気持ちを大事にするといふこと
2013 / 09 / 07 ( Sat )
今朝、母が睡眠薬を1ヶ月分飲みまして、救急車で運ばれたそうです。
いわゆる、自殺未遂です。

あ、こんな入りでビックリされるかもしれませんが、
私は予感があったので、むしろ今週、母親に電話しなかったことを、
申し訳なかったな~と悔いていますが、落ち着いてるので大丈夫です。
母も大事には至らず、夕方には帰宅できるようです。

予感があったというのは、
私自身がうつ状態を経験しているのと、
ここ十数年の母の心身の状態を見ていて、
そろそろ焦りはじめる時期だから話を聞いて、
「大丈夫だ」と言ってあげたいと思っていたんです。

母は3年ほど前から夏の暑さで体調を崩し寝込むようになりまして、
その時は「暑いから仕方ないね」で、
寝てればいい訳ですが、
涼しくなってくると、周りが活動的になるのに、
自分が動けないと、焦るんですよ。
「涼しくなっても動けない私はダメ」みたいな感じでね。

これは冬から春にかけても同じで、
特に4月は日本はスタートの時期なので、
「暖かくなったら動けるはず」と思っていたけど、
なかなかスタート出来ないと自分でダメ烙印を押して追い詰めちゃうんですよね。

母のうつ状態が出始めたのは兄が家を出た12年前あたりからかな。
娘(姉と私)二人はすでに結婚して家を出ていまして、
世話を焼くかわいい息子がいなくなってホッとした反面、
自由の身となったら、
「子どもの為に我慢してきた自分」の目標を失った様子で。

とにかく世間体や正しいことが大事な人なので、
良い夫と子どものいる良い母親でないと気が済まない。
高い理想を期待され、一生懸命応えようとした私は、
頑張ることは出来たけど、甘えることが出来ず、
10代後半からかなり心にひずみが出てきました。

それはもちろん母親だけでなく、
私自身の性格も大きく影響していて、
一生懸命になりすぎて疲れた時に壁にぶつかると、
頭の中で同じ負のどうどうめぐりが繰り返されるばかりで、
どう言葉に表してよいのか言葉がまったく出なくなった時期もありました。

ストレスを正面から受けて解決させようともがくあまり、
とにかく自分を変えたくて、
それが出来ないと思うと逃げたくて、
そんな自分が大嫌いでした。

それでも、そういう状態がずっと続く訳ではなく、
少し休んで「これではアカン!」と思い直して、
出来ることから少しずつ…が出来ず一気にやろうとして、
また落ち込むの繰り返し。

うつ状態の出る間隔が短く、長く出るようになり、
通った心療内科は大阪、埼玉、兵庫の3院。
埼玉の心療内科が一番、対応が私にあってたかな。

結婚して、出産して1年くらいの頃で、
ほぼ育児ノイローゼ状態で、
このままだと息子に手をかけてしまうと思い、
夫に付き添ってもらって通いました。

お薬も処方されましたが、
「実家に帰るか仕事をした方がいい」と。

ダメな自分を受け入れてくれない母のいる実家には、
絶対に帰りたくなかったので、
どうしたもんかと思っていた時、
たまたま、仕事の勧誘を受けまして。
「3歳まで母親が子育てをするもの」という母親には黙って、
仕事を始めました。

イロンナお母さんとイロンナお子さんの中に身を置くことで、
同じような悩みを抱えていたり、
以前、同じように悩みを抱えていたお母さんから「大丈夫」とアドバイスをいただいたり、
それぞれの子どもの性格があるんだな~と思えたり、
ホントにありがたい出会いでした。

そんな時、はじめて友達になった仕事仲間が急死。
笑顔のステキな優しいお母さんで、私より2歳年下の21歳の若さでした。
悲しいという涙はなぜかすぐには出てこず、
「彼女の分まで笑顔で仕事を頑張ろう!」と。
時間が経って彼女の死を受け入れた時に号泣しました。

で、仕事で頑張ると結果が出るので、
年齢は一番若いのに、リーダー的な存在になり、
女性ばかりの職場でありがった人間関係が、
時には難しい人間関係に。

仕事には行ってましたが、
朝起きるのが辛く、家事はかなりおろそかになっていて、
マネージャーに相談しながら、なんとか続けていました。
それを乗り切ったと思ったら、二人目妊娠し退社。

長男が幼稚園に入園し1学期間、毎朝泣かれ、
ようやく慣れた2学期に夫の転勤辞令で淡路島へ。
1ヶ月の単身赴任生活で引っ越し準備を一人でし、
引っ越した先で前置胎盤で絶対安静状態に。
ゆっくり動いて、自然に治りほっとしました。

淡路島でも落ち込む時もありましたが、
妊娠6か月で移り住み、息子を転園させたので、
大きなお腹で歩いて幼稚園通いしていると、
商店街の一角に住んいたこともあり、
人情味あふれる親切な人にたくさんお世話になり、
なんとかやっていけました。

一人目の出産で育児にのめりこんだら心やられちゃうと学んでいたのですが、
次の夫の転勤で確実に転宅が伴うことがわかっていたので、
仕事にはつかず、趣味を作るようにしました。
月2回活動するゴスペルグループに入会し、
子ども達を夫に託し、
自分だけのための時間を作って気分転換出来ました。

それでもしんどくなった時は自転車で海によく行きました。
砂浜が公園になっていて、
息子と娘をブランコで遊ばせ背中を押しながら、
波の音を聞いてると、「大丈夫」と心が落ち着きました。

人と自然に恵まれた場所でした。

宝塚に来てから1年は娘の幼稚園の役員をしながら、
友達も増えていったんですが、
人とつながるといふことでも書いた通り、
アップダウンは相変わらず。

人生には進学、就職、結婚、出産、転勤etc…
イロイロ転機があるし、
それは一見良いことのように思えても、
環境の変化というのは、時には体にも心にも負担になります。

