメラを渡して、
ちょっと遊んでみたり~

伊吹山7
景色とランナーの行列を、お~っと眺めたり~

山頂から「かっとべ~」の掛け声が聞こえるものの、
渋滞でかっとびたいけどかっとべず。
ゴール前ではtakacchさんが迎えてくれました。

ゴール!!!(1377m)
せっかくだからぺこさんと手をつないでと思ったら、
「並んで下さい!」とスタッフさんに注意される。

チップがないので縦に並んでないと、
順位やタイムが記録出来ないみたいで、
ちょっと残念でした。

ゴール後は中学生ボランティア君に、
アミノバリューをいただき、
山頂で記念撮影。

Masahikoさんからゴールするまでソフトクリームを待つように指示が出ていましたが、
その指示を聞かないという期待通り?待たずにソフトクリームの行列に並ぶ。
山頂が思いのほか涼しく、すぐ寒くなりそうだったので。

ソフトクリームを買ってゴール手前に行く途中で、
Masahikoさんがゴールに向けて走る後ろ姿を目撃!
会うまでに食べようとしましたが間に合わず、
一口わけることでなかったことに(笑)

ソフトクリームを食べ終わり、
「井出さんをどのあたりで見た」とか、「足攣りかな~?」
などと心配して話ていると井出さん登場!
伊吹山8
目の前で走ろうとして足が攣って体がギュってなっておられました。

後半で思うように走れず、ちょっと不完全燃焼気味な上に、
ソフトクリームも食べたので、
山頂の風で一気に体が冷えて震えが出ちゃいまして、
走って下山する元気モリモリチームと、
山頂荷物預けに荷物を預けてバスで降りる気満々チームに分かれ、
それぞれに下山しました。

かっとび伊吹のタイムは、
ハーフのタイムが目安と聞いていましたので、
目標は100分切りで30代女子なら年代別で表彰台狙えるかもでした。

残念ながら今回はタイムも順位も目標を達成できませんでしたが、
エントリー当初の目的は「苦手な登り克服」でした。
それを思えば、登りが苦手というほどでもない気がするし、
スピードという意味での走力でいえば、
これが今の実力だと確認が出来ました。

次は9月の信越五岳トレイルラン110キロ。
距離は長い分、今回のように先を争うようなレースではなく、
レース中であってもランナー同士の交流を楽しめるだろうし、
早朝スタートなので景色もたくさん楽しめると思います。

もちろん長い分、イロイロあるとは思いますが、
自分の良い所を褒めながらのいつものリラックスランで、
周りへの感謝の気持ちを忘れないように、
前へ前へでしっかり自分と向き合ってこようと思います♪
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
応援ありがとうございます
スポンサーサイト
19 : 36 : 36 | スポーツ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<2012年9月 宝会館教室レッスン日のお知らせ♪ | ホーム | 迷いに迷ってかっとび伊吹スタートまで♪>>
コメント
----

写真みているとすごく楽しそうに見えます。山のぼりレースってどんな感じなんだろうと思っていたのですが、少しだけ雰囲気つかめたような気がします。

景色いいですよね。

次の信越五岳応援しています。

あと、私のサイトにリンク貼らせていただきました。
by: えーかわ * 2012/08/28 22:42 * URL [ 編集] | page top↑
----

記事を読んで思わず頭をかかえてしまいました…ゲレンデからして滑ってはったんですね。すみません…でも、その状況で1時間44分は素晴らしいと思います。僕も7月にかっとびのコースを2回走って2回とも1時間44分でしたから、ゆるりんさんもいけるんじゃないでしょうか、富士登山競走。
by: リッグス * 2012/08/28 23:19 * URL [ 編集] | page top↑
--え~かわさんへ--

山のぼりレース…確かにその言い方がピッタリなレースです(笑)
今回は快晴だったので、景色はホントによかったです♪
リンクありがとうございます☆
by: ゆるりん * 2012/08/29 05:32 * URL [ 編集] | page top↑
--リッグスさんへ--

なんでリッグスさんが頭かかえちゃうんですか~
実際ランシューの人は多かったですし、決めたのは私ですよ。
トレイル用で走っていたら、後半で足攣りが起きていたかもしれないし、
たぶん、どのシューズでも良くて、気持ちの問題だったと思います。

かっとびのコースを練習で1時間44分ですか!?
私は練習だと頑張れないので…富士登山競走は(^_^;)
by: ゆるりん * 2012/08/29 05:44 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://naoki1105.blog14.fc2.com/tb.php/2934-6b580ac4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。