転機でなくとも、
日々の中でもイロイロと変化があって、
怒ったり、笑ったり、悲しんだり、シアワセだな~と感じたり、
イロンナ感情が芽生えます。

仕事が忙しかったり、
人間関係が嫌になったり、
疲れることはたくさんあると思いますが、
何が一番疲れるかって、自分で自分を追いつめてしまうことです。

仕事や人間関係がうまくいかない時に、
「自分が悪いからだ」と責めてしまうと、
余計に疲れるし、余計にやる気を失くします。

すると、いつもはしないようなミスをしたり、
いつもは言わないような失言をしたり、
どんどん、悪い方へ落ち込んでしまう。

季節の変わり目や年齢を重ねていくことで、
体調を崩しやすくなるのは当たり前のことで、
それをダメだと自分を責める必要はなくて、
それなら、それなりの対処法を見つけていけばよいんです。

体が疲れると、心も疲れやすくなりますから、
心を元気にしたいなら、
体を大事にすることです。

体を大事にするということは、
ただ休めばよいというものではありません。
もちろん休息は必要ですが、
朝、陽が昇れば起きて朝日を浴びて、
昼はしっかり働いて体を動かして、
夜、暗くなったら寝る。
当たり前のことですが、今の大人で出来ている人は少ないと思います。

仕事柄それが出来ないなら、
自分のペースにあった生活パターンをみつける。

仕事がなくても、
自分なりに時間割を考えて過ごす。

体を大事に出来れば、
心、つまりは気持ちも大事にすることが出来やすくなります。

「気持ちを大事に」
いつも私がそう言うのは、
気持ちの持ち方で、自分も周りも変えることが出来ると実感しているからです。

気持ちを無理に上げろと言っているのではなく、
本当に自分がどうなりたいのか?
出来ない言い訳を考えて頭を悩ませて疲れるくらいなら、
1個でもいいからなりたい自分に近づけるように、
出来ることを続けると決める!

それはほんのささいな事でいいんです。
今まで何もしてこなかったのに、
急に大きな目標を立てたら、
出来ずに落ち込むだけですから。

「朝は『おはよう』と自分から言う」
「『美味しい』と言ってごはんを食べる」
「1日に3回『ありがとう』と言う」
最初は気持ちがこもってなくてもいいんです。
良い習慣や言葉を身につける事を実行してみるんです。

言葉や行動は心を動かすので、
その変化に気づくはずです。
変化すると良いことが起こったりします。
良いことが起こると、気持ちが上がります。

それを大事に「シアワセだな~」とかみしめる。
それが気持ちを大事にするといふこと。

ダメな自分はそのまま受け入れるけど、
ダメな気持ちは引きずらない。
ダメだった時は次!
次がダメならまたその次!
次のチャンスは自分が諦めなければ必ずあります。

だから自分を責めず、
優しく笑えるような気持ちを大事にしてほしいと切に願います。
大切なあなたが今あるシアワセにどうか気づいてくれますように…


スポンサーサイト
16 : 08 : 08 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
<<信越の準備♪ ~カラダ偏~ | ホーム | 信越仕上げはお一人様六甲山で♪>>
コメント
--拍手コメさんへ--

母は夕方退院できたようで、明日実家に行ってきます。
何をするという訳ではなく話を聴くだけなんですが、一人じゃないよってことを実感してもらいたくて。

不安な気持ちを抱えていると辛いですよね。
この記事は私も涙しながら書きました。
言葉はしっかり届いたし、気持ちも伝わってきましたよ。
コメントとても嬉しかったです。またいつでも遊びに来て下さいね。
by: ゆるりん * 2013/09/07 20:24 * URL [ 編集] | page top↑
----

お母様もゆるりんさんも
真っ直ぐで真面目な方なんですね。

大事に至らず、本当に良かった!
by: さくら * 2013/09/07 20:39 * URL [ 編集] | page top↑
----

ゆるりんさんへ

お母さま、まずはよかったです。
そしてゆるりんさんも大変でしたね。

私も今週は娘の事ですがしんどい事
あって沢山泣きました。

お互い笑える時は思いっきり
キラキラ沢山笑いたいね!

信越会えるといいな!

by: みわっち * 2013/09/07 21:50 * URL [ 編集] | page top↑
--さくらさんへ--

我が家は全員、真面目です(笑)
真面目って良いことなんですが、
行き過ぎたり抜きどころがないと、
しんどくなっちゃうんですよね。

と、わかっている私は、
楽しむことと遊ぶことを真面目に実践中♪

by: ゆるりん * 2013/09/08 03:58 * URL [ 編集] | page top↑
--みわっちさんへ--

私は大丈夫なんですが、
一緒に住んでいる父が気がかりで、
昼と夜と電話で話しました。

私も先週は娘の事で手を焼きました。
今週は息子がちょっとね…

いっぱい泣いても、
いっぱい笑ったらそれでいいですよね♪

信越ではキラキラしてるはずですから、
ぜひぜひ、お会いしたいです♪
by: ゆるりん * 2013/09/08 04:28 * URL [ 編集] | page top↑
----

はじめまして
もどってきてくれて良かった~
それだけしか 言えません
by: えびどりあ * 2013/09/14 03:09 * URL [ 編集] | page top↑
--えびどりあさんへ--

はじめまして。ご訪問&コメントありがとうございます。
まだ行くには早すぎますからね。
もっと一緒の時を楽しんでほしいです。
by: ゆるりん * 2013/09/17 15:43 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://naoki1105.blog14.fc2.com/tb.php/3064-97a5dbd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